特集記事
ロングホールでスコアを崩さないために
#ロングホール
#ドライバー
#アプローチ
#パター
ラウンドの際、ロングホールにきた時「よし!ここで一つ取り返そう」と意気込むケースがよくあります。特に前のホールで勿体ないスコアの落とし方をした時には、その思いは強くなります。しかし、結果的に気負ってしまい、2ホール続けてスコアを崩してしまうなんて事も。この様な場合、冷静なコースマネジメントが必要となります。そして、日頃の練習で、どこをポイントにして練習するべきなのかをしっかり把握しておく必要があるでしょう。
ロングホールで大切なこと
最低でも200y以上は打ちたいティーショット
仮に450〜550ヤード前後のロングホールの場合、ドライバーショットの飛距離が非常に重要になります。より遠くまで飛ばしたいところではありますが、最低でも200ヤード以上打てると、次のプレーにも繋げやすくなります。ここでトップして数十ヤードしか飛ばなかったり、ましてやOBを打ってしまうと、パー以下のスコアを出す確率が一気に下がってしまいます。
2打目で飛距離が稼げなくてもいい
ロングホールの第2打では、少しでもグリーンに近付け、次打のアプローチで劇的にピンに近付けバーディーを狙って行きたいところ。しかし、そのケースは1打目のショットがフェアウェイもしくは、ラフでもボールが浮いた好条件なライにボールがある時などであり、飛距離や安定したショットを打つ自信のない場合は、迷わず手前にきざむべきです。そして大事なのは第3打で、その残り距離は自分が最も得意とする距離が残る様にするべきです。
アプローチとパターはやはり重要
ここでもモノをいうのがアプローチとパターの精度です。トッププロゴルファーの調子の良い時は、100ヤード以内での打数が2打と言われるほど、技術の差が出やすい部分です。基本的には、距離感、グリーンの起伏をしっかり読む、グリーンが今いる所から高い位置にあるのか低い位置にあるのか、これらの情報を元に低く打ち出し転がして寄せるのか、高い球でピン付近に落として止めるのか、パターが楽に打てる位置に運ぶのがアプローチのポイントです。そして、グリーン上では、最低でもカップから半径2〜3m以内に合わせられる距離感と、1m以内は2回に1回は必ずカップインできるくらいのパッティングスキルを身に付けておきたいところです。ショットのミスをカバーする事もできるアプローチとパターの練習は、スコア100がなかなか切れないゴルファーは、積極的に行っていきましょう。
ドライバーショットを安定させたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
1ヶ月で美スイング!ドライバースイングの基本を身に付ける超素振り法!
アイアンが苦手な人はこのカリキュラムに取り組もう!
アイアンをマスターして華麗に飛ばそう!続・ゴルフ超入門
アプローチとパターが苦手な人はこのカリキュラムに取り組もう!
寄せワン!ベタピン!スコアに響く!アプローチ完全マニュアル!
パターが苦手な人はこのカリキュラムに取り組もう!
目指せ!コースデビューへの道!「パター編」
ロングホールで役立つための練習項目
ドライバーショットの精度を高める練習
安定してドライバーショットを打つことは、コースでは特にその日一日楽しめるかどうかの重要な鍵となります。それだけではなく、ロングホールでもスコアを大きく崩さない為にも、ドライバーショットは非常に大切です。まずはミート率を高める練習を積極的に取り入れ、最初は100y、150y、200yとその距離を伸ばして、安定して打てる様にしていきましょう。
絶対にスウェーさせない練習
スイング全般に言える事ですが、ショットの乱れはスイング軸の乱れによって起こる事が多いです。従って、スウェーを防止する練習を行う事で、ショットの精度を向上させ、ここぞの場面でミスをしたとしても、大きなミスにならない様にしておきましょう。
アプローチの基本を確実にマスターしておく
アプローチはどんな場面でもスコアの良し悪しを決定づけることになります。ミスが続いてしまった時にそのミスを最小限に食い止める働きもあれば、良い調子でグリーン際まできた時、バーディーが狙える位置につけてビッグチャンスをもたらす事もできます。しかし全てはアプローチの基本が当たり前にできているからこそ可能な事なので、しっかりとアプローチの基本を身に付けておきましょう。
パターの距離感と方向性を身に付ける
1m先のカップを易々と外していては、なかなかスコアはまとまらないでしょう。5m10mの長い距離のパットでも、あさっての方向に打っていてはグリーン上を行ったり来たりしてしまいます。パターで大切なのは、まずファーストパットが入れる距離なのか、寄せる距離なのか見極める事です。カップインを狙わなくとも、距離感さえ合わせられれば、次打でそう遠くない位置からセカンドパットを打つ事ができます。そして、1m以内のショートパットを2回に1回くらいは入れられる様にし、距離感についても、カップから半径ワンクラブ以内の仮想サークルの中に付けられる様な距離感を目指していけると、ロングホールだけでなく、ラウンドを通して、パターが武器となってくれるでしょう。
ドライバーのミート率アップを目指したい人はこのドリルをやろう!
振り幅コントロールで腕と体の同調性を高めよう!
スウェーを改善したい人はこのドリルをやろう!
スウェー防止ドリル
アプローチの基本ショットを身に付けたい人はこのドリルをやろう!
スコアアップのコツ!アプローチショットの基本
パターの方向性も距離感も身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
目指せ!コースデビューへの道!「パター編」