悩み・ミスショットを解説
ボールポジションが定まらない
#アドレス
#ボールポジション
#アイアン
#サンドウェッジ
#ドライバー
#ドライバースイングの基本
一般的に《クラブによってボール位置が変化する》或いは、《全クラブにおいてボール位置を統一する》以上2つに分かれています。どちらが正しいのかという事よりも、いずれにせよ、スイングが一定にならなければ安定したショットを打つことが難しくなってしまうという事は、常に頭に入れなければなりません。
ボールポジションの基本
ドライバーの場合
まず確認しておきたいのは、ドライバーのボールポジションです。基本は左かかと内側線上に置くとされています。例外を除いては、真ん中や右側に置く事はないと考えて良いでしょう。このボールポジションは、スタンス幅とも密接な関係がありますので、基本がわからない人は、同時にスタンス幅についても確認しておくと良いでしょう。
アイアン/ウェッジの場合
ドライバーと同じで、左かかと内側線上を基本とします。クラブが短くなるに連れて、真ん中寄りに置いているプロもいる事から、必ずしも徹底して左かかと内側線上という事ではありません。目安としてウェッジ(Pw、Aw、Sw)では左耳の真下付近に置くといいでしょう。ただし、あまり極端にど真ん中や右に置く事は、あまりお勧めできません。なぜなら、インパクト付近の手の動きが変わってしまう可能性があるからです。大切なのは、ショットの再現性を高める為には、毎回同じスイングをできる様にしておく必要があるという事です。
パターの場合
パターのボール位置についてですが、基本的には左目の真下を目安としましょう。アドレスの姿勢を作り、左手人差し指と親指でボールを左目のすぐ真下で持ち、そこからパッとボールを落として落下した地点がおおよその目安となります。
ボールポジションについてはこのドリルで確認しよう!
正しいボールポジションを覚えよう
アドレス全体を見直したい基本から学びたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者にもわかりやすい!アドレスを網羅してスイングの基礎を覚える方法
パターのボール位置はこのドリルで確認しよう!
パターの基本アドレスについて
スタンスも同時に確認してボールポジションの理解を深めよう!
ゴルフの基本!クラブ毎のスタンスを知ろう!
誤ったボールポジション
真ん中、右寄りに置いている
基本的に左かかと線上付近に置くべきところ、真ん中やや右寄りに置いてしまうと、手先の動きが狂ってしまい、ミスショットの繋がってしまいます。正確には、真ん中や右に置くこと自体が悪いのではなく、インパクトで正しい腕の使い方ができないほどボール位置を極端に真ん中や右に置いていることに問題があります。ボールポジションの調整を行いたい場合は、しっかり基準を理解した上で行いましょう。
誤ったボールポジションによる飛距離不足についての記事をチェックしよう!
飛距離が出ない/真っ直ぐ飛ばない
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます