󰒗
悩み・ミスショットを解説
3パットが止まらない
#パター
#パターの距離感
スコアに大きな影響を与える要素として欠かせないのがパタースキルです。特に代表的な指標となるのが、ホール毎のパター数です。ゴルフを始めたばかりの人にとっては、ピンとこないかも知れませんが、慣れてくると必ず、「3パット」という言葉を耳にする様になります。熟練ゴルファーからすると、嫌な言葉です。初心者ゴルファーの多くは、最初はパターが難しく感じます。なぜなら、打ちたい方向、場所に正確に打つことができないからです。方向や距離感を、同時に掴む事は難しく、最初は地道な練習が必要になります。ですが、それでもコースへ行かなければならない場合、一人だけたくさんパターを打つのは恥ずかしいですよね。この記事では、そんな「3パット」に悩まされない様に、大切なポイントをおさえておきましょう。
3パット撲滅の対策
スパットをしっかり決める
数メートル先のカップより、10センチ先の目標を外さない様にしましょう。距離に関わらず、とにかくカップに執着してしまうシーンをよく目にしますが、これではいつまで経っても3パットはなくなりません。まずはラインを読んだら、目標に対しての仮想ラインを決め、そのラインの可能な限りボールに近い位置にスパットを決めて構えましょう。《10センチ先を外さない》ことが大切になります。
動画で確認
振り子のように等速にストローク
基本的に、パターは胸の前に五角形を作り、その五角形を崩さずに、振り子の様に左右に振りましょう。その時、どこかで急にスピードを速める事がない様に、等速でストロークする様に心がけましょう。
動画で確認
遠い時は「半径1クラブ以内に寄せる」
距離があると、ついついラインに乗せることに意識がいきがちで、構えてはカップを見てラインを見て、漠然とボールとカップに目線が行ったり来たりすることがあります。しかし、ここで大切なのは、ラインに乗せてカップインさせることではなく(もちろんそれが一番ですが)、カップに寄せることを最優先に考えましょう。その際、カップから「半径1クラブ」の円以内にボールを転がして寄せることを考えましょう。この円をイメージできるだけでも、かなりプレッシャーは減ってきます。(動画はイメージです)
動画で確認
スパットの決め方はこのドリルで確認しよう!
ゴルフを最短で上達!パターをスムーズに構える練習ドリル!
パターのストロークはこのドリルで確認しよう!
パターの基本「ストロークについて」
パターの距離感を覚えるにはこのドリルをやろう!
パターが難しいと感じるなら、まずは距離感を磨こう!超基本ドリル!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます