フォロースルーの左肘を徹底的に伸ばしてかっこいいスイングに!
ゴルフスイングの習得項目の中でも、特に気にされる事の多い『フォロースルーでの左肘の引け』について。このプログラムでは、そんなフォロースルーに重点を置き、克服出来る様に、プログラムされています。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月間
ターゲット
スコア100前後、スコアよりもスイングの見た目にこだわっている方
ゴール
左肘の伸びたカッコいいフォロースルーが出来るスイングの習得
使用するクラブ
ショートアイアン、ドライバー
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
正しいフォロースルーの姿勢を覚えよう
まずは形から入る、というわけではありませんが、正しい姿勢を知らなければ、自主練習も難しくなってしまいます。ここでは、フォロースルーの正しい姿勢や、細かい腕の形などに拘って練習していきます。
ゴール
正しい姿勢を理解する
やること
体、腕のポジション各部のチェック
やらないこと
フルスイング、打球結果の考察
練習目安
週1回以上、60分/30球/回
目次
1.正しい姿勢の確認をする
2.インパクト時の姿勢に気を付けて練習する
3.【実践編】インパクト、フォロースルーの動作を繋げて一連の動きを確認しよう
1.正しい姿勢の確認をする
ここでは、フォロースルーの姿勢から、腕がどの様に伸びているべきかの確認をしていきます。
1-1.スイングの基盤の動きを確認する
ゴール
下半身先行の動きがイメージできる
注意点
バランスを崩さない様に注意する
\ このドリルをこなそう /
自宅でできる!スイングの基盤を作るドリル!
何も持たずに、直立から体を回転させ、スイングの基本動作を覚えるための練習法
1-2.フォロースルーの姿勢を確認する
ゴール
クラブなし/あり、ボールを打つ、それぞれ同じ姿勢ができる
注意点
終始、体重を左に乗せる
\ このドリルをこなそう /
フォロースルーの姿勢を確認する方法!
クラブを持たずにフォロースルーで腕の伸びた姿勢を作る事ができる簡単な姿勢確認ドリル。
1-3.クラブを振って確認する
ゴール
頭の位置がブレない
注意点
下半身の体重移動を意識する
\ このドリルをこなそう /
フォロースルーの基本姿勢を覚えよう!
スイングの基本姿勢の中で、ボールを打った後のフォロースルーの姿勢を覚えるためのドリル
2.インパクト時の姿勢に気を付けて練習する
フォロースルーに意識が行きがちですが、実は一つ手前の動作『インパクト』にも重要な動きが隠されています。ここでは、打球練習を行いますが、打球数は少なく2、3球に1回は素振りでも良いので、動作の回数をこなしましょう。
2-1.頭が動かないインパクト動作を意識する
ゴール
トップからインパクト動作で頭の位置が変わらない
注意点
アドレスからトップの姿勢作りで、左肩が右足内側上にくる
\ このドリルをこなそう /
自宅でできる!トップからダウンにかけての頭不動ドリル!
トップからインパクトにかけての動作で、頭を壁にくっ付けながら動く事で上体のブレを無くすその感覚を養い、スイング動作に染み込ませる練習法
2-2.正しいフォローの前に正しいインパクトを理解する
ゴール
インパクト直後に右手首の角度が崩れずにキープ出来ている
注意点
フォロースルーの形に注意する
\ このドリルをこなそう /
ハンドファーストは小文字のyでOK!
ボールに当たった瞬間、手首の角度が解けタメがなくなっている人向けの、手元先行のハンドファーストに打てる様になるドリル
2-3.右手で押すイメージを持つ
ゴール
インパクト直後に右手首の角度が崩れずにキープ出来ている
注意点
終始右手首の形に注意
\ このドリルをこなそう /
インパクトで右手を使おう!
インパクトで手首を使って、手打ちになってしまう人向けの、ハンドファーストに上から打ち込める様になる練習方法。
3.【実践編】インパクト、フォロースルーの動作を繋げて一連の動きを確認しよう
ここでは前項までの練習を、より効果的に行える様に一連の動きを繋げて確認します。
3-1.スイング動作の確認をする
クラブを持たなくても、スイングを想定して下半身先行のイメージを持って動きましょう。
3-2.インパクトでの頭の位置に注目する
アドレスからトップ動作で、左肩が右足内側上にくる事を意識したら、その後トップからインパクト動作で頭の位置が変わらない様にしましょう。
3-3.フォロースルーの姿勢をピンポイントに確認する
終始、体重を左に乗せて、フォロースルーの姿勢をしっかりと確認しましょう。
3-4.小文字の『y』の字を意識したインパクトを徹底する
インパクト直後に右手首の角度が崩れずにキープして、腕の伸びたフォロースルーへと繋げていきましょう。
3-5.右肘を下に向かって伸ばす意識を持つ
前項に同じく、ここでも終始右手首の角度に注意します。
3-6.頭とヘッドが引っ張り合う
しっかりと下半身の体重移動を意識して、頭の位置がブレずにフォロースルーの姿勢を作りましょう。そうする事で、頭とヘッドが引っ張り合う様なイメージが作れます。
2ヶ月目