󰒗
悩み・ミスショットを解説
バンカーから脱出できない
#バンカー
#アプローチ
ゴルフ場には必ずバンカーが存在します。バンカー内にボールが入ると、クラブを地面に付けてアドレスしてはいけません。これはルールとして決まっていて、違反した場合は2打罰となります。そして、ピンまで数ヤード、数十ヤードと距離が残っている状況、グリーン手前、奥にピンがある様々な状況の中で、共通して言える事はバンカーからボールを出さなければなりません。しかしなかなかボールを出すことができず、バンカーから何打もかかってしまった、という人も多いのではないでしょうか。この記事で、バンカーショットの考え方を確認していきましょう。
バンカーの種類
1. ガードバンカー
グリーンを取り囲み、まるでグリーンを狙うプレーヤーに、プレッシャーを与えるかのように設置されたバンカーのことを言います。打球が入った場合、そこからすぐ近くのグリーンにボールを乗せることが目的となるため、基本的にはSwを用いてボールを打ち出す技術が必要となります。
2. フェアウェイバンカー
その名の通り、フェアウェイの中に混在する、ドライバーでのショットを難しくさせる役割を持つバンカーのことを言います。この中に打球が入ったほとんどの場合、まだグリーンまで距離を多く残していることが大半のため、砂の上から、クラブをソールせず、ボールをしっかり打つ技術が必要となります。
練習場で行うバンカー練習はこれをやろう!
本番で活かせるロブショット、バンカー練習法!
バンカーショットの心構え
1. バンカーの特徴に合わせて打つ
フェアウェイバンカーの場合、まだ距離が残っているので、アイアンやライによってはウッドやユーティリティーなどで対応する事がほとんどです。一方で、ガードバンカーの場合、基本的にすぐ近くにあるグリーン上のピンを狙って打つ事になりますので、使用クラブは距離は出ない分、球に高さを出せるSwを使います。グリーン周りのバンカーは、その形状は様々で、中に入ると目の前に壁が迫るかのような落差のあるバンカーや、面積は広いが落差が少なく、比較的フラットに近いバンカーなどがあり、その両者に合わせて対応する必要があります。
2. 距離と方向を考える
バンカー内のボール位置から、目標までの距離に合わせて、クラブ選択やスイング方法などを決定します。前述した2種類のバンカータイプによって、使うクラブのセオリーはあるものの、必ずそうでなければならないということではありません。要はバンカーから出すことができる確率が、一番高い手段を取ることが手大切なのです。
バンカーショットの前にアプローチを確認しよう!
寄せワン!ベタピン!スコアに響く!アプローチ完全マニュアル!
バンカーショットの基本
バウンスを使う
「バウンス」とは、クラブヘッドのソール部分のでっぱった部分を言います。この部分がバンカーショットの際に重要な役割を担います。スイングした際、このバウンスがあるためにクラブが砂の中に刺さらずに砂で弾む様に弾かれ、衝撃と共に弾かれた砂と一緒にボールが打ち出されます。もしもヘッドが砂の中に刺さってしまったら、バンカーからボールを出すことは不可能となってしまいます。
ハンドファーストではなくハンドレイトで構える
アプローチではハンドファーストで構える事が一般的ですが、バンカーではその逆のハンドレイトで構えます。こうする事で前述したバウンスを効果的に使いやすくする構えになります。もしもハンドファーストで構えてしまうと、クラブヘッドが砂の中に刺さってしまい、バンカーショットが難しくなってしまいます。アドレスの段階で難易度を上げない様にしましょう。
膝を曲げ重心を低くして足場を作る
通常のアドレスに比べると、膝の曲がり方が大きく深くなります。その分重心も低くなりますが、ポイントとして脇からの垂線が膝の甲付近を通ることや、グリップエンドがおへそを指すというポイントを抑えると、重心の低いアドレスながらも、バランスの良い構えになります。さらに足元を安定させるため、足で地面を踏みならして、やや下がった位置で構えます。この作業を怠ると、ボールを打つ際に打点がズレて、ミスに繋がってしまいます。
ボール位置は左かかと線上に左足体重で構える
ボール位置は左足かかと線上付近で左足前に寄せる場合もありますが、個人差があるので、練習の際に調整をしてみてください。ただし基本から逸れるので、最初から真ん中や右に置くのは避けましょう。続いて左足体重で構えるとスイング中のブレが少なくなり、打点の安定に繋がります。スイング中の左足荷重を意識するだけでも、バンカーから脱出する確率はグンと上がります。個人差はあるものの、6:4から7:3程度の割合で左足に体重を乗せましょう。
コンパクトなスイングでボールは打たない
バンカーショットの場合、ボールを直接打ちません。基本的にボールの手前の砂を打つので、ダフらせることとなります。ダフらせると言っても、闇雲にボールの手前を打つわけではないので、しっかり基本通りのアドレスから毎回同じ位置にヘッドが落とせる様にしましょう。ある程度打点が安定すれば、ボール位置を調整すればダブらせることは簡単にできます。
バンカーの構え方の基本を確認するにはこのドリルをチェックしよう!
バンカーから脱出できない…「フェースを開く」「オープンスタンス」の誤ったアドレスの認識を見直そう!
バンカーショットの打ち方を確認するにはこのドリルを確認しよう!
なかなか出ないバンカーが苦手…。基本ショットのポイントを抑えてバンカーショットを得意にしよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます