悩み・ミスショットを解説
オーバースイングになってしまう
#オーバースイング
#トップオブスイング
#手打ち
#スイングプレーン
#リバースピボット
#スエー
トップオブスイングで、クラブを大きく振り上げてしまい、目標方向側にヘッドが垂れ下がった形を言います。よく、飛距離を争うドラコン競技のプロ選手がこの様なトップを作る事があります。その事実から、大きなパワーが溜まる事は確かです。が、この位置から正確なショットを打つとなると、かなりの筋力、体力が必要となる上、技術習得が容易ではありません。再現性が求められるゴルフでは、極力シンプルなスイングに徹した方がいいのは言うまでもありません。もちろんスイングは個性があって良いのですが、再現性を求めた場合には、その方が安定感が出やすいという意味です。オーバースイングは、それ自体に害があるものではなく、そのポジションにクラブがある事で、クラブを振り下ろしていくヘッド軌道が乱れる可能性があり、乱れなかったとしても、ボールを真っ直ぐ飛ばす為に腕や小手先などで調整するなどのいくつかの不確定要素が発生し、それらがショットの再現性を下げてしまう要因となる、ということです。
オーバースイングとは
ヘッドが目標側に垂れ下がった形
通常のトップオブスイングと違い、クラブが大きく振り上げられ、ヘッドが目標方向側に垂れ下がっている状態を言います。
動画で確認
オーバースイングかどうか迷った人はこのカリキュラムに取り組もう!
『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』改善プログラム
オーバースイングが引き起こすミス事例
クラブヘッドの軌道が安定しない
スイングプレーン(=ヘッド軌道)が安定せず、スライスしたりフックしたり、時にダフリやトップなどのミスを誘発してしまいます。
腕に頼ったスイングになってしまう
「オーバー」スイングと言うだけあり、行き過ぎた位置からのダウンスイングでは、腕力に頼ってスイングしがちです。その為、体の回転が思うように入らず、所謂「手打ち」となり、タメが早く解けるアーリーリリースなどの原因となります。
打球が安定しない
ダフったり、トップしたり、時にナイスショットが出たり、当たりが一向に安定しない原因がこのオーバースイングとなっているケースがあります。
オーバースイングを直したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』改善プログラム
スイング軌道を正したい(安定してボールを打ちたい)人はこのカリキュラムに取り組もう!
安定した「スイングプレーン」と「タメ」を学ぶ!ダウンスイング強化プログラム
当たりを安定させたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
ハーフスイングから始めるミート率を高める練習法
オーバースイングの主な原因例
スウェーした結果オーバースイングになっている
テイクバックからバックスイングにかけて、体が目標反対方向にスウェーしてしまっていると、必要以上にクラブを引き上げてしまうケースが考えられます。その場合、スウェーを改善するだけでもかなりオーバースイングがおさまるでしょう。
リバースピボットになった結果オーバースイングになっている
当たり前といえば当たり前ですが、リバースピボットになると、姿勢そのものがオーバースイングをするのに最適な状態となってしまい、容易にオーバースイングとなってしまいます。この場合も前述したスウェーを改善する事でおおよそ修正が可能です。
スウェーを改善するにはこのドリルをやろう!
スウェーの原因となる動きを確認しよう!
リバースピボットを改善したい場合はこのカリキュラムに取り組もう!
『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』改善プログラム
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます