悩み・ミスショットを解説
ショートアイアンが上手く打てない
#アプローチの距離感
#アプローチ
#アプローチシャンク
#ショートアイアン
#ダフリ/トップ/チョロ
#アイアン
#アイアンがダフる
#シャンク
#ハンドファースト
残り100y前後の距離でグリーンを狙っていきたい場面で活躍するショートアイアン。本来短いクラブでもあるので、操作は優しくなるのですが、ここぞの場面でダフってしまったり、トップやシャンクが出てしまったり、確実にグリーンに乗せたいのに乗せられずに悩んでいる人は、この記事を読んで自分のスイングの弱点を見つけましょう。弱点が分かれば、どんな練習が必要かがはっきりと見えてきます。
ショートアイアンのミス事例
ダフる
ボールの手前をダフってしまうよくあるミスですが、ショートアイアンの場合だと、グリーンを狙っているケースがほとんどなので、ここでのダフリはドライバーでOBを打ったと同じくらい痛恨のミスと言っていいでしょう。
トップ
グリーンを狙う時に出るトップには、ヒヤッとさせられます。グリーンを大オーバーしてしまうと、奥に転がりOBなどの恐れがあります。
シャンク
ショートアイアンでのシャンクは、人によってはトラウマレベルです。これが原因でゴルフイップスになってしまう人もいるぐらい、ハマってしまうと一時的に抜け出せなくなります。不思議な事に、一度シャンクすると、二度三度立て続けに続いたという経験者も多いのではないでしょうか。特にグリーン周りでのシャンクは、右に回り続ける地獄絵図です。
ひっかけ球
こちらもよくあるミスで、グリーン左にひっかけてしまう現象です。主な原因が、インパクトでヘッドが先行する「ハンドレイト」でインパクトして、フェースが閉じて当たり、フック系のボールが出てしまうことによるものです。更にこのひっかけ球の厄介なところは、ボールが転がりやすい為、グリーンオンしても奥まで転がって行ってしまいやすいということです。
距離が合わない
これもよくある悩みだと思います。狙った距離が打てない現象です。105ヤードピッタリのつもりで打ったショットが、綺麗に打てたのに飛びすぎたり、グリーン手前で届かなかったりした時、とても気持ちが悪い感覚が残りますよね。原因としては様々なものが考えられますが、向かい風や追い風によるものや、そもそもスイングの振り幅が大き過ぎたり小さ過ぎていたり、クラブの選択ミスであったりと、その理由はいくつか存在します。
ダフりやトップを撲滅したい人はこのドリルをやろう!
アーリーリリースを本気で克服したい人がやる練習!
シャンクが気になる人はこのドリルをやろう!
シャンクが止まらない時に最初にやること
ひっかけ球が気になる人はこのドリルをやろう!
左肘の引けにはこんな練習やってみよう!
距離感を合わせたい人はこのカリキュラムでアプローチをマスターしよう!
寄せワン!ベタピン!スコアに響く!アプローチ完全マニュアル!
失敗しないショットを打つために
ハンドファーストインパクトを徹底する
あなたは、毎ショット毎ショット、同じ打ち出し角度でボールを打てているでしょうか。多くはわからないか、そこまで意識していないかだと思います。ですがとても重要なポイントです。インパクトでは、全スイングを通して、インパクトで手元が先行するハンドファーストで打つべきですが、これができていないと、打つたびに距離が変わってしまいます。更にはヘッドが先行すれば、ひっかけフックボールが出てしまいます。
フルスイングはしない
距離に合わせてスイングの大きさは異なりますが、基本的にショートアイアンではフルスイングはしないものと考えましょう。もちろん深いラフからのショットなど、場合によってはフルスイングをするケースもありますが、基本的には飛距離をコントロールして打つものだという認識を持ちましょう。特に判断基準としては、フィニッシュの大きさがあります。ドライバーや、距離を打つアイアンショットなど、飛ばす距離を気にせずにショットする場合は、深く大きなフィニッシュを取りますが、グリーンを狙う際のショートアイアンのフィニッシュではコンパクトなフィニッシュとなります。
あらゆるリスクを避ける
繊細なショットが要求されるショートアイアンでのスイングでは、打つ前にあらゆるリスクを想定してからショットに入る習慣を付ける事が大切です。グリーンの周りのどこが安全か、ミスしても問題ない方向はどこか、クラブ選択は適切か、振り幅の確認(素振り)はしたか、クラブは短く持つべきか否か、などなど、様々な確認をすべきです。これらの内容については、全て日頃の練習で確認できる事でもあるのです。
ハンドファーストインパクトを身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『インパクト』を徹底的に強化する為の練習法!
距離に応じたスイングを身に付けたい人はこのドリルをやろう!
スイングに応じたフィニッシュを取ろう!
オススメな練習方法とは
左右にブレのない動き
スウェーの様に左右に動きてしまうと、ショットの精度が落ちてしまいます。一般的に目標方向側の足にやや多く体重をかけ、そのままのバランスで打つコントロールショットなどの打ち方があります。軸ブレしない体の動きを普段の練習から身に付けておきましょう。
一つのクラブで複数の距離を打つ
「100ヤードはPWでしか打たない」のではなく、8番や9番でも打つ練習をしておく方がいいでしょう。なぜなら、その分本番でショットの引き出しが増えるからです。向かい風で池を超えたい場面で「Pwで低い球で思い切り打つ」などという考えは好ましくなく、単純に8番や9番など番手を上げて打てば勝手に球は低くなりますし、フルスイングしなくても勝手に距離は出ます。むしろ抑えて打てるので、無駄な力みが生じません。この様な事から、いろんなクラブでいろんな距離を打てる様にしておくといい事が分かりますね。
コックの有無で距離感を出せる様にしておく
アプローチで特に距離を調節しやすい方法として、コックがあります。一つのクラブで、クラブヘッドの動く量を調整する事ができるので、距離の調節に適しています。しっかり練習場で距離感を掴んでおく事が大切です。その際に、グリップを短く持ってコック有/無で打ってみる事も大切です。いずれにしても自分の中で基準を持っておく事は重要な事です。
練習場の看板を狙い打つ
一般的な練習場なら、ヤード表示の看板が置いてあります。その看板めがけて打つ練習はとてもいい練習になります。10回中何回当たるか、3回連続当たるまで練習を終えない、など自身で課題設定すると、その分回数をこなす事ができるので効果的です。また、ターゲットを狙う習慣が身に付き、本番で自然とそのルーティンが活きてスムーズなショットに繋がります。
軸ブレさせない為にこのドリルをやろう!
左に乗せたコンパクトなスイングでカッコいいスイングに!
距離感を掴みたい人はこのドリルをやろう!
アプローチに効果大!飛距離の打ち分けをしてみよう!
コック動作を身に付けたい人はこのドリルをやろう!
距離が合わない時は「コック」を入れてみよう!
真っ直ぐ看板を狙い打つならこのドリルをやろう!
ゴルフの最短上達法!ハンドファーストは小文字のyでOK!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます