スイングの基礎を最短でマスター!ゴルフ超入門
このプログラムは、ゴルフスイングを覚える上で重要なポイントのみをおさえ、スイングの基礎を最短で覚えられる様に、メニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月間
ターゲット
ゴルフを始めたばかりの初心者、100切りを目指している準初心者
ゴール
初心者はドライバー飛距離200y到達、準初心者はスイング動作の基礎をマスター
使用するクラブ
ドライバー又は7番アイアン
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
スイングの基本を身に付けよう
【アドレス=構え】【バックスイング=クラブを上に振り上げる動作】【トップオブスイング=クラブが上に上がったポジション】【ダウンスイング=クラブを下に振り下ろす動作】【インパクト=ボールに当たる瞬間】【フォロースルー=ボールを打った直後】【フィニッシュ=振り終わりの姿勢】以上、7つのポジションでゴルフスイングは成り立ちます。ここではゴルフスイングの大枠を身体の動かし方をメインに覚えていきます。
ゴール
構え方、握り方、クラブの上げ方下ろし方、スイングの基本動作全般をマスター
やること
アドレスからフィニッシュまでにおける身体の使い方を中心に練習
やらないこと
打球練習時の打感、弾道考察
練習目安
週1回以上、60分/30球/回
目次
1.【基本編】アドレスの基本を覚える
2.【基本編】スイング動作を覚えよう
3.【基本編】実際にボールを打ってみよう
4.【実践編】一連の動きを反復しよう
1.【基本編】アドレスの基本を覚える
正しいスイングを覚えるためにまず始めにやらなければならないのは、正しいアドレスを覚えることです。正しいアドレスがあって初めて、正しくスイングする準備が整います。正しくアドレスする為には、グリップ、スタンスの幅、ボールポジション、前傾姿勢をよく理解する必要があります。
1-1.正しいグリップを身に付ける(屋内練習可)
ゴール
違和感なくグリップできる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
グリップの基本
正しいグリップを習得する為の手順
1-2.正しいスタンスで構える
ゴール
ドライバーのスタンスを覚える
注意点
使用クラブに対して明らかに間違ったスタンスを取らない様、注意する
\ このドリルをこなそう /
スタンス幅の基準を知ろう!
適切なスタンスの考え方
1-3.正しいボールポジションを身に付ける
ゴール
迷わずボール位置が決められる
注意点
ボール位置の基準がズレない様に注意
\ このドリルをこなそう /
ボールポジションの考え方について
適切なボールポジションの考え方
1-4.正しい前傾角度を作る
ゴール
違和感なく構えられる
注意点
膝は最初から曲げないように注意
\ このドリルをこなそう /
前傾角度の取り方について
適切な前傾角度とボールとの距離についての考え方
2.【基本編】スイング動作を覚えよう
ゴルフクラブは、当然腕だけで振る訳ではありません。トップオブスイング に上がったクラブは、身体の大きな筋肉を使い、手先の細かな筋肉によって操作されます。スイングを学ぶには、まず身体の使い方からしっかりとマスターしましょう。
2-1.クラブを上げる時の身体の動かし方を覚える(屋内練習可)
ゴール
左肩が右足内側上にくる
注意点
左肩は下がらない様に注意
\ このドリルをこなそう /
バックスイングでの肩の回し方
クラブを上げる際、肩が回らずに手で上げてしまう人向けの、ボディーターン習得ドリル
2-2.クラブを振り下ろす際の身体の使い方を覚えよう(屋内練習可)
ゴール
下半身先行の感覚を掴む
注意点
左肩が下がらない様に注意
\ このドリルをこなそう /
家でもできる!ボディーターン簡単練習法!
ダウンスイング中においての体の使い方を、クラブを持たずにシャドウスイングで、トップから下半身をリードさせ、上半身は遅れてついてくるイメージを持って行う練習法。
2-3.正しいトップオブスイング を覚えよう
ゴール
トップの位置が理解できる
注意点
左肩が下がらない様に注意
\ このドリルをこなそう /
正しいトップオブスイング はこうやって作る!
クラブを上げたポジションが不安定な人向けの、正しいポジションを確認する方法
2-4.クラブを上げる初期動作を覚える
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で手元とヘッドが重なる
注意点
真っ直ぐに上げる
\ このドリルをこなそう /
真っ直ぐ引けるテイクバックドリル
スイングの初期動作、テイクバックでクラブを真っ直ぐ引くためのドリル
3.【基本編】実際にボールを打ってみよう
ボールを打つ、と言っても真っ直ぐ遠くに打つことが目的ではありませんし、直ぐにそこを目標としてしまうと、基本はマスターできません。まずは一連の動きがスムーズになる様に、慣らし運転のつもりでスイングとはどういうものか体感しましょう。
3-1.ドライバーを短く持ってスイングしてみよう (アイアンで行う場合、ティーアップしたボールを打ちましょう)
ゴール
左足へ体重移動し、両腕は真っ直ぐ伸ばす
注意点
体重移動が無く、腕だけでのスイングはNG
\ このドリルをこなそう /
ドライバーを使ってこんな練習やってみよう!
ドライバーを短く持って、ミート率を上げコンパクトにスイングして、フォロースルーでしっかり止める事で、両腕の伸びた綺麗なフォームが身に付く練習方法。
3-2.フィニッシュの姿勢を取ってみよう
ゴール
右足は爪先立ちになる
注意点
右に体重が残らない様に注意
\ このドリルをこなそう /
正しいフィニッシュを取ろう!
フィニッシュで身体がグラつく、又は体重が上手く左に移らない人向けの、バランス良くフィニッシュが取れるようになるドリル
4.【実践編】一連の動きを反復しよう
前項までの基本編を身につけたら、一連の動作を繋げてスイングを反復しよう。使用するクラブはドライバーもしくは7番アイアン、又は各ドリルに準じたものです。
4-1.正しいアドレスを取る
グリップ、スタンスの幅、ボールポジション、前傾姿勢をしっかりチェックして構えます。始めは覚える事も多く大変ですが、確実にマスターしていきましょう。
4-2.トップオブスイング を正しく作る
少々オーバーに、左肩を右足の真上までしっかり移動させ、クラブを上げる為に必要な身体の動きを確認します。この時、クラブフェースの面を真っ直ぐ引く事も合わせて覚えましょう。
4-3.ダウンスイングで下半身を意識する
トップオブスイング から、左腰の《スライド》➡︎《回転》の順で動かし、上半身との捻れを意識します。クラブを持たなくてもいいので、ゆっくり何度も繰り返します。この動作の反復が、最短上達の鍵を握ります。
4-4.両腕の伸びたフォロースルーを意識
体重はしっかり左足に乗せ、両腕もビシッと伸ばします。最後にピタッと止まり、姿勢を確認しましょう。ここでは段階的に動きを覚える為、次のフィニッシュの前で動きを止めて確認しましょう。
4-5.フィニッシュは右足つま先立ち
体重が左足にかかり、且つ右足はつま先立ちになっている事をしっかり確認して、バランスを崩さない位置を素振りで何度も確認しましょう。
練習の度に、診断して進捗をチェックしてもらおう!
診断画面へ
2ヶ月目