特集記事
飛距離を伸ばす
#飛距離アップ
#ヘッドスピード
#アドレス
#アドレスの正しい姿勢
#タメ
#アーリーリリース
#ハンドレイト
#ハンドファースト
#スエー
#スイング軸
#軸
飛距離を伸ばす為に最も必要な事は、クラブスピードが最大加速中にボールを打つ事です。効果的にスピードを出すポイントとして、《タメを作る》《ハンドファーストインパクト》以上の点が挙げられます。この2点を軸にスイングの強化ポイントをチェックしていきましょう。
飛ばない原因を知る
非効率なアドレス
ハンドファーストにインパクトしやすいアドレスが作れているかが重要です。初めからヘッドが明らかに先行した形になっていないか、注意して構えを作りましょう。
軸がブレたトップ
アドレスした時点の体の位置から目標反対方向へずれてスウェーしてしまった状態です。ここからダウンスイングに入っていくと、左右の動きが多くなり、ミート率が悪くなり、飛距離ロスに繋がります。
動画で確認
タメの解け
ダウンスイング時に、腕主体でスイングしてしまうことで、腕とクラブでできた角度が急激に解けてしまう動作(通称アーリーリリース、キャストなど)が入り、結果的にインパクトで十分なヘッドスピードが出ずにボールに当たってしまう原因になります。
ハンドレイトインパクト
アドレスの状態でボールから垂線を引き、インパクトでその線よりも手元が前に出ているかを確認します。その結果、タメが解け俗に言う「ハンドレイト」になっている場合、適正なロフト角でボールに当たらず、飛距離不足の原因となります。
動画で確認
ヘッドが最大加速時に打てていない
タメの効かないダウンスイングの結果、ハンドレイトインパクトとなり、一番肝心なボールに当たる瞬間のヘッドスピードが減速してしまいます。
アドレス、スウェーを正してヘッドスピードを出したい人はこのカリキュラムに取り組もう!
飛距離アップトレーニング
タメやハンドファーストインパクトを身に付けたい人はこのカリキュラムに取り組もう!
『インパクト』を徹底的に強化する為の練習法!