特集記事
飛距離にも方向にも重要なハンドファーストインパクト
#インパクト
#打ち込む
#ダウンブロー
#ライン出し
#短期練習
#ビハインドザボール
#セルフチェック
#ハンドファースト
#ハンドレイト
クラブヘッドがボールに当たる瞬間のことです。当然クラブヘッドは加速中なので、ボールは勢いよく飛んで行きます。ただ、この加速というのも、単にスピードが出ている状態ではなく、最大加速時にボールに当てる事で、最も飛距離を出すことが出来ます。その為には、ハンドファーストと言われる手元が先行する形でインパクトを迎える必要があります。ドライバーとアイアンの各クラブにおいて、ドライバーはティーアップされているボールを打ち、アイアンは地面に置かれたボールを打つので、その打感やイメージは異なりますが、基本的なスイング動作は同じです。構えた際のスタンス幅やボールとの距離が変わるので、若干の差が生まれる程度です。
基本動作
正面から見たときのポイント
① アドレスした時よりも、手の位置が目標方向側へ先行している
後方から見たときのポイント
② アドレス時の腰の位置がズレない③ 右手の前腕がスイングプレーン上にある
練習場で行うインパクトドリル
ゴルフの最短上達法!ハンドファーストは小文字のyでOK!
自宅で行うインパクトドリル
自宅でできる!右肘の曲がったインパクトの形をチェックする方法!
スイング全般の基本を身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
インパクトのセルフチェック
ハンドファーストの確認
手順1.アドレスで、ボールに垂線を引く2.垂線よりも手元が先行していればハンドファースト
動画で確認
頭のブレを確認
手順1.トップで頭の横に垂線2.トップから頭の位置が変わっていないか
動画で確認
前傾キープを確認
手順1.アドレス時腰に垂線と、後頭部から背中を通る線2.アドレスと比較して、腰と頭が離れていないか
動画で確認
インパクト&スイング全般の基本を確認したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
よくある代表的なミス
ハンドレイトでボールに当たる
腕とクラブでできた角度がダウンスイング中に解けてしまい、インパクトでハンドファーストではなく、ヘッドが先行するハンドレイトで当たってしまう事を言います。こうなってしまうと、ロフト角に合わせたクラブ本来の適正な飛距離が出せず、打つたびに飛距離が不安定となってしまいます。
ハンドレイト、フリップ、キャストを直したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『インパクト』を徹底的に強化する為の練習法!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます