腕は使わず下半身の回転で飛ばしたい人が行うトレーニング法
このプログラムは、スイング中に腕でクラブの操作をイメージしたくない人向けの、下半身を主体としたスイング作りができる様に、メニュー構成されています。
練習期間:週1日以上の練習を3ヶ月間
ターゲット
ラウンド経験者、スコア90〜115の方
ゴール
下半身の回転をイメージしたスイングができる
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
1ヶ月
2ヶ月目
3ヶ月目
基本姿勢、動作を確認しよう
下半身主体のスイングをする為に必要なアドレス、グリップ、その他基本事項などをチェックしていきましょう。
ゴール
下半身を主にしたスイングに必要な基本の習得
やること
アドレス、グリップ、その他基本動作の確認
やらないこと
打球練習時の打感、弾道、飛距離の考察
練習目安
週1回以上、60分/30球/回
目次
1.これだけはおさえよう【アドレス編】
2.これだけはおさえよう【グリップ編】
3.これだけはおさえよう【スイング編】
4.【実践編】一連のスイング動作で動きを確認
1.これだけはおさえよう【アドレス編】
ますは、自身のアドレスが下半身主体のスイングに適しているか、基本を元に確認していきましょう。
1-1.スタンスをチェック
ゴール
ドライバーのスタンスを覚える
注意点
使用クラブに対して明らかに間違ったスタンスを取らない様、注意する
\ このドリルをこなそう /
スタンス幅の基準を知ろう!
適切なスタンスの考え方
1-2.ボールポジションをチェック
ゴール
迷わずボール位置が決められる
注意点
ボール位置の基準がズレない様に注意
\ このドリルをこなそう /
ボールポジションの考え方について
適切なボールポジションの考え方
1-3.前傾姿勢をチェック
ゴール
違和感なく構えられる
注意点
膝は最初から曲げないように注意
\ このドリルをこなそう /
前傾角度の取り方について
適切な前傾角度とボールとの距離についての考え方
1-4.上半身の姿勢をチェック
ゴール
左耳は中央、右肘は緩ませる
注意点
左耳の位置、突っ張った右肘に注意
\ このドリルをこなそう /
肩と右肘に注意でスライスを防止しよう!
アドレスの段階でミスショットが出る可能性を潰して、正しい方向に構えるポイントの確認方法。
2.これだけはおさえよう【グリップ編】
スイングにおいて非常に重要な役割を担うグリップ。ここでは、『グリップを変える』のではなく、スイング中にグリップが原因でエラーを起こしている場合、一般的なグリップのバリエーションの中で自身のグリップにマッチするものを試してみましょう。グリップは少し変えるだけでもスイングにもたらす影響はとても大きいので、あまり大袈裟に変えない様、一つ一つのグリップを確認してみましょう。
2-1.スクエアグリップの握り方
ゴール
違和感なくグリップできる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
グリップの基本
正しいグリップを習得する為の手順
2-2.フックグリップの握り方
ゴール
違和感なくボールが打てる様になる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
フックグリップの握り方
フックグリップの握り方について
2-3.ウィークグリップの握り方
ゴール
違和感なくボールが打てる様になる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
ウィークグリップの握り方
ウィークグリップの握り方について
2-4.インターロッキングの握り方
ゴール
違和感なくボールが打てる様になる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
スイングも変わる?インターロッキンググリップについて
グリップの基本とされているスクエアグリップに対して、応用とも言える握り方の一つ。(右打ちの場合)左手人差し指と右手小指を絡ませるグリップ方法。
2-5.ベースボールグリップの握り方
ゴール
違和感なくボールが打てる様になる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
様々なグリップを知ろう!ベースボールグリップ
ベースボールグリップの握り方、注意点を確認する方法。
3.これだけはおさえよう【スイング編】
次に、スイング動作の基本をおさえていきましょう。どれも大切な基本事項ですので、確実に行い、出来れば小まめにプロへの診断を挟みましょう。
3-1.クラブが真っ直ぐ引けているかチェック
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で手元とヘッドが重なる
注意点
真っ直ぐに上げる
\ このドリルをこなそう /
真っ直ぐ引けるテイクバックドリル
スイングの初期動作、テイクバックでクラブを真っ直ぐ引くためのドリル
3-2.正しいトップの位置をチェック
ゴール
トップの位置が理解できる
注意点
左肩が下がらない様に注意
\ このドリルをこなそう /
正しいトップオブスイング はこうやって作る!
クラブを上げたポジションが不安定な人向けの、正しいポジションを確認する方法
3-3.トップでのフェース面をチェック
ゴール
基本のスクエアなフェースができている
注意点
グリップに注意して行う
\ このドリルをこなそう /
トップでフェースの向きはどうなるのが正解?
クラブを上げたポジションでフェースコントロールが失われている人向けの、セルフチェック方法
3-4.ダウンスイングの目線をチェック
ゴール
アドレスとインパクトの頭の位置は変わらない
注意点
インパクト時は目線に注意
\ このドリルをこなそう /
ダウンスイング、ボールのどこ見てる?
クラブを振り下ろす際、頭や上半身が目標方向へ突っ込んでしまう人向けの、頭が残せる様になる練習法
3-5.フィニッシュの姿勢をチェック
ゴール
体重が左に乗った姿勢でフィニッシュ
注意点
右サイドに体重が残らない様に注意
\ このドリルをこなそう /
左に乗ったカッコいいフィニッシュの取り方
打ち終わった後に、体重が思うように左に乗らず、収まりの良いフィニッシュが取れない場合の、強制的に左へ体重を乗せる意識が持てる練習方法。
4.【実践編】一連のスイング動作で動きを確認
アドレス、グリップから各スイング動作まで、基本を確認して一連の動作で反復練習を行いましょう。尚、グリップに関しては過度な調整は行わず、特にプロに相談した上でスイング練習を行いましょう。
4-1.スタンス、ボールポジションをしっかり確認して構える
まずはドライバーを基準として、正しいスタンス幅、ボールポジションをチェックしましょう。
4-2.正しい前傾角度の作り方をチェックする
何気なく前傾角度を作らない様、しっかりと腰骨にクラブを当てがい前傾角度を作りましょう。慣れてきたら、スッと構えられる様になります。
4-3.上半身は斜め右に傾く
意外と出来ていない人が多いこのポイント。左耳が中央に来る様に意識して構えましょう。
4-4.様々なグリップを確認
スクエア、フック、ウィーク…等々自身のスイングイメージに合うものを、プロから的確な診断をもらいつつ慎重に見定めていきましょう。グリップに関しては、自分自身で大々的に変更する前に必ずプロの診断を挟む事を強くお勧めします。
4-5.ストレートテイクバック
シャフトに沿って、クラブヘッドがシャフトに沿う様に真っ直ぐ引いていきましょう。
4-6.正しいトップの位置を確認
グリップエンドがボールを差す様にトップはコンパクトにすると良いでしょう。
4-7.フェース面のチェック
トップでのフェース面を確認しましょう。スクエアを基準とし、自身のスイングエラーの理由がここにないかしっかり確認しましょう。
4-8.ビハインドザボール
ダウンスイングからインパクトにかけて、頭を右に残してインパクトしましょう。
4-9.左足体重のフィニッシュ
最初は素振りから、振ったら一本前に足を踏み出しましょう。慣れてきたら、ボールを打って同じ事を行いましょう。
2ヶ月目