寄せワン!ベタピン!スコアに響く!アプローチ完全マニュアル!
このプログラムでは、未経験者から経験者までを対象に、アプローチの基本要素が学べる内容に、メニュー構成されています。
練習期間:週2日以上の練習を3ヶ月間
#ショートゲーム
#距離の打ち分け
#サンドウェッジ
#アプローチ
#ロブショット
#バンカー
#アプローチの距離感
ターゲット
全ゴルファー
ゴール
アプローチ全般のマスター
使用するクラブ
ショートアイアン、ウェッジ
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
アプローチの基本を身に付けよう
まずは、アプローチの基本となる構え方、打ち方を身に付けましょう。また、ここでは、初歩的なアプローチしか行いませんが、自身がどのくらいの飛距離を飛ばしているのか、ある程度把握しながら練習していきましょう。
ゴール
アプローチの基本が理解できる
やること
基本の構え方と打ち方
やらないこと
フルスイング
目次
1.【基本編】アプローチショットの構え方
2.【基本編】アプローチを打ってみよう
3.【実践編】動作を反復して、自身の飛距離を把握しよう
1.【基本編】アプローチショットの構え方
アプローチの構え方を確認しましょう。目標に対して真っ直ぐ構える事に関しては、全ショットを通して変わりはありませんが、特に短い距離を打つアプローチではその精度が重要です。
1-1.グリップの確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
フェースの向きですが、(左)クローズ、(真ん中)スクエア、(右)オープンとなり、グリップする際は、特殊な状況下でない限り、スクエアな状態で握る様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.グリップの確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-2.構え方の基本
ゴール
アプローチの基本的な構え=《左足体重で構える》を理解しましょう。
注意点
手元だけがハンドファーストになるのではなく、体重もしっかりと左に乗せましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.構え方の基本
手順3〜4コマ目を見て、必ず鏡または動画撮影するなどして構えの確認をしてから練習しましょう。ボールに上手く当たらなくても気にせずに、構えに集中しましょう。
1-3.シャンクしない様に注意
ゴール
インパクトで右膝がシャフトの垂直線上(青線)よりボール側に出ない様にしましょう。
注意点
おおよそ20〜30y前後のアプローチでは、振り幅も小さく、それに伴い体の動きも最小限になります。下半身が反時計回りに回ってしまったり、右膝がスタンス側に置いてあるシャフトの垂直線上からボール側へ出てしまうと、シャンクの危険性が高まりますので、注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.シャンクしない様に注意
手順4〜5コマ目の姿勢を確認して、クラブが置いてある事を意識し過ぎないようにしましょう。それでもシャンクが止まらない場合、一旦素振りを多めに行いましょう。
2.【基本編】アプローチを打ってみよう
アプローチでは、ボールを転がしてカップに近付けて行く事が基本となります。まずは基本となる構え、打ち方をマスターし、その中で自身の飛距離がどのくらいなのか、ある程度把握しながら練習していきましょう。(遠くへ飛ばす必要はありません)
2-1.構え方の確認
ゴール
アプローチの基本的な構え=《左足体重で構える》を理解しましょう。
注意点
手元だけがハンドファーストになるのではなく、体重もしっかりと左に乗せましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.構え方の確認
手順3〜4コマ目を見て、必ず鏡または動画撮影するなどして構えの確認をしてから練習しましょう。ボールに上手く当たらなくても気にせずに、構えに集中しましょう。
2-2.基本の打ち方を覚える
ゴール
胸の前の三角形が崩れないインパクトと、距離感を掴みましょう。
注意点
インパクト前に、顔や上体が目標方向へ向かってしまうと、トップやダフリなどのミスに繋がってしまうので、インパクトを終えるまでは、ボールから目を離さないように特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.基本の打ち方を覚える
手順2コマ目で振り幅を確認し、4コマ目でスイング中のポイントを確認しましょう。ボールに上手く当たらなくても良いので、胸の前の三角形を維持する事を優先しましょう。
2-3.右手首の角度を変えない
ゴール
インパクト直後に静止して、右手首の角度が崩れていない様にしましょう。
注意点
左へ引っ掛ける、トップする、ダフるなど、様々なミスを誘発するので、正しいフォロースルーの形をよく確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.右手首の角度を変えない
手順1コマ目でしっかりこのドリルの構え方を確認し、6〜7コマ目のこのドリルポイントを入念にチェックしましょう。
2-4.フィニッシュの大きさに注意
ゴール
50y前後のコンパクトスイングのアプローチで、フィニッシュを小さく作りましょう。
注意点
アプローチショットでは、画像右側の様なフルスイングのフィニッシュはとりません。この様な形になってしまっている人は、まずフィニッシュの大きさの認識を変える事が大切です。
\ このドリルをこなそう /
2-4.フィニッシュの大きさに注意
手順3〜4コマ目で、振り幅に応じたフィニッシュの大きさを意識しましょう。打球結果に囚われ過ぎると、ドリルの本質を失ってしまいます。
3.【実践編】動作を反復して、自身の飛距離を把握しよう
まずは、アプローチの基本ショットで、自分の飛距離がどれくらい飛ぶのか、しっかりと把握しましょう。ここでは、遠くに飛ばす事が目的ではなく、一定の距離を安定して打ち続けられる事に意味があります。
3-1.アプローチでも基本グリップをチェック
アプローチショットこそ、特に違和感の無いグリップが必要となります。毎回同じフィーリングでグリップできる様にしておきましょう。
3-2.基本姿勢を確認する
左足体重、ややハンドファーストで構えましょう。アプローチの構え方については諸説ありますが、まずは基本に沿って構えられる様にしましょう。
3-3.三角形キープ
胸の前の三角形キープを意識して、一定のスイングができる様に反復しましょう。
3-4.小文字「y」のインパクトを徹底する
アプローチ全般、インパクト付近で手首が緩むことは好ましくありません。打った直後まで右手首の角度をしっかりキープして、形を確認しておきましょう。
2ヶ月目
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます