悩み・ミスショットを解説
ハーフスイングが上手く出来ない
#ハーフスイング
#グリップ
#アドレス
#右肘
#体重移動
#三角形
ゴルフスイングを習得する上で、欠かせない練習がハーフスイングです。ですが正しい練習方法で行わなければ、ハーフスイングすら難しく感じてしまいます。現在ゴルフを始めたばかりで、ハーフスイングを人から勧められて練習しているが、思う様にボールが打てない人は、この記事を読み、何が足りないか確認してみましょう。
スイングする前に
グリップを確認する
正しいスイング動作に必要不可欠なのがアドレスですが、その中でも重要なのがグリップです。正しいグリップは、レベルを問わずどのゴルファーにも欠かせません。これがズレていたり、正しく握れないままスイングをしていると、一向に上達できずにモチベーションも下がってしまいます。最初のうちに正しいグリップを習慣化させておきましょう。まずは基本のスクエアグリップから覚えましょう。
動画で確認
アドレスの基本を確認
アドレスには注意しなければならない点が数カ所あります。ですが一度に全てを身に付けるのはとても大変です。まずは前傾する事と、膝を軽く曲げることを覚えておきましょう。そこからハーフスイングで慣らしていきながら、徐々にその他の箇所を覚えていくと良いでしょう。構えたら、飛球線後方から動画を撮り、脇から引いた垂線に膝の甲が触れるくらいに少しだけ膝を曲げておきましょう。
右手は突っ張らない様にする
最初の段階でおさえておきたいのは、右肘が突っ張って伸びない様にするということです。突っ張ってしまうと、肩のラインが地平線と平行になってしまいます。平行になってしまうとなぜいけないかというと、ゴルフスイングは、構えとインパクト(ボールを打つ瞬間)の姿勢が異なるのですが、その時に、下半身の体重は目標方向に寄り、上半身は構えた位置に保たれ、やや右肩が下がる様な姿勢となるので、その姿勢が作りやすい構えを作るべきだからです。
正しいグリップを確認するにはこのドリルをやろう!
グリップの基本
アドレスのポイントを確認したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
初心者にもわかりやすい!アドレスを網羅してスイングの基礎を覚える方法
スイング動作の基本
基本は三角形をキープすること
ハーフスイングで一つの目安となるのは、構えた時にできる胸の前の三角形をキープすることです。当然イメージがしやすいのはハーフスイングです。厳密に言えば、スイング中にその三角形を一切崩さずにずっとキープしていられるわけではないのですが、胸の前のスペースをキープしておくということが非常に重要となり、その初期動作としてハーフスイングで意識することがとてもいいトレーニングとなるのです。
体重移動を入れてみる
胸の前の三角形がキープできたら、今度は下半身の体重移動を入れてみましょう。この動きが入ることで、だいぶゴルフスイングらしくなります。最初は右に左に動きながらでも良いので、体重が移動するのを感じながら行うと良いでしょう。
胸の前の三角形キープと体重移動を覚えるにはこのドリルで確認しよう!
初心者におすすめ!最短で上達!ゴルフスイング『基礎練習』ドリル!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます