󰒗
特集記事
インテンショナルショットを打つ
#アドレス
#インテンショナルショット
#インテンショナルスライス
#インテンショナルフック
インテンショナルショットとは、コースで目の前にある障害物を避けるために、わざと右や左ににボールを曲げて打つことを言います。基本的には、専用の特殊な打ち方をするわけではなく、アドレス=セットアップで調整します。ここではその基本的な構えやショットの仕方ではなく、それ以前にインテンショナルショットを打つ上での心構えと注意点を解説していきます。
インテンショナルショットを打つ前に知っておきたいこと
インテンショナルショットが必要な場面
意図的にボールを曲げるシーンというのは、一体いつなのかというと、例えば左に大きく折れ曲がったホール、通称左ドッグレッグのホールで1打目のドライバーが左に真っ直ぐ飛んで行き、ラフで止まった場合などで、2打目以降グリーン方向を狙って行きたい場面、右サイドも広く安全なので、少し左に曲がるボールを打つ、といった具合です。他にも、グリーンを狙えそうだが右から大きな木がせり出している状況では、反対に左から右にスライスさせる、なんて状況もありえます。コースに出れば、1度や2度は必ずと言っていいほど、そのような場面に出くわすものなのです。
ミスショットを想定しておく
インテンショナルショットを打とうと思い、いざアドレスして打っても、必ずしもボールは曲がってくれるとは限らず、ミスショットを常に想定しておかなければならないでしょう。万一左へ曲げたいのに、上手く打てずに真っ直ぐ飛んだ先が林で、OBだったり、池だったりした場合、次打で打てる位置までショートスイングで移動させて危険を回避しておけばよかった、ということになりかねません。必ずミスショットした場合の事も想定した上でインテンショナルショットは打つようにしましょう。
コースで気をつけるべきことをこの記事で確認しよう!
コースで気をつけるべきこと
スライス/フェード系のショットはこのドリルで確認しよう!
フォロースルーにコツがある!インテンショナルスライス/フェード!
フック/ドロー系のショットはこのドリルで確認しよう!
アドレスとフォロースルーに差が出る!インテンショナルショット「ドロー/フック」の打ち方
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます