飛距離アップトレーニング
このプログラムは、飛距離アップに欠かせない技術を身に付けられる様にメニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月間
#飛距離アップ
#ヘッドスピード
#タメ
ターゲット
10回以上のラウンド経験者全般、飛距離にこだわりたい方
ゴール
今より最低5〜10yの飛距離アップ
使用するクラブ
ドライバー、Sw
メニュー1
メニュー2
メニュー3
アドレス、バックスイング、トップオブスイング動作を確認
アドレス、バックスイング、トップにおいて、飛距離を出す上で重要な要素をチェックします。
ゴール
正しいアドレス、バックスイング、トップオブスイング の動作をマスター
やること
アドレス、バックスイング、トップオブスイング時の正しい動作確認
やらないこと
打球練習時の打感、弾道考察
目次
アドレスをチェック
バックスイングをチェック
トップオブスイング をチェック
素振り&捻転差
アドレスをチェック
まず基本となるアドレスですが、飛距離アップの為に最低限おさえておきたいボールポジションとスタンス幅をチェックしましょう。
1-1.アドレスのチェック(正面)
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.アドレスのチェック(正面)
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-2.アドレスのチェック(後方)
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合が崩れてしまうと、構えた際右肩が前方に出て、肩のラインが左方向を向きやすく、スイングそのものが安定しなくなってしまうので、特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.アドレスのチェック(後方)
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-3.飛距離アップに効果的なアドレス
ゴール
画像右側の様な姿勢のアドレスを、無意識にとれる様にしましょう。
注意点
構え始めで、画像の様にグリップエンドが自分の体の中心を指している人は、スタートからハンドファーストインパクトをむかえづらい構えとなってしまいます。注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.飛距離アップに効果的なアドレス
手順2〜4コマ目をよく確認し、素振りを多めに行った後で、ボールを打ちましょう。
1-4.グリップの確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
フェースの向きですが、(左)クローズ、(真ん中)スクエア、(右)オープンとなり、グリップする際は、特殊な状況下でない限り、スクエアな状態で握る様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.グリップの確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
バックスイングをチェック
正しい姿勢でバックスイングを行うには、いくつかのポイントを抑える必要があります。体全体が大きく流れる「スウェー」をしてしまっている人は、このドリルで徹底的に直していきましょう。スイング序盤のこの動きはとても大切です。
2-1.スウェーを防止
ゴール
トップの形を作った時、アドレス時の左腰位置に引いた垂線と背中でVの字を作りましょう。
注意点
壁から左腰が離れてしまう方は、今一度バックスイングでの肩の動かし方を確認してみましょう。左肩が下に下がったりしていると、実はスウェーしやすい動きとなってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
2-1.スウェーを防止
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
2-2.クラブが真っ直ぐ引けているかチェック
ゴール
シャフトと地面が平行になったところで、手元とクラブヘッドが重なるようにしましょう。
注意点
設置したアライメントスティック、又はクラブよりも奥側に上がってしまった場合(左上)は、『アウトサイドテイクバック』となり、所謂『外側に上がった状態』です。対照的に、手前側に上がってしまった場合(右下)は、『インサイドテイクバック』となり『内側に上がった状態』です。後の動きに影響が出てくるので、『真っ直ぐ引く』ことが基本となります。
\ このドリルをこなそう /
2-2.クラブが真っ直ぐ引けているかチェック
ボールを打つと直ぐに癖が出るので、改善するまでは並行してドリルも繰り返しましょう。
2-3.テイクバックでのフェース面をチェック
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で、フェース面を『スクエア』にしましょう。
注意点
クラブを引いていく際に、スピードをつけすぎると、フェースをコントロール出来ません。ゆっくり慎重に上げるようにしましょう。後方へボールが転がるので、周囲に気を付けながら行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.テイクバックでのフェース面をチェック
手順4コマ目のフェースの向きをしっかり確認しましょう。
2-4.肩をしっかり入れる
ゴール
左肩がしっかりと右足の内側上に来る様にしましょう。
注意点
左肩が下に下がる様な動きをされている方は、左腰も矢印方向に動いてしまい、軸がぶれる『スウェー』も誘発しやすくなります。肩に当てがったクラブのシャフトが傾かないように注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.肩をしっかり入れる
実際にスイングすると、イメージが湧かない可能性があるので、必ず鏡などで自分の動きを確認しましょう。
トップオブスイング をチェック
トップオブスイング で上体が反り上がる「リバースピボット」になってしまっている人は、飛距離ロスだけでなくミート率も低下させてしまいますので、その動きを取り除きましょう。
3-1.トップの位置をチェック
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
上半身を回転させる際、画像右の様に左肩が下に下がると、軸が乱れ、スイングの安定感を欠いてしまいます。画像左の様に左肩はしっかりと横移動を意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-1.トップの位置をチェック
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
3-2.トップで力んでいないかのチェック
ゴール
トップから反動を付けずにゆったり振り下ろして、フィニッシュまでバランス良く振り抜きましょう。
注意点
ダウンスイングに入る際、反動をつけがちなので、気を付けましょう。『振りづらい』と感じれば感じる人ほど、オーバースイングが根付いていると言えますので、この練習を慎重に行いましょう。ゆっくり振り下ろすのがポイントです。
\ このドリルをこなそう /
3-2.トップで力んでいないかのチェック
手順1コマ目で、おおよそのトップの高さを確認し、しっかり止まった状態からスイングしましょう。
3-3.トップでのフェース面をチェック
ゴール
胸の正面に手元を移動させ、フェースがスクエアになっている状態を作りましょう。
注意点
どうしてもスクエアにならない人は、グリップが極端にずれていないかチェックしてみましょう。①フックグリップ=閉じやすい=左に飛びやすい②ウィークグリップ=開きやすい=右に飛びやすい③スクエア=真っ直ぐ(適正)=真っ直ぐ飛びやすい
\ このドリルをこなそう /
3-3.トップでのフェース面をチェック
正しくグリップした上で、手順3〜4コマ目の手順でしっかりフェース面を確認し、自身の特徴を掴んでおきましょう。
3-4.深いトップを作る
ゴール
左肩が右足内側上に来る様なトップを作りましょう。
注意点
クラブシャフトが斜めになる、あるいは左腰が目標反対方向に大きく流れると、この様に肩が回らず正しい捻転が行われません。
\ このドリルをこなそう /
3-4.深いトップを作る
手順6コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
素振り&捻転差
ヘッドスピードを上がる為の強化素振りに加え、飛距離には欠かせない捻転差ドリルも合わせて行っていきましょう。
4-1.クラブ逆さ素振りで素早くスイング
ゴール
身体の中心よりも左サイドでビュツと強い音がなるようにしましょう。
注意点
クラブを逆さに持つと、ついつい手先で上げがちになるのでしっかりと肩を回しましょう。
\ このドリルをこなそう /
4-1.クラブ逆さ素振りで素早くスイング
クラブを逆さまに持つ際、手順1コマ目をしっかりと確認し、手順5コマ目の様にしっかりフィニッシュまで振り抜いてください。
4-2.捻転差を意識してボディーターン
ゴール
インパクトの体勢で、しっかり腰と肩の捻転差を意識しましょう。
注意点
フォロースルーの体勢ギリギリまで、頭を残す様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
4-2.捻転差を意識してボディーターン
手順6コマ目が特に重要な捻転差のイメージですので、しっかり確認して行いましょう。
メニュー2