󰒗
特集記事
コックを積極的に使う
#コック
#飛距離アップ
#テイクバック
#タメ
「コック」と聞いてどの様なイメージを思い浮かべるでしょうか。もしあなたが、飛距離アップを望んでいるとしたら、ぜひ一度コックを使ってスイングしてみる事をお勧めします。なぜかというと、ちょうどトンカチで釘を叩くシーンを想像してください。そこでトンカチを持つその手首を曲げ、上に振り上げるシーンを思い浮かべます。反対に手首を折らずに力強く釘を叩く事はできるでしょうか。ここでピンときた人はコックを使ってスイングするべきです。コックも今述べたトンカチの使い方と同等な役割を果たしてくれるのです。
コック動作について覚えよう
コックとは手首を折ること
タメが効いた力強いスイングで、圧倒的な飛距離を見せてくれるトッププロゴルファーのスイングには憧れを抱く人が多いでしょう。そのほとんどのスイングに共通することは効果的に「コック」が作られているということです。コックは、動作の形を覚えれば直ぐに実践可能な為、積極的に作る事をお勧めします。
アーリーコック
その名の通り、早いタイミングでコックを作る方法です。コックを作ったことがない、意識したことや考えたこともないという人は、後に紹介する注意点をチェックしながら、アーリーコックを積極的に取り入れてみましょう。
動画で確認
レイトコック
「ノーコック」と捉えることもできますが、アーリーコックに対して、コックを作るタイミングを遅くするやり方です。あまり手首を曲げる意識はせず、腕とクラブ、体とが一体感を持ってスイングできるとされています。
動画で確認
アーリーコックを体感したい人はこのドリルをやろう!
タメを作るにはまず「アーリーコック」を覚えよう
こんな人にはコックがオススメ
テイクバックで手元が浮いてしまう
手元が浮いた状態でテイクバックしてしまうと、腕主体のスイングになりやすいです。クラブを腕の力で引き上げてしまい、体の回転が思う様にいかず結果的に手打ちになってしまいます。この場合、コックを早めに入れるアーリーコックを取り入れる事で、安定したバックスイングの感覚が養えます。
飛距離が出ない
飛距離に直結しやすい「タメ」ですが、このタメを作るのがコック動作です。コックは有効に使うことができれば、簡単に飛距離が出せます。コツこそありますが、何と言ってもスイング前半の動きである為、意識がしやすいのが最大の特徴です。アドレスして、次の動作で行えるので非常に取り組みやすいと言えます。
テイクバックを安定させて飛距離を出したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
飛距離アップトレーニング
コックの注意点
ヘッドの上がる位置&手元の浮きに注意
手首を折る方向を間違えると、クラブが意に反した方へ上がってしまいます。クラブフェースというのは構造上、開きやすい特性があるので、特に「フェースが開いてインサイドに上がる」という誤った動きをしている人が目立ちます。手首を折る方向に、加えて「手元の位置が浮かないこと」もしっかり考慮して行いましょう。
正しいテイクバックはこのドリルで確認しよう!
真っ直ぐ引けるテイクバックドリル
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます