『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』改善プログラム
いずれも共通する原因があります。このプログラムは、そんな《トップオブスイング3大悩み事》を解消できる様にメニュー構成されています。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#オーバースイング
#シャフトクロス
#トップオブスイング
#フライングエルボー
ターゲット
『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』に悩んでいる方
ゴール
『オーバースイング』『シャフトクロス』『リバースピボット』の改善
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
メニュー1
メニュー2
メニュー3
初級メニュー
ただ闇雲に直そうと練習しても、非効率的なものになってしまいます。ここでは、基本と照らし合わせ、自身のどこに原因があるのかを確認していきましょう。あまりボールを打ち過ぎず、まずは動きの確認をメインに行いましょう。
ゴール
ミスの原因を知る
やること
スイングの主要な姿勢、動作のチェック
やらないこと
打球練習時の打感、弾道、飛距離の考察
目次
トップオブスイングの基本チェック
トップオブスイングの基本チェック
シャフトクロスやオーバースイング、リバースピボットなどの動きは、スイングしながら修正する事は、いくら上級者と言えども、スイングの基本を完全にマスターしていない人ではとても難しいです。まずは正しいトップオブスイングを確認しながら、簡易的なドリルを行ってみましょう。
1-1.リバースピボットを改善
ゴール
トップで左脇腹に適度な張りを感じ、左膝の位置は極力変えない様にしましょう。
注意点
左肩が下に下がると、リバースピボットを誘発してしまいます。注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.リバースピボットを改善
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
1-2.正しいトップの位置を確認する
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
左肩が下に下がると、軸が乱れてスイングの安定感を欠いてしまいますので、この動きには注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.正しいトップの位置を確認する
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
1-3.姿勢を確認しながらトップを作る
ゴール
左肩が右足内側上に来る様なトップを作りましょう。
注意点
クラブシャフトが斜めになる、あるいは左腰が目標反対方向に大きく流れると、この様に肩が回らず正しい捻転が行われません。
\ このドリルをこなそう /
1-3.姿勢を確認しながらトップを作る
手順6コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
1-4.オーバースイングしない位置からのスイング
ゴール
トップから反動を付けずにゆったり振り下ろして、フィニッシュまでバランス良く振り抜きましょう。
注意点
『振りづらい』と感じれば感じる人ほど、オーバースイングが根付いていると言えます。ダウンスイングに入る際、反動をつけがちなので気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.オーバースイングしない位置からのスイング
手順1コマ目で、おおよそのトップの高さを確認し、しっかり止まった状態からスイングしましょう。
1-5.力まずにトップを作る
ゴール
トップで不自然に力が入る、又はバランスを崩す事無く、スムーズにスイングしましょう。
注意点
脱力する際、左腕を極端に曲げたり(画像左下)、クラブヘッドが大きく垂れてしまったり(画像右下)しない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.力まずにトップを作る
トップでどこにグリップが当たるのか、手順5コマ目を見て、左手親指の腹(青線部分)にグリップを乗せる感覚を意識しましょう。
メニュー2
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます