悩み・ミスショットを解説
スウェーで軸がブレている
#スエー
#軸
#オーバースイング
#リバースピボット
#手打ち
#スイングプレーン
#テイクバック
スウェーとはクラブを振り上げ始めて、バックスイングからトップオブスイングまでの間に、元々構えていた時の位置から、目標反対方向へ体全体が横にスライドする様な形で動いてしまう事を言います。これは、テイクバックの時点で既に発生している事がほとんどです。ダウンスイング時に目標方向へ体が流れてしまった場合でも同様にスウェーと呼ぶ事がありますが、一般的に広く取り上げられるのは、バックスイング動作時のスウェーです。
スウェーとは
体が左右に揺れ動くこと
スウェーとは、体全体が左右に流れ動くことをいいますが、主にその多くはアドレスからテイクバック、トップまでの間に体が大きく流れ動くことをいいます。
動画で確認
スウェーしているかどうか迷った人はこのカリキュラムに取り組もう!
スイング『軸』を安定させる為のピンポイントプログラム!
スウェー動作による代表的なミス
オーバースイングやリバースピボットも併発している
スウェーした結果、画像右の「オーバースイング」も同時に併発してしまうケースです。こうなると、上体が目標方向へ傾く、画像左の「リバースピボット」も併発しやすく、効率の良い動作が行えなくなってしまいます。さらには腕力にも頼ったスイングとなり、打球が安定しないだけでなく、タメが早く解けて飛距離ロスにも繋がります。
腕に頼ったスイングになってしまう
スウェーから、オーバースイングやリバースピボットが併発していると、ダウンスイングの際に腕力に頼ってスイングしがちです。その為、体の回転が思うように入らず、所謂「手打ち」となり、タメが早く解けるアーリーリリースなどの原因となります。
クラブヘッドの軌道が安定しない
スイングプレーン(=ヘッド軌道)が安定せず、スライスしたりフックしたり、時にダフリやトップなどのミスを誘発してしまいます。
体が回りすぎてインサイドに引いてしまう
体が目標反対方向に動くと、動きの範囲に歯止めが効かず、体が大きく回転してしまい、クラブが強制的にインサイドに引かれてしまうケースがあります。こうなると、トップでオーバースイングとなったり、他のミス現象を誘発しやすくなり、打球が安定しません。
オーバースイングについて確認しよう!
オーバースイングになってしまう
スウェーを直したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
スイングの質を高める効果的なバックスイング習得法!
スイング軌道を正したい(安定してボールを打ちたい)人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
手打ちを根本から無くしたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
手打ちスイングを改善する為のプログラム!
スウェーの主な原因例
バックスイング動作で左肩を下げている
度合いにもよりますが、大きく左肩が下がると、その動きに同調して下半身も目標反対方向に流れやすいです。この場合、テイクバックの始動のイメージを大きく変えなければならないので、修正にはある程度の日数が必要で、まともにスイングするためには最低でも1週間くらいは素振りやシャドウスイングなどを中心としたメニューをこなす必要があります。
アドレス時の膝の位置が大きく動いてしまう
アドレスした時の、右足の角度、或いは左膝の位置、これらが大きく動く事でもスウェーは発生しやすくなります。この場合、両膝の動きを抑える事でスウェーをいくらか修正出来ますが「動かさない」事ばかりに囚われると、スイング自体出来なくなってしまうので、十分に鏡など見ながら、自身の頭の中のイメージと実際の動きの差を埋める事が大切です。
正しいバックスイング動作を確認するにはこのドリルをやろう!
バックスイング動作は肩がポイント
膝の動きを抑えたい人はこのドリルをやろう!
直ぐに出来る、スウェー改善ドリル!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます