󰒗
特集記事
ルーティンワークについて
#アドレス
#ルーティン
#アライメント
ゴルフでは、スイングからパターストローク全般において、ルーティンワークがとても大切となります。プロゴルファーや上級ゴルファーは、構えてから打つまでの一連の手順がしっかりと確立しています。ボールにフェースをセットして、リラックスしてからスイングに入れる様な理想的なルーティンワークを確立させることは、スムーズなスイング、ストロークを生みます。スイング改造に拘っている人は、今一度ルーティンワークを確認してみてはいかがでしょうか。
ルーティンワークの重要性
目標を決めるところから始まっている
ゴルフはターゲットスポーツなので、打つ前には必ず目標を定めます。このルーティンワークは、目標を決めるシーンからスタートします。どの様に目標を決め、どの様な手順で構え、ワッグルを入れてスイングするのかは、人によって異なります。構えてから打つまでに時間のかかる人、とても早く打つ人がいますが、時間よりも手順が決まっているか否かが大切です。もちろんスロープレーに繋がるので、時間のかけ過ぎはよくありませんが、早打ちし過ぎてミスを誘発しても意味がありません。
ルーティンの確立は練習場で行うと効率がいい
コースへ行くと、よほど回数を積まない限り、ルーティンを試行錯誤している余裕はありません。どの様に構えるまでの手順を決めるのか、コースへ一度や二度足を運ぶ程度ではなかなか確立しません。ですので、練習場である程度ルーティンワークの練習をしておく事をオススメします。それが無意識に出来る様になっていれば、コースでも自然にできるのです。
ルーティンはリズムが作れる
ゴルフが上手な人は、プロも含めて構える前からの作法が鮮やかです。そしてナイスショットを打ちます。一見スイングだけに目が行きがちですが、構えの前からの作法が整っています。これにより、ラウンド中、スイング以外のプレーリズムを作ることが出来ます。ボールの真後ろに立って目標を見ることは、世界共通とも言える作業ですが、そこからの構えへの入り方や、ボールへのセットの仕方は、正に十人十色です。ルーティンがピンとこない人は、まずはプロを含めた周りの上級者ゴルファーの構える手順を見てみるといいでしょう。
ルーティン確立はこのドリルから始めよう!
ドライバーショットを成功させるためのアドレス手順
ルーティンの流れ
スイング始動までの手順
1.目標を決める(スパットの決定)2.フェースをセットする(スパットに対してフェースを向ける)3.アライメントの調整(肩や腰、膝、つま先のラインを合わせる)4.1〜2回の予備動作(ワッグル、プレテイクバック)5.スイング手順については、あくまでも参考例です。これ以外にも手法は様々です。あなただけの構え手順を確立しましょう。
ルーティンワークを身につけたい場合はこのドリルをやろう!
ドライバーショットを成功させるためのアドレス手順
ルーティンの方法
目標を決める
ボールの後ろに立ち、ボールと目標を結んだ線のできるだけボール寄りに目印を取ります。
スパットに対してフェースを向ける
目標を定めた時に決めたスパットに対してフェースを向けてセットします。
スタンスとボール位置を決定
左足はあまり動かさず、右足を広げて、スタンスとボール位置を決定します。
アライメントを整える
肩、腕、腰、膝、つま先の全てが目標ラインに対して平行になる様にセットします。
ワッグルを入れる
必要に応じて、1〜2回程度、ワッグルを入れます。
スイング
リズムよくスイングし、バランスよくフィニッシュで立ちます。
アドレスを極めてルーティンを確立しよう!
初心者にもわかりやすい!アドレスを網羅してスイングの基礎を覚える方法
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます