悩み・ミスショットを解説
シャフトクロスしてしまう
#シャフトクロス
#フライングエルボー
#フック
#スライス
#スイングプレーン
#インサイドアウト
#アウトサイドイン
#トップオブスイング
ボールと目標方向を結んだ、ターゲットラインに対してトップに上がったクラブシャフトが交差(=クロス)する事を言います。「この現象自体が悪だ」という事ではないのですが、スイングプレーンの観点から見ると「ボールを真っ直ぐ打つ為のスイング軌道にスムーズに乗せる」為には、シャフトクロスしていない方が良いと言えます。もちろんスイングは個性があって良いのですが、再現性を求めた場合には、シャフトクロスしない方が安定感が出やすいという意味です。
シャフトクロスとは
クラブシャフトと目標線が交差すること
トップオブスイングで、クラブシャフトの向きが、目標線と交差(クロス)することをいいます。
動画で確認
シャフトクロスしているか迷った人はこのカリキュラムに取り組もう!
『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』改善プログラム
シャフトクロスが引き起こすミス事例
インサイドアウト軌道で右方向へのミスが出る
スイング軌道=スイングプレーンが、ターゲットの右方向へを向く、つまりインサイドアウト軌道でスイングしてしまい、右方向へプッシュ系のミスショットが出やすくなります。
動画で確認
インサイドアウト軌道でダフリやトップ(ゴロ球)が出る
インサイドアウト軌道でスイングする事により、ダフリやトップが出るケースも存在します。主な要因としては、シャフトクロスしたクラブを体全体を大きく使ってスイングプレーンに乗せようとした結果、体がボール側に動くことが挙げられます。
動画で確認
軌道が乱れフックやスライスが出る
スイング軌道が乱れ、アウトサイドから下りたり、インサイドから下りたりした結果、フックしたり、スライスしたりしてしまうでしょう。
シャフトクロスを直したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』改善プログラム
スイング軌道を正したい(スライスフックを直したい)人はこのカリキュラムに取り組もう!
安定した「スイングプレーン」と「タメ」を学ぶ!ダウンスイング強化プログラム
シャフトクロスの主な原因例
テイクバックでインサイドに引きすぎる
テイクバックの際、クラブをインサイドに引き過ぎてしまうと、その延長でシャフトクロスする位置に上がってしまいます。この場合、テイクバックの上げる方向を正せばある程度矯正できますが、初めのうちは違和感があるので素振りで振り固めた方が良いでしょう。
フライングエルボーになっている
テイクバックからトップオブスイングにかけて、右脇が大きく空いて、シャフトクロスしてしまうパターンです。これを「フライングエルボー」と言います。この症状を改善するには、ある程度の根気と忍耐力が必要となります。
胸の前のスペースが崩れている
よく「胸の前の三角形」という表現の仕方がありますが、正にそれです。本来あるべき胸の中心から大きく手元が外れ、右肘が小さく畳まれ過ぎてしまい、結果シャフトクロスしてしまいます。この症状には、ボールを挟んで矯正する修正方法などがあります。
左手首が甲側に折れている
トップにきた時、左手首が甲側に折れていると、ほとんどの場合シャフトクロスします。それだけではなく、フェース面もオープンになり、その状態からダウンスイングに入ると、スライスするので、無意識の内に修正しようと手先で調整し、スイング軌道の乱れと同時にフェース面の乱れも引き起こしてしまいます。正しくは、左手首は前腕部と一直線になるように真っ直ぐにしましょう。
テイクバックを正したい人はこのドリルをやろう!
真っ直ぐ引けるテイクバックドリル
フライングエルボーにはこのドリルを試してみよう!
右脇を締めて飛距離アップ!
胸の前の三角形キープにはこのドリルを試してみよう!
胸の前の三角形ってどういう事?
左手首の脱力に効くこのドリルを実践しよう!
シャフトクロスに効く!指外しドリル
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます