特集記事
タメが作られた効率的なダウンスイング
#タメ
#アーリーリリース
#打ち込む
#ダウンブロー
#短期練習
#ダウンスイング
#ラグ
#セルフチェック
トップオブスイングから、切り返してインパクトに向かっていくまでのスイング動作を指します。実際にスイング中は、このシーンは一瞬で過ぎ去ります。もしも何か注意点や意識をして練習するとしたら、最初は打球練習をするべきではありません。なぜなら、意識したほとんど多くの事はその場ですぐ出来ないからです。出来たとしても、その動作などを安定してスイングに取り入れていく為には、ゆっくり動かしたり、素振りなどで改善して理解できないと、はっきりと習得できたとは言えず、いずれ「癖」となって、コースでプレー中、又は緊張した場面などに出てしまいます。
基本動作
正面から見たときのポイント
① 目標方向への体重移動…バランスを崩さない範囲で適度に体重移動② タメ…腕とクラブでできたタメをキープして下ろす③ 頭を残す…頭(上半身)は目標方向へ突っ込まない
後方から見たときのポイント
④ 下半身の回転…後方から見た時に左のお尻が見える
練習場で行うダウンスイングドリル
飛距離アップに欠かせない「右脇」「右肩」の関係について
自宅で行うダウンスイングドリル
自宅でダウンスイングのタメを習得して飛距離を伸ばそう!
スイング全般の基本を身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
ダウンスイングのセルフチェック
スイングプレーンの確認
手順1.クラブのネックから右肘を通る線2.線上が真っ直ぐ、線より上ならアウト、線より下ならインから下りている
動画で確認
体重移動の確認
手順1.アドレスで左腰に垂線を引く2.トップ以降、線より左へ体重移動しているかどうか確認
動画で確認
ダウンスイング&スイング全般の基本を確認したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
よくある代表的なミス
タメが解ける
ダウンスイングに入り、早々に腕主体でスイングしてしまう事で、腕とクラブでできた角度が解けてしまい、結果インパクトでヘッドが先行するハンドレイトで当たる結果となってしまいます。こうなってしまうと、ロフト角に合わせたクラブ本来の適正な飛距離が出せず、打つたびに飛距離が不安定となってしまいます。その他にも、ダフってしまったり、トップしてしまったり、当たりも不安定になってしまうでしょう。
タメの効いたダウンスイングを身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます