特集記事
ダウンブローに打つ
#ダウンブロー
#ハンドファースト
#インパクト
#ダウンスイング
#打ち込む
アイアンを打つ際によく用いられる「ダウンブロー」という言葉。言い換えると「上から打ち込む」イメージでスイングする事を言います。最近は道具の進化とともに、そこまで意識する必要もないという意見も出てきています。確かにクラブにロフト角度が昔と比べて、立ってきている為、優しく飛ぶ様になってきています。しかし、基本的なスイングは今も昔も変わりありません。安定した、精度の高いショットを打つ為に必要なスイング技術の一つである事は変わりありません。そのポイントについて、ミス事例と合わせて確認していきましょう。
ダウンブローとは
ダウンブロー=ハンドファースト
ダウンブローに打つという事は、同時にハンドファーストに打てるという事です。厳密に言えば、イコールではないのですが、ハンドファーストインパクトができていれば、ダウンブローに打てているという事です。ではダウンブローというのは具体的に何なのかという事ですが、ボールに対してクラブヘッドは地面の下から向かってくる事はありません。当然、上から地面とボールの間に向かって振り下ろされてくるものです。その現象自体がダウンブローと言えます。上から下にクラブヘッドが振られている最中にボールに当てる事ができれば、ダウンブローで打てていて、同時にハンドファーストに打てているということになります。
動画で確認
ダウンブローを手っ取り早く身に付けたい人はこのドリルをやろう!
左に乗せたコンパクトなスイングでカッコいいスイングに!
ダウンブローで打つ前に確認したいこと
ボールポジションの確認
何気なく、アイアンの場合真ん中や右寄りにボールを置いていないでしょうか。ボールの位置は左かかと線上付近を基準とします。この位置は絶対ということではなく、基準が大事であるという事を強調しておきます。基準もなく何となくで置いてしまうと、持つクラブによってスイング中の動きもあやふやになってしまうので、注意が必要という意味です。
正しいインパクトの姿勢の理解
そもそもダウンブローに打つという事は、アドレスとインパクトの姿勢の違いがしっかり理解できていなければなりません。前述した様に、ダウンブローが出来るという事は、ハンドファーストに打つ事が出来るという事ですので、言い換えると、正しいインパクトが出来るということにもなります。つまりは、正しいインパクトの姿勢が理解できていて初めて、その姿勢に向かってスイングしていけるので、ダウンブローが成立するということです。
下半身を意識する
ダウンブローに打つ上で欠かせない要素が、下半身の意識です。これには様々な言い回しが存在し中でも「体重移動」という言い方が最も一般的かもしれません。最近流行りのスイング理論では少し違った捉え方をすることもありますが、ここでは体重移動を例にします。ダウンブローで打っている最中には、下半身は目標方向側の足に体重がより大きく強くかかっていることになります。ここで足の裏でしっかりと踏ん張る事ができないと、力が逃げてしまい、しっかりボールを捉える事ができません。まずは小さなスイングで、意識する事からはじめてみましょう。
フォロースルーでは「ヘッドは低く長く」
インパクトに向けて、上から下へ打ち込むイメージでスイングしたら、そのままクラブヘッドはすぐに上には上がらず、地平線に沿う様に低く長く振り抜かれていく様にします。実際にはいざスイングしたら動きは一瞬なので、打ったと思ったら、クラブヘッドは頭上に振り抜かれていくのですが、意識の中ではクラブヘッドを低く長く振り抜いていく事をイメージするべきです。
正しいボールポジションを確認したい人はこのドリルをやろう!
正しいボールポジションを覚えよう
正しいインパクトの姿勢を確認したい人はこの記事をチェックしよう!
アドレスとインパクトの差がわからない
下半身の踏ん張りをイメージしたい人はこのドリルをやろう!
左足のめくれに注意するとショットが安定する
ヘッドを低く長くのイメージを感じたい人はこのドリルをやろう!
フェースをターゲット方向に!フォロースルーで『圧』をかけよう!
厳選!オススメ練習法
打ち込める手の形を覚える
ダウンブローで打つ為には、しっかりと打ち込める手の使い方を覚える事がまず最初に必要な練習となります。ハンドファーストに打つ練習にもなり、アプローチや短い距離の方向性アップの練習にもなるので、積極的に行うと良いでしょう。
動画で確認
ハーフショットでひたすら打ち込む
インパクトの姿勢、手の形を確認したら、ハーフスイングでボールを打つ練習をしましょう。この練習がダウンブローに打てる様になるためのメイン課題となるでしょう。特に目標方向側の足に体重をかけて構え、そのままの体重バランスで打つ事が重要になります。まずは素振りで慣れさせてからボールを打つ練習がより効果的となります。
動画で確認
打ち込める状態を作って練習
ボールを、本来打つべきボールの少し手前に置いて打つ練習です。この練習は、とてもイメージはしやすいのですが、ボールを置く位置によっては、難易度が変化するので、自身の成長段階に合わせて、置く位置をメインのボールに近付けたり、遠ざけたりしてみましょう。
動画で確認
打ち込める手の形を確認したい人はこのドリルをやろう!
ゴルフの最短上達法!ハンドファーストは小文字のyでOK!
ハーフショットで打ち込む練習をしたい人はこのドリルをやろう!
左に乗せたコンパクトなスイングでカッコいいスイングに!
ボールを2個使って打ち込める状態を作って練習したい人はこのドリルをやろう!
アーリーリリースを本気で克服したい人がやる練習!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます