悩み・ミスショットを解説
ドライバーが上手く当たらない/飛ばない
#ドライバースイングの基本
#ドライバー
#飛距離アップ
#初心者
#スタンス幅
#スタンス
#前傾角度
#アドレスの正しい姿勢
#アドレス
#上半身の姿勢
#素振り
#ヘッドスピード
#ミート率
#ハーフスイング
ゴルフの醍醐味の一つ、ボールをより遠くまで飛ばすドライバーショット。誰でも一度は必ず、より遠くまで飛ばしたいと考えて練習をすると思います。そこで、ドライバーショットの「飛ばし」に必要な要素をまとめてみましたので、ご自身のスイングと照らし合わせて、練習にお役立てください。
これだけは絶対に外せないアドレスの3大要素
肩幅を跨ぐワイドなスタンス
ドライバースイングのスタンスは、肩幅を跨ぐ程に広げるワイドなスタンスが特徴的です。広げ過ぎもよくありませんが、一番長さのあるドライバーでは、遠心力も大きく働くので、スイング中体にかかる負担も大きくなります。狭いスタンスでは、軸のブレに繋がるなどスイングが安定しません。
左耳が体の中央にくる
そして必ずおさえておきたいのが、構えた時に左耳が体の中心にくるという事です。これにより、肩のラインが右肩が下がる形となり、インパクトの正しい姿勢も取りやすくなります。ここでこの姿勢が取れないと、誤った姿勢からスイングをスタートする事となるので、ショットが乱れる原因の一つとなります。
股関節から屈折された前傾姿勢
全てのクラブにおいても非常に重要なのが、股関節からしっかりと折れ曲がった前傾角度です。ここができていないと、スムーズな回転運動が出来ないので、ヘッドのスピードが上がらず、飛距離が出せません。どのくらい前傾したら良いのかというと、飛球線後方から撮影した時に、脇から引いた垂線に膝頭がちょうど触れるくらいに膝を曲げ、同時にグリップエンドがおへそかベルトのバックルを指す位置まで手元を下げて構える様にしましょう。
スタンス幅はこのドリルで確認しよう!
ゴルフの基本!クラブ毎のスタンスを知ろう!
上半身の姿勢はこのドリルで確認しよう!
スライスも防ぐ、アドレスでの肩と右肘の正しいポジション
アドレスの前傾角度のセルフチェックはこれで確認しよう!
ゴルフスイングの基本中の基本「アドレス」
ヘッドスピードを高める
とにかく振りこむ
クラブを振れなければ飛びません。しかしアドレスした状態では、気にする要素が多すぎあれこれ考えながらスイングしてしまい、本来持っているポテンシャルを引き出せません。そこでまずは平行スイングで体感的にも早くスイングしている感覚を養うと良いでしょう。まず振れなければ飛距離は望めません。ここでいう「振る」というのは、右打なら左側、左打なら右側で「ビュッ!」と勢い良く音がなる事です。
動画で確認
タメをつくる
飛距離を出すには、とんかちで釘を打つ時の手首の動きを思い浮かべると分かりやすいです。誰もとんかちの頭を先に出していく人はいませんよね。必ずとんかちを振り上げた時にできる、手首の角度をキープしたまま釘に向かって振り下ろします。ゴルフも同じです。一度トップでできた手首、及び腕とクラブでできた角度をキープしたままスイングしていきます。これにより、タメが作られてよりヘッドスピードが出るのです。
動画で確認
平行スイングはこのドリルで確認しよう!
振り遅れスイングは平行振りで解決!
タメを効かせた素振りはこのドリルで確認しよう!
アーリーリリースは素振りで克服できる!
ミート率を高める
ハーフスイング
「スイングスピードは出たけど肝心なボールに当たらない」これでは意味がありませんね。振り幅をおさえてボールを打つ練習をひたすら行いましょう。数を打った方が良いので、この場合は練習場では打ち放題プランで入場するのがおすすめです。
動画で確認
短く持ってスイング
ドライバーを短く持ってスイングします。この練習は、フォロースルーで両肘を伸ばす意識を持つ練習にもなるので、スイングを綺麗にする役目も果たしてくれます。これである程度当たる様に慣れば、通常通り長く持って打ってみて良いでしょう。
動画で確認
ハーフスイングでミート率を高めたい人はこのドリルをやろう!
腕と身体を同調させてヘッドスピードアップ!
ドライバーを短く持ってミート率をアップさせる練習法はこのドリルで確認しよう!
フォロースルーで腕を伸ばす為のトレーニング
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます