特集記事
ゴルフスイングの基本中の基本「アドレス」
#アドレス
#短期練習
#スタンス
#ボールポジション
#ルーティン
#セルフチェック
#ボールとの距離
ゴルフスイングをする上で、とても重要なのが「アドレス」=構えです。スイングのスタートポジションである事から、毎回同じ姿勢でスタートする事が重要です。姿勢や、体の各ポジション一つ一つがどれも大切な要素となるのです。
アドレスを構成する5つの要素
1.グリップについて
その名の通り、クラブの握り方です。ここで正しい握り方が出来ていないと、その後の動作に悪影響が出てしまいます。初心者や基本が身に付いていない人は特に見直さなければいけません。
2.スタンスの幅
様々なスポーツにおいて、スタンスを取るシーンがありますが、ゴルフの場合は足の内側から内側の距離が、状況により異なります。持つクラブ、足場の状況などに応じて、適したスタンスで構える事で、スイングの安定を図ります。
3.ボールポジション
中でも一番重要とも言える、ボールをセットする位置です。スイングの特徴など、多少の個人差はあるにせよ、ある程度の基本が存在します。大事なのは、一定のポジションに置いて置かないと、スイングを崩す原因にもなってしまうという事です。
4.正しい前傾姿勢
構えた時に、上体は大きく向かって前方に倒した形を取ります。この前傾姿勢も単に上体を倒せばいいというわけではありません。適度な膝の曲げ具合が、バランスの良い前傾姿勢を作り上げます。
5.足裏の体重配分
構えた時、足裏の体重配分がとても大切です。かかと寄りかける人、つま先よりにかける人、どちらが良いかは一概には言えません。重要なのは、毎回同じバランスで構え、同じバランスでスイングができる事です。当然左右均等に構える事も、大切な要素となります。
グリップの基本はこのドリルで確認しよう!
グリップの基本
スタンス、ボールポジションについて確認したい人はこのドリルをやろう!
アドレスのチェックポイント「正面編」
前傾角度について確認したい人はこのドリルをやろう!
アドレスのチェックポイント「後方編」
アドレス全般について確認したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者にもわかりやすい!アドレスを網羅してスイングの基礎を覚える方法
アドレスのセルフチェック
膝の曲がり具合を確認
手順1.脇から垂線を引く2.垂線に膝の甲がちょうど触れている
動画で確認
ボールとの距離を確認
手順1.クラブヘッドのネックからシャフトをなぞり、おへそかベルトのバックルを指す位置に引く2.線が引けなければ、おへそかベルトのバックルを指す位置まで前傾する
動画で確認
アドレスの基本全てを確認したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者にもわかりやすい!アドレスを網羅してスイングの基礎を覚える方法
スイング全般の基本を身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
アドレスする上での心得
ドライバーとアイアンではスタンス幅が異なる
当然の事と言えば当然なのですが、クラブによって微妙にスタンスの幅が異なります。これはボールポジションと密接な関係があり、スタンス幅を調整する際には、常にボールポジションにも気を付けなくてはなりません。スタンス幅が変った場合、ボール位置は一定にする必要があるという事です。何気なくポジションを決めてしまうと、インパクトでボールに当たる瞬間に、腕の動作が微妙に変わり、スイングが安定しない原因となってしまいます。
打ちたい方向に真っ直ぐ構える
ゴルフはターゲットに向かってひたすらボールを打っていくスポーツです。アライメント=方向取りの事ですが、このアライメントが崩れると、ボールを思った方向に飛ばす事が難しくなってしまいます。構えてから、肩、腰、膝、つま先などの目に見える部分から、クラブのフェース向きやグリップなどの細部まで、ターゲット方向を意識する必要があります。特に初心者の場合、毎回安定して構える事自体が難しく感じられる他、上級者でも普段から疎かにすると、思いもよらぬスランプに陥ってしまう事も考えられます。
無意識に構えられるまでは1回1回鏡を見ながら練習する
ゴルフの練習は、何もボールを打つ事が全てではありません。そして構えの練習など、どこの誰がやるものかと感じてしまうかもしれませんが、1日5回でも十分に効果があります。やるのとやらないのでは大違いです。グリップ、スタンス、ボールポジション、前傾姿勢、等の注意すべきポイント全てを一連の流れで確認しながら構えを作る事こそが、ゴルフを始めたばかりの初心者には特に重要な要素と言えるでしょう。
アイアンとドライバーのスタンス幅の違いを確認したい人はこのドリルをやろう!
クラブ毎のスタンス基準を知ろう!
真っ直ぐ構えるにはこのドリルをやろう!
真っ直ぐ目標に向けているのか確認しよう!
構えの手順を覚えたい人はこのドリルをやろう!
構えの手順=ルーティンを確立しよう!