悩み・ミスショットを解説
アイアンが上手く当たらない/ドライバーとの違いがわからない
#アイアン
#ショートアイアン
#アイアンがダフる
#前傾角度
#ボールポジション
#グリップ
#スイングプレーン
#ロフト角
#アプローチ
#ハーフスイング
「ドライバーは良いのにアイアンが上手く当たらない」そういう言葉をよく耳にする事があります。スイングは同じなのか?違うのか?構え方は同じなのか?よく上がる疑問点ですが、答えは全て同じです。ただクラブの長さや見た目が違う分、感覚的に全く異なる様に感じてしまうのです。ただし、ボールを打つ際に感覚以外でもしっかり理解しておかなければならないポイントがいくつかあります。特に大事なポイントをここで確認しておきましょう。
ドライバーと共通する点を確認しておこう
前傾角度はほとんど変わらない
こちらの画像は、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアンのアドレス画像を重ね合わせたものです。ご覧の通り、ほとんど前傾姿勢や手元の位置などが変わりありません。変わるのはボールと体の距離が変わるだけです。こちらについては、クラブの長さが変わるので、当たり前と言えば当たり前です。
ボールポジションはほとんど変わらない
基本的には、ドライバーからウェッジまで同じ位置に置きます。ただし、ウェッジになるとボール半個程度内側に入れることもありますが、そのあたりは個々のスイングバランスによって微妙に変わってきます。大切なのは、スイングの再現性なので、同じショットが何回打っても再現できる構えでなければなりません。その為には、ボールポジションはかなり大切であると言えます。
グリップも変わらない
クラブによってグリップが変化する、ということはなく全クラブ共通です。ただ、自分が打ちたいボール(左へ曲げたいとか、右へ曲げたいなど)によって、握りを変化させたり、構えに変化をもたらせる様なことは中級ゴルファー以上になれば必要となってくるでしょう。基本は全て同じと考えましょう。
クラブによるスイングの違いを確認するにはこのドリルをチェックしよう!
アイアンとドライバーの違いを知るだけでゴルフが上達!
ボール位置の確認はこのドリルで確認しよう!
正しいボールポジションを覚えよう
正しいグリップを確認したい人はこのドリルをチェックしよう!
グリップの基本
ドライバーとの違いを確認しよう
スイングプレーンが縦になる
ドライバーに比べて、スイングしていく時の軌道が縦になります。これもクラブの長さが変わる為に必然的に起こることです。ここがドライバーと混在してしまうとまともに当たらなくなります。クラブが短くなる毎に縦になっていきます。
ロフト角が効いている
ドライバーとの最も大きな違いとも言えるクラブ構造が、ロフト角度です。この部分は結構大きなポイントです。ドライバーは最も長いクラブであり、且つ最も低い弾道でボールが飛んで行きます。それはこのロフト角度が少なく立っているからです。アイアンの場合、見た目のイメージもだいぶ変わり、ボールを打つイメージも変わります。ドライバーのボールを打つイメージがヘッドをボールにぶつけていくイメージだとしたら、アイアンはボールと地面の間にヘッドを刺すイメージです。この指すイメージの詳細はここでは説明しきれませんが、人によって様々です。
アイアンとドライバーのスイングプレーンの違いを確認するにはこのドリルをチェックしよう!
アイアンとドライバーの違いを知るだけでゴルフが上達!
アイアンのロフト角について詳しく知りたい人はこの記事をチェックしよう!
クラブを変えても飛距離/球の高さが変わらない
アイアンが上手くなる為の実践的な練習とは
アプローチで繰り返し練習
アプローチでボールを打つ練習を繰り返していると、インパクトでの打感が徐々に理解できる上、ミスが出た際の小手先の誤った感覚も細かく感じ取る事ができます。ところがここでフルスインばかり行ってしまうと、一瞬の中でインパクトでの感覚を感じ取れず、結局何もえられないまま練習を終えてしまいます。さらにはアプローチ練習をたくさん行う事で、コースでも役立つ練習を同時に行えているので、正に一石二鳥ということになります。
9時3時の基本トレーニング
よくゴルフレッスンの中でも取り上げられる、9時から3時の振り幅でのスイング練習。やはり順序立ててスイングの規模を大きくして練習していくことはとても大切です。この振り幅で芯でとらえられる様になってくれば、かなりアイアンの打ち方が身に付いてきていると言えます。繰り返し行って、短期間でスイングの基礎を覚えるのにもちょうど良い練習です。
アプローチでアイアンショットの基本を身に付けたい人はこのドリルをやろう!
スコアアップのコツ!アプローチショットの基本
9時3時の振り幅練習はこのドリルで確認しよう!
うまい人はみんなやっている!ゴルフの基本「ハーフスイング」
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます