悩み・ミスショットを解説
リバースピボットになる
#リバースピボット
#上体の反り
#スエー
#オーバースイング
#手打ち
#スイングプレーン
トップオブスイングで、上体が目標方向へ大きく傾く姿勢の事を言います。これは、誤ったバックスイングの「スウェー」と併発するケースがほとんどです。即ち、このスウェーを防がなければ、トップでのリバースピボットも防げないと言えるでしょう。さらにリバースピボットともなれば、必然的にオーバースイングも誘発されやすく、クラブを振り下ろしていく際に、ヘッド軌道が乱れる可能性があり、乱れなかったとしても、ボールを真っ直ぐ飛ばす為に腕や小手先などで調整するなどのいくつかの不確定要素が発生し、それらがショットの再現性を下げてしまう要因となり得ます。
リバースピボットとは
上体が大きく目標方向側に傾くこと
トップにきた時に、上半身が大きく反り返り、目標方向側に傾いている状態をいいます。
動画で確認
リバースピボットかどうか迷った人はこのカリキュラムに取り組もう!
スイング『軸』を安定させる為のピンポイントプログラム!
リバースピボットが引き起こすミス事例
スウェーも併発している
軸のブレに繋がり、ショットが安定しません。リバースピボットは、トップで上体が大きく目標方向側へ傾く現象ですが、この現象にはほとんどの場合「スウェー」も同時に併発しています。逆に言えば、スウェーを直せば、リバースピボットにも改善できるということです。
オーバースイングも併発している
リバースピボットに加え「オーバースイング」も同時に併発してしまうケースです。こうなると、上体が目標方向へ傾いているだけでなく、腕力にも頼ったスイングとなり、打球が安定しないだけでなく、タメが早く解けて飛距離ロスにも繋がります。
腕に頼ったスイングになってしまう
オーバースイングが併発されているケースだと、ダウンスイングの際に腕力に頼ってスイングしがちです。その為、体の回転が思うように入らず、所謂「手打ち」となり、タメが早く解けるアーリーリリースなどの原因となります。
クラブヘッドの軌道が安定しない
スイングプレーン(=ヘッド軌道)が安定せず、スライスしたりフックしたり、時にダフリやトップなどのミスを誘発してしまいます。
オーバースイングについて確認しよう!
オーバースイングになってしまう
リバースピボットを直したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
スイング『軸』を安定させる為のピンポイントプログラム!
スイング軌道を正したい(安定してボールを打ちたい)人はこのカリキュラムに取り組もう!
安定した「スイングプレーン」と「タメ」を学ぶ!ダウンスイング強化プログラム
手打ちを根本から無くしたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
手打ちスイングを改善する為のプログラム!
リバースピボットの主な原因例
頭を中心に残そうとし過ぎる
「頭は動かしてはいけない」と頑なに体に覚え込ませてしまうと、返って動きが固くなり、上体の傾きを誘発した結果、リバースピボットとなってしまいます。この場合、一度頭は動かしてもいいものだと勇気を持って逆転の発想ができるかが動きを改善するポイントとなります。
腕主体でクラブを上げてしまう
腕の力を中心にしてクラブを引き上げてしまうパターンです。このケースはスイングリズムも早くなってしまいやすく、その反動でやはり上体が目標方向側に傾いて、リバースピボットとなってしまいます。しっかりと肩を回す、胸を右に向ける、体を回すなどの意識を持つ必要があります。
頭を動かすのに抵抗のある人はこのドリルで意識を変えよう!
プロゴルファーの様に肩の回った綺麗なスイングを身に付けよう!
腕ではなく体を回す動作をこのドリルで確認しよう!
バックスイング動作は肩がポイント
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます