『オーバースイング』と『シャフトクロス』に効く!シンプルスイングマスター決定版!
「オーバースイング」や「シャフトクロス」は、どちらもそれ自体が悪いものではありません。しかし、それらが原因となり多方面へのミスを誘発してしまい兼ねません。このプログラムでは、そんな長年?トップオブスイングの形に悩まされてきた方々を救うべく、シンプルスイングをマスター出来る様に、メニュー構成されています。動きの改善が見られるタイミングが遅い場合、3ヶ月以上の実施を推奨します。
練習期間:週2回以上の練習を3ヶ月間、又は動作が改善するまでの間
ターゲット
『オーバースイング』『シャフトクロス』に悩んでいる方
ゴール
『オーバースイング』又は『シャフトクロス』の改善
使用するクラブ
ドライバー
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
『オーバースイング』『シャフトクロス』の原因を探ろう
ただ闇雲に直そうと練習しても、非効率的なものになってしまいます。ここでは、基本と照らし合わせ、自身のどこに原因があるのかを確認していきましょう。あまりボールを打ち過ぎず、まずは動きの確認をメインに行いましょう。
ゴール
『オーバースイング』『シャフトクロス』の原因を知る
やること
スイングの主要な姿勢、動作のチェック
やらないこと
打球練習時の打感、弾道、飛距離の考察
練習目安
週2回以上、60分/30球/回
目次
1.【チェックその1】アドレス〜バックスイング編
2.【チェックその2】トップオブスイング編
3.【実践編】一連の動作で確認
1.【チェックその1】アドレス〜バックスイング編
スイングの始動からバックスイングにかけての基本の確認をします。ここで、違和感のある動作、ズレなどを確認していきましょう。
1-1.グリップを確認する
ゴール
違和感なくグリップできる
注意点
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)に
\ このドリルをこなそう /
グリップの基本
正しいグリップを習得する為の手順
1-2.目標に真っ直ぐむく
ゴール
目標方向に対して真っ直ぐ構えられる
注意点
右肘は適度に緩ませる
\ このドリルをこなそう /
真っ直ぐ目標に向けているのか確認しよう!
構えた時の、肩、腰、膝、つま先(かかと)各部がターゲット方向へ真っ直ぐ向く為のチェック方法
1-3.クラブを真っ直ぐ引く
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で手元とヘッドが重なる
注意点
真っ直ぐに上げる
\ このドリルをこなそう /
真っ直ぐ引けるテイクバックドリル
スイングの初期動作、テイクバックでクラブを真っ直ぐ引くためのドリル
1-4.フェースはスクエアに上げる
ゴール
シャフトと地面が平行になった所でフェースの向きがスクエアになっている
注意点
クラブを引くときはゆっくりと行う
\ このドリルをこなそう /
テイクバック時のフェースコントロールドリル
クラブを上げる際、フェースのコントロールが出来ない人向けの、正しい動作を確認するためのドリル
1-5.スウェーしていないかの確認
ゴール
「Vの字」ができる
注意点
左肩を下げない事、左腰を動かさない事
\ このドリルをこなそう /
スウェー防止ドリル
クラブを上げる際、上スウェーしてしまう人向けの、身体の左右動を無くすためのドリル
2.【チェックその2】トップオブスイング編
ここでは、トップオブスイングにおける基本の確認をします。前項同様に、違和感のある動作、ズレなどを確認していきましょう。
2-1.トップオブスイングの位置を確認
ゴール
トップの位置が理解できる
注意点
左肩が下がらない様に注意
\ このドリルをこなそう /
正しいトップオブスイング はこうやって作る!
クラブを上げたポジションが不安定な人向けの、正しいポジションを確認する方法
2-2.トップでのフェース向きをチェック
ゴール
基本のスクエアなフェースができている
注意点
グリップに注意して行う
\ このドリルをこなそう /
トップでフェースの向きはどうなるのが正解?
クラブを上げたポジションでフェースコントロールが失われている人向けの、セルフチェック方法
2-3.肩の回転量を確認
ゴール
左肩が右足内側上に来る
注意点
左腰が目標反対方向に流れないように注意
\ このドリルをこなそう /
浅〜いトップを深くするには?
クラブを上げたポジションで肩の回転が少なくトップが浅い人向けの、身体の動かし方を覚える方法
3.【実践編】一連の動作で確認
スイングの始動からトップオブスイングにかけての基本動作を一連の動きで確認します。違和感のある動作、ズレなどを確認していきましょう。もしも不明点が出てきたら、プロに診断してもらい、自身の癖の特徴をしっかり掴みましょう。
3-1.アドレスをしっかり取る
主にグリップ、構えている向きをチェックします。その他にも気になる点があった場合は、プロに相談しましょう。
3-2.真っ直ぐクラブを引く
クラブを真っ直ぐに引けているか、クラブシャフトなどを置いてそれにクラブヘッドが沿って上げられているかを確認しましょう。
3-3.スクエアフェースなテイクバックを確認する
クラブフェース面、バックフェースでボールを飛球線後方へと押していきましょう。ゆっくりスピードを出さない様に注意しながら行いましょう。
3-4.スウェー動作に注意する
左肩が下に下がる様な動きにならない様に注意しながら動かしましょう。
3-5.トップの位置を確認する
トップの位置は様々ですが、標準的なトップオブスイングの位置を確認しましょう。
3-6.スクエアフェースなトップオブスイングを確認する
トップオブスイングでのフェース向きを確認しておきましょう。スクエアになっている事が基本ですが、こちらも様々なケースが存在します。自身のスイングの状態により、調整が必要か否かが決まりますので、判断に迷ってしまう場合は、プロから診断をもらいましょう。
3-7.トップの肩の回転量は適切か確認する
腕に頼ってクラブを上げていないか、ここでしっかり確認しましょう。左肩が右足内側上にくる様に意識しましょう。
2ヶ月目