󰒗
悩み・ミスショットを解説
フェースローテーションが上手くできない
#フェース
#リストワーク
#ダックフック
#チーピン
#インサイドアウト
#プッシュアウト
#フェード
#スクエア
#ハンドアクション
#フェースターン
#打ち出し方向
#フェースアングル
#ドロー
#アドレス
#テイクバック
#トップオブスイング
クラブヘッドのボールに当たる面を「フェース」と言います。フェースは、ボールを真っ直ぐ打つためには、非常に重要な要素で、中でも「フェースコントロール」や「フェースローテーション」と呼ばれる腕に関わるスイング動作が大切です。具体的には、インパクトの瞬間にフェースが目標に対して真っ直ぐ向いている状態を作らなければならないという事です。但しその場合、同時に目標に対して真っ直ぐクラブヘッドが振られてくる必要もあります。これには、スイングプレーンを安定させる為のチェックや練習が別で必要となります。
フェース面について
スクエアフェース
所謂、真っ直ぐ向いている状態を言います。スイングプレーンの振り抜く方向に対してスクエアであれば、ボールはスイングプレーンなりの方向へ真っ直ぐ飛んで行きます。
オープンフェース
右へ向いている状態を言います。スイングプレーンの振り抜く方向に対してオープンであれば、ボールは右方向へ飛んで行きます。ボールは右に曲がりながら飛んで行きます。その曲がり幅は、スイングプレーンの度合いによりアウトサイドイン軌道がきつくなれば、その分大きなカーブを描いていきます。
クローズフェース
左へ向いている状態を言います。スイングプレーンの振り抜く方向に対してクローズであれば、ボールは左方向へ飛んで行きます。ボールは左に曲がりながら飛んで行きます。その曲がり幅は、スイングプレーンの度合いによりインサイドアウト軌道がきつくなれば、その分大きなカーブを描いていきます。
このドリルでフェース向きをチェックしてみよう!
未経験者、初心者必見!まずはフェースの向きを確認しよう!
このドリルでグリップも合わせて確認してみよう!
グリップの基本
ボールが曲がる場合の確認方法
アドレスで確認
最もシンプル且つ、簡単な方法です。構えた時のフェース向きを確認します。無意識の内に、閉じたり開いたりしていると、そこが引き金となって大きなミスにつながってしまうケースもあります。
動画で確認
テイクバックで確認する
シャフトと地面が平行になったところで確認します。目安としておおよそ、背筋と同じ向きを向いている事が理想とされます。
動画で確認
トップで確認する
トップオブスイングでフェースの向きを確認する方法です。ここでもスクエアを基本とします。スイング前半最後の動作となるので、ここまででフェースが意図しない向きに向いていたら、アドレスから確認し直しましょう。
動画で確認
打った結果で確認する
トップからダウンスイング以降にかけて、フェース向きの確認をしようと思っても、素早い動作の中なので、なかなか難しいです。従って、ボールを打った結果の弾道考察によって、開いていたのか閉じていたのか、検証してみましょう。
アドレスのフェース面に問題意識のある人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者にもわかりやすい!アドレスを網羅してスイングの基礎を覚える方法
テイクバックとトップのフェース面に問題意識のある人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者も安心!スイングの基礎をマスター!ゴルフ超入門
ダウンスイング以降のフェース面に問題意識がある人はこのドリルをやろう!
正しいフェースターンを覚えよう!“アームローテーションドリル”
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます