悩み・ミスショットを解説
バンカーから脱出できない
#バンカー
#アプローチ
ゴルフ場には必ずバンカーが存在します。バンカー内にボールが入ると、クラブを地面に付けてアドレスしてはいけません。これはルールとして決まっていて、違反した場合は2打罰となります。そして、ピンまで数ヤード、数十ヤードと距離が残っている状況、グリーン手前、奥にピンがある様々な状況の中で、共通して言える事はバンカーからボールを出さなければなりません。しかしなかなかボールを出すことができず、バンカーから何打もかかってしまった、という人も多いのではないでしょうか。この記事で、バンカーショットの考え方を確認していきましょう。
バンカーの種類
1. ガードバンカー
グリーンを取り囲み、まるでグリーンを狙うプレーヤーに、プレッシャーを与えるかのように設置されたバンカーのことを言います。打球が入った場合、そこからすぐ近くのグリーンにボールを乗せることが目的となるため、基本的にはSwを用いてボールを打ち出す技術が必要となります。
2. フェアウェイバンカー
その名の通り、フェアウェイの中に混在する、ドライバーでのショットを難しくさせる役割を持つバンカーのことを言います。この中に打球が入ったほとんどの場合、まだグリーンまで距離を多く残していることが大半のため、砂の上から、クラブをソールせず、ボールをしっかり打つ技術が必要となります。
練習場で行うバンカー練習はこれをやろう!
本番で活かせるロブショット、バンカー練習法!
バンカーショットの心構え
1. バンカーの特徴に合わせて打つ
フェアウェイバンカーの場合、まだ距離が残っているので、アイアンやライによってはウッドやユーティリティーなどで対応する事がほとんどです。一方で、ガードバンカーの場合、基本的にすぐ近くにあるグリーン上のピンを狙って打つ事になりますので、使用クラブは距離は出ない分、球に高さを出せるSwを使います。グリーン周りのバンカーは、その形状は様々で、中に入ると目の前に壁が迫るかのような落差のあるバンカーや、面積は広いが落差が少なく、比較的フラットに近いバンカーなどがあり、その両者に合わせて対応する必要があります。
2. 距離と方向を考える
バンカー内のボール位置から、目標までの距離に合わせて、クラブ選択やスイング方法などを決定します。前述した2種類のバンカータイプによって、使うクラブのセオリーはあるものの、必ずそうでなければならないということではありません。要はバンカーから出すことができる確率が、一番高い手段を取ることが手大切なのです。
バンカーショットの前にアプローチを確認しよう!
寄せワン!ベタピン!スコアに響く!アプローチ完全マニュアル!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます