特集記事
クラブの引き方を安定させたいテイクバック
#短期練習
#テイクバック
#セルフチェック
テイクバックとは、スイングの初動作です。クラブを引き始める動きとなるので、最初はやや神経を使っていかなければいけない部分です。ここで誤った方向へ引いてしまうと、その後のスイング動作で都度調整が必要となってきます。基本動作としては、ボールにセットしたクラブヘッドを、目標方向に対して真後ろ方向に引いていきます。この時、自分の体寄りにクラブヘッドを引いてしまう事を「インサイドに引く」と言い、体から離れて引いてしまう事を「アウトサイドに引く」と言います。スイングの特徴により、多少個性が出やすい部分ですが、これからゴルフを始める人は、「ストレート(真っ直ぐ)に引く」様にしましょう。
基本動作
目標に対して真っ直ぐ引く
テイクバックの基本は、目標に対して真っ直ぐと真後ろに引くことです。その為にはまず、ボールと目標方向を結んだ線上にクラブヘッドを引いていく練習をする必要があります。これはクラブを問わず同じです。最初の引き方がズレてしまうと、その後のスイングにも大きな影響が出てきてしまいます。
動画で確認
真っ直ぐ引く為のテイクバックドリル
真っ直ぐ引けるテイクバックドリル
自宅で行う真っ直ぐ引く為のテイクバックドリル
ゴルフスイングの基本!テイクバックの練習は自宅でできる!
スイング全般の基本を身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
よくある代表的なミス
腕主体で動いている
腕主体でクラブを引き上げてしまうと、クラブがインサイド、或いはアウトサイドに上がり、その後のスイングに影響が出てしまいます。
体が飛球線後方へスウェーしている(流れている)
体の回転運動の仕方に誤りがあり、目標方向の反対方向へ流れてしまい、その後スウェーやシャフトクロスに繋がり、大きくスライスしたり、フックしたり、その他ミスショットに繋がります。
体が回りすぎてインサイドに引いてしまう
極端なミスの例として、体が大きく回転してしまい、クラブが強制的にインサイドに引かれてしまうケースがあります。これもやはりトップでシャフトクロスしたりと、ミスショットに繋がりやすいケースとなっています。
正しいテイクバックを覚えたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
テイクバックのセルフチェック
手元の浮きを確認
手順1.グローブと手首の境目に沿って目標反対方向側に長めに水平線、右足の真上に垂線を引く2.水平線上、右足真上に手元が重なる
動画で確認
スウェーしていないかを確認
手順1.アドレスで左腰に垂線を引く2.線から離れていないか確認
クラブが真っ直ぐ引けているかを確認
手順1.- 赤線 クラブのトゥ側から右肩を通る線- 青線 クラブのネックから右肘を通る線- 黄線 クラブのネックから背中までの線2.クラブヘッドが赤線より上、黄線より下に引かれていないか確認
動画で確認
テイクバックの基本全てを確認したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
スイングの質を高める効果的なバックスイング習得法!
スイング全般の基本を身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます