󰒗
フォロースルーで肘を伸ばしてかっこいいスイングに!
ゴルフスイングの習得項目の中でも、特に気にされる事の多い『フォロースルーでの左肘の引け』について。このプログラムでは、そんなフォロースルーに重点を置き、克服出来る様に、プログラムされています。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月間
#左肘の引け
#フォロースルー
#左肘
#右肘
#フォローの肘
#肘の引け
#フォロースルーの姿勢
#チキンウイング
#フォロースルーの肘
󰀎
ターゲット
スコア100前後、スコアよりもスイングの見た目にこだわっている方
󰙴
ゴール
左肘の伸びたカッコいいフォロースルーが出来るスイングの習得
󰠣
使用するクラブ
ショートアイアン、ドライバー
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
正しいフォロースルーの姿勢を覚えよう
まずは形から入る、というわけではありませんが、正しい姿勢を知らなければ、自主練習も難しくなってしまいます。ここでは、フォロースルーの正しい姿勢や、細かい腕の形などに拘って練習していきます。
ゴール
正しい姿勢を理解する
やること
体、腕のポジション各部のチェック
やらないこと
フルスイング、打球結果の考察
目次
1.正しい姿勢の確認をする
2.インパクト時の姿勢に気を付けて練習する
3.【実践編】インパクト、フォロースルーの動作を繋げて一連の動きを確認しよう
1.正しい姿勢の確認をする
ここでは、フォロースルーの姿勢から、腕がどの様に伸びているべきかの確認をしていきます。
1-1.スイングの基盤の動きを確認する
ゴール
下半身(腰から下)が先行する様な動作を意識しましょう。
注意点
上半身だけが動いて体重移動がなかったり、バランスを崩したりしない様に注意して、自身のバランスが取れる位置を探しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.スイングの基盤の動きを確認する
手順5コマ目の体のバランスは、スイングの動きそのままですので、しっかり確認しましょう。
1-2.フォロースルーの姿勢を確認する
ゴール
素振りでも打球スイングでも、同様の姿勢が出来る様に繰り返しましょう。
注意点
このドリルでは終始しっかり体重を左に乗せるようにします。最後の姿勢を取るまでしっかり乗せ続けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.フォロースルーの姿勢を確認する
手順3〜4コマ目を特に注意して、姿勢や腕のポジションをよく確認しましょう。
1-3.クラブを振って確認する
ゴール
フォロースルーで頭の位置が変わらない様にしましょう。
注意点
クラブを振っていく際、目標方向とは反対に腰が引けると、目標方向へ突っ込みやすくなってしまうので、下半身の体重移動を意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.クラブを振って確認する
手順3〜4コマ目でドリルのポイントをしっかり確認して1回1回丁寧に練習しましょう。
2.インパクト時の姿勢に気を付けて練習する
フォロースルーに意識が行きがちですが、実は一つ手前の動作『インパクト』にも重要な動きが隠されています。ここでは、打球練習を行いますが、打球数は少なく2、3球に1回は素振りでも良いので、動作の回数をこなしましょう。
2-1.頭が動かないインパクト動作を練習
ゴール
スイング中、トップからダウン、インパクトにかけて頭の位置が変わらない様にしましょう。
注意点
最初にバックスイング動作を間違えてしまうと、クラブを上げる際に体が目標反対方向に動いてしまうなど、軸のブレに繋がってしまうので注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.頭が動かないインパクト動作を練習
手順1コマ目のバックスイング動作が理解できていないと、二度手間になってしまうので、しっかり確認しましょう。
2-2.インパクトの姿勢を確認
ゴール
コックでできた手首の角度とフェースの向きが一切変わらずに、インパクトの姿勢を取りましょう。
注意点
このドリルで一番注意すべきは、手や上体だけでインパクトを作りにいかないことです。フォームがアンバランスになるだけでなく、スライスやシャンクを誘発してしまいます。
\ このドリルをこなそう /
2-2.インパクトの姿勢を確認
手順1コマ目のコック動作と、3コマ目のクラブを上げる方向をしっかりおさえましょう。分からない場合は、動画に撮るか鏡に映して確認しましょう。
2-3.正しいフォローの前に正しいインパクトを練習
ゴール
インパクト直後に静止して、右手首の角度が崩れていない様にしましょう。
注意点
左へ引っ掛ける、トップする、ダフるなど、様々なミスを誘発するので、正しいフォロースルーの形をよく確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.正しいフォローの前に正しいインパクトを練習
手順1コマ目でしっかりこのドリルの構え方を確認し、6〜7コマ目のこのドリルポイントを入念にチェックしましょう。
2-4.アプローチもかねて練習
ゴール
胸の前の三角形が崩れないインパクトと、距離感を掴みましょう。
注意点
インパクトを終えるまでは、顔や上体がボールから離れないように特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.アプローチもかねて練習
手順2コマ目で振り幅を確認し、4コマ目でスイング中のポイントを確認しましょう。ボールに上手く当たらなくても良いので、胸の前の三角形を維持する事を優先しましょう。
3.【実践編】インパクト、フォロースルーの動作を繋げて一連の動きを確認しよう
ここでは前項までの練習を、より効果的に行える様に一連の動きを繋げて確認します。
󰁌
3-1.スイング動作の確認をする
クラブを持たなくても、スイングを想定して下半身先行のイメージを持って動きましょう。
󰁌
3-2.インパクトでの頭の位置に注目する
アドレスからトップ動作で、左肩が右足内側上にくる事を意識したら、その後トップからインパクト動作で頭の位置が変わらない様にしましょう。
󰁌
3-3.フォロースルーの姿勢をピンポイントに確認する
終始、体重を左に乗せて、フォロースルーの姿勢をしっかりと確認しましょう。
󰁌
3-4.小文字の『y』の字を意識したインパクトを徹底する
インパクト直後に右手首の角度が崩れずにキープして、腕の伸びたフォロースルーへと繋げていきましょう。
󰁌
3-5.右肘を下に向かって伸ばす意識を持つ
前項に同じく、ここでも終始右手首の角度に注意します。
󰁌
3-6.頭とヘッドが引っ張り合う
しっかりと下半身の体重移動を意識して、頭の位置がブレずにフォロースルーの姿勢を作りましょう。そうする事で、頭とヘッドが引っ張り合う様なイメージが作れます。
2ヶ月目
󰁔
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます