絶対に決めたい!コンペの「朝イチ」ショットで「今日イチ」ショットを打つ為の究極奥義!
会社内での合同コンペや、取引先とのコンペ、身近な仲間内とのコンペ…等々、日々様々なコンペが開催される中、多くの人に観られながらの第一打は、誰だって緊張しますよね。このプログラムは、そんな緊張する場面でも最高の力が発揮できる様に、メニュー構成されています。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月間
ターゲット
ラウンド未経験者、スコア99〜の方
ゴール
コンペの「朝イチ」ショットで、正確なルーティーンを無意識に行える様になる
使用するクラブ
ドライバー
1〜10日目
11〜20日目
21〜30日目
正しいアドレスを確かめよう
今日イチショットを打つためには、アドレスの基本的なポイントを一つ一つ理解しておく必要があります。まずは、アドレスについて余す事なくチェックしておきましょう。
ゴール
正しいアドレスが作れる
やること
アドレスの基本事項の確認
やらないこと
打球練習時の打感、弾道考察、飛距離計測
練習目安
60分/50球以上/回
目次
1.【基本編】アドレスの重要ポイントその1
2.【基本編】アドレスの重要ポイントその2
3.【実践編】アドレスのポイント全体を、通しで行い反復しよう
1.【基本編】アドレスの重要ポイントその1
アドレスの中でも特に基本中の基本をよね確認していきます。何度も確認して無意識化させておきましょう。
1-1.スタンス幅の決め方をチェック
ゴール
ドライバーのスタンスを覚える
注意点
使用クラブに対して明らかに間違ったスタンスを取らない様、注意する
\ このドリルをこなそう /
スタンス幅の基準を知ろう!
適切なスタンスの考え方
1-2.ボールポジションをチェック
ゴール
迷わずボール位置が決められる
注意点
ボール位置の基準がズレない様に注意
\ このドリルをこなそう /
ボールポジションの考え方について
適切なボールポジションの考え方
1-3.前傾角度の決め方をチェック
ゴール
違和感なく構えられる
注意点
膝は最初から曲げないように注意
\ このドリルをこなそう /
前傾角度の取り方について
適切な前傾角度とボールとの距離についての考え方
1-4.足裏の体重配分を確認
ゴール
足裏真ん中から踵よりに体重をかける
注意点
膝の曲げ具合に注意して構える
\ このドリルをこなそう /
足裏の体重配分どーなってる?
構えた際、踵体重、つま先体重、などの体重配分についてバランスの良い配分を習得する方法
2.【基本編】アドレスの重要ポイントその2
アドレス時のチェックポイントは細部に渡ります。ここではよりピンポイントな内容をチェックしていきましょう。
2-1.上半身の姿勢を確認
ゴール
左耳は中央、右肘は緩ませる
注意点
左耳の位置、突っ張った右肘に注意
\ このドリルをこなそう /
肩と右肘に注意でスライスを防止しよう!
アドレスの段階でミスショットが出る可能性を潰して、正しい方向に構えるポイントの確認方法。
2-2.正確なアライメント(方向取り)を確認
ゴール
目標方向に対して真っ直ぐ構えられる
注意点
右肘は適度に緩ませる
\ このドリルをこなそう /
真っ直ぐ目標に向けているのか確認しよう!
構えた時の、肩、腰、膝、つま先(かかと)各部がターゲット方向へ真っ直ぐ向く為のチェック方法
2-3.グリップの基本を確認
ゴール
違和感なくグリップできる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
グリップの基本
正しいグリップを習得する為の手順
2-4.グリップに慣れる
ゴール
違和感なく握れ、スイング出来る
注意点
しっくりこないまま打球練習を継続しない
\ このドリルをこなそう /
まず、グリップに慣れましょう!
ゴルフ初心者向けの、グリップしては何度も解いて握り直す事で、グリップに慣れる為の確認方法。
3.【実践編】アドレスのポイント全体を、通しで行い反復しよう
ここまで確認してきたアドレスの基本を一気に確認していきましょう。
3-1.ドライバーのスタンス幅を理解する
肩幅を跨ぐ広さを基準としましょう。
3-2.ボール位置を正しく理解する
全クラブを通して、左かかと内側線上にセットしましょう。
3-3.前傾角度に注意して構えを作る
右脇からの垂線が膝頭を通る様にしましょう。
3-4.足裏の体重配分に注意して構える
左右の体重配分は均等にし、足裏真ん中からかかと側に体重をかけていきましょう。
3-5.上半身の姿勢に注意する
左耳は中央に位置し、右肘は適度に緩ませましょう。
3-6.構えている向きに注意する
せっかく良いアドレスでも、目標方向に向いていなければ意味がありませんので、肩、腰、膝、つま先が真っ直ぐ向く様に注意して構えましょう。
3-7.グリップの基本を理解する
グリップを正しく握り、違和感なく握り慣れましょう。
11〜20日目