󰒗
悩み・ミスショットを解説
前傾姿勢が保てない
#インパクト
#前傾角度
#前傾キープ
アドレスした時の腰の位置が、インパクトの際、前(ボール側)に出てしまうと、前傾姿勢を維持できなくなってしまいます。そうなると、インパクトで打点のズレが起き、芯で当たり辛くなり、安定したショットが立て続けに打てなくなってしまいます。前傾角度をキープできるのとそうでないのは、スイングの見た目からしてもあまり格好良く見えません。もし前傾角度がキープできていなければ、どこに原因があるのか、どうすれば良くなるのかをしっかり理解しておく事が大切です。
主な症状&正しい前傾角度について
主な症状 ー アドレス時よりも腰の位置がボール側に動いてしまう
構えた時の腰の位置が、インパクトで何らかの原因でボール側に動いてしまう状態が「前傾角度が崩れている」と言います。この様な姿勢になるには必ず直前に動きに原因がありますので、まずはスイングの基本を一つずつ見直していく必要があります。
正しい前傾角度 ー アドレスで股関節から前傾する
アドレス時に正しく前傾角度を作る事が大切です。股関節からしっかり前傾させ、背筋はしっかり伸ばしましょう。膝の曲げ具合も見逃せないポイントです。
動画で確認
正しい前傾角度 ー アドレス時の前傾角度がインパクトでも変わらない
下半身をしっかり使って、腰をターンさせる事ができれば、前傾姿勢を維持したままスイングしていく事ができます。この時の腰の回し方、足の踏ん張る力の向きを正しく行わなう事が大切です。
正しい前傾角度はこのドリルをやろう!
正しい姿勢を作る!前傾の取り方について
前傾角度をキープしたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
前傾姿勢の崩れを改善するためのプログラム
主な原因
トップでシャフトクロスしている
トップでシャフトクロスしている事が原因で、インパクトで前傾角度がキープできなくなってしまうケースです。これは、シャフトクロスしている状態のクラブを真っ直ぐボールを打つためのスイングプレーンに乗せてスイングしようとした時に、それを体を使って、特に下半身を大きく揺さぶって行った時に、腰がボール側に近づいて、結果前傾角度を崩してしまいます。
動画で確認
下半身が効率良く使えていない
ダウンスイングで、下半身の回転量が少なかったり、腰の回転のさせ方が間違っていたり、その他タイミングが合わない事で前傾角度が崩れてしまうパターンです。これは、下半身の使い方を練習する事で、比較的優しく覚える事ができます。
右膝が出てしまう
右足(左打の場合、左膝)がボール側に出てしまうと、前傾姿勢を崩してしまいます。また、スイングする際のクラブの通り道がなくなり、打点も安定しません。
このドリルでシャフトクロスを改善しよう!
シャフトクロス改善ドリル
下半身の動きを見直したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
腕は使わず下半身の回転で飛ばしたい人が行うトレーニング法
右膝の動きを抑えたい人はこのドリルをやろう!
ベタ足インパクトで下半身を安定させよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます