悩み・ミスショットを解説
ハンドファーストに打てない
#ハンドファースト
#インパクト
#フリップ
#ハンドレイト
#アーリーリリース
#飛距離アップ
インパクトの瞬間、クラブヘッドよりも手元の方が先行している状態をハンドファーストと言います。(反対をハンドレイトと言います)ボールをより遠くまで飛ばす為には、このハンドファーストの形は欠かせません。また、ゴルフクラブの構造上、ハンドファーストインパクトができて初めてクラブ毎の飛距離が出せるのです。多くのゴルファーがこのハンドファーストに課題を持っていますが、アプローチショットのような小さな動きを中心に練習する事で、アプローチと同時にハンドファーストインパクトを習得できます。
ハンドファーストの基本と注意点
ハンドファーストとは
アドレス時よりもインパクト時の方が、手元と体重が目標方向側に移動している状態を、ハンドファーストといいます。(この画像の場合、青い垂線よりも目標方向側に移動している)
動画で確認
ハンドファーストの注意点
手元が先行する姿勢をハンドファーストと言いますが、反対にクラブヘッドが先行する姿勢をハンドレイトと言います。この姿勢になると、飛距離が出づらく、ダフリやトップが出たり、カッコいいフォームも身に付きにくくなったりしてしまいます。
動画で確認
ハンドファーストをしっかり身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『インパクト』を徹底的に強化する為の練習法!
スイング全般の基本を身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
オススメの練習方法とは
アプローチで覚える
いきなりハンドファーストを覚えるとなっても、スイング中一瞬の中で意識するのはとても大変です。そこでオススメな練習方法は、アプローチで練習する事です。これにより、アプローチの強化にも繋がり、一石二鳥です。小さい動きで覚えていく事はゴルフスイングを習得する上で基本となります。
動画で確認
コントロールショットで覚える
アプローチ同様、予めやや左足体重にして構え、そのままのバランスでスイングする練習です。実戦でも役立つこの練習は、主に100ヤード以内の方向性重視の場面で必要な技術ですが、ハンドファーストインパクトを覚えるのにもうってつけです。
動画で確認
アプローチでハンドファーストを確認したい人はこのドリルをやろう!
スコアアップのコツ!アプローチショットの基本
コントロールショットでハンドファーストを身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
フルショットが全てじゃない!飛距離をおさえた「コントロールショット」のススメ
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます