悩み・ミスショットを解説
飛距離が出ない/真っ直ぐ飛ばない
#ハンドレイト
#飛距離アップ
#方向性アップ
#打ち出し方向
#ダフリ/トップ/チョロ
#シャンク
腕とクラブでできた角度がダウンスイング中に解けてしまい、インパクトで手元が先行するハンドファーストではなく、ヘッドが先行するハンドレイトで当たってしまう事を言います。こうなると、ロフト角に合わせたクラブ本来の適正な飛距離が出せず、打つたびに飛距離が不安定となってしまいます。その他にも、ダフってしまったり、トップしてしまったり、当たりも不安定になってしまうでしょう。ハンドレイトでインパクトすると、ほとんど多くの場合、フォロースルーにおいて肘が引けて格好の悪いスイングとなってしまいます。
ハンドレイトの判断基準
ボールから垂線を引く
アドレス時にボールから垂線を引いて、インパクトで線より目標方向側に手元が出ているかを確認してみましょう。ここで線上、または線より目標反対側に手がある場合、ハンドレイトと判断できます。(ボール位置に関しては、左かかと線上付近を想定しています)
動画で確認
ハンドファーストインパクトを身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『インパクト』を徹底的に強化する為の練習法!
ハンドファーストインパクトが分からない人はこのドリルをやってみよう!
ゴルフの最短上達法!ハンドファーストは小文字のyでOK!
ハンドレイトが引き起こすミス事例
ボールが曲がる
ハンドレイトは、小手先の操作に頼る動きです。従ってインパクト時のフェースアングルが不安定となり、打ち出し方向のズレが生じやすいです。ここを手先で合わせながら上手に打つアマチュアゴルファーもいますが、再現性を高めていく事は難しくなるでしょう。
ダフり、トップ
インパクトを手先で操作するという事は、結局の所、クラブで描くスイングの円軌道も不安定なものとなってしまいます。つまり、ボールに当たる瞬間のクラブヘッドの入射角や打点なども不安定となり、時にダフったりトップしたり、とその打球結果は安定感を書いてしまいます。
シャンクする
手先で操作した結果、手元の位置が体から離れてしまい、構えた時よりもクラブヘッドがトゥ方向へズレ、結果根本付近にボールが当たり、シャンクしてしまいます。
打球が安定しない
しっかり当たる日もあれば、全く当たらない日もあったり、アイアンは調子がいいのに、ドライバーはダメ、またはその逆であったりと、日替わりメニューの様な状態になってしまします。
ハンドレイトを根本から直したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『インパクト』を徹底的に強化する為の練習法!
自身がハンドレイトかどうか確認したい人はこのドリルをやろう!
ハンドレイトからハンドファーストなインパクトに!
シャンクについて確認しよう!
シャンクが止まらない
ダフり/トップについて確認しよう!
ダフリやトップ(ライナー/ゴロ)球が出る
ハンドレイトの主な原因
右手首を使って打っている
インパクトで誤った手の使い方として、(右打の場合)右手首を甲側から手の平側に折る(専門用語で言うと背屈した状態から掌屈させる)動きでボールを打つとハンドレイトになってしまいます。この使い方をしている人は直ちに修正しないと、ボールコントロールがとても難しくなってしまいます。
ボールポジションに問題がある
意外と見落としがちなボールポジションですが、主にドライバーとショートアイアンで極端にボール位置を変えている人は要注意です。インパクトでハンドファーストになっていない人の場合、ショートアイアンのボール位置を右にする事で、ハンドファーストに近づける事が出来るからです。その場のショットはごまかしが効くかもしれませんが、根本的なショットの精度を保てません。特にショートアイアンとドライバーでミスのムラが激しい人がこれにあたります。当てはまると感じた人は、ボールポジションを正して、ショートアイアンの練習から見直す事をお勧めします。
正しい手の使い方を覚えたい人はこのドリルをやろう!
ゴルフの最短上達法!ハンドファーストは小文字のyでOK!
ボールポジションを正してショートアイアンから練習したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
フルショットが全てじゃない!飛距離をおさえた「コントロールショット」のススメ
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます