飛距離アップトレーニング決定版!
このプログラムは、これから先継続してパフォーマンスを出し続けられる様に、飛距離アップに欠かせない技術を身に付けられる様に、メニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月間
ターゲット
10回以上のラウンド経験者全般、飛距離にこだわりたい方
ゴール
今より最低5〜10yの飛距離アップ
使用するクラブ
ドライバー、Sw
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
飛距離アップに欠かせない構え方、身体の使い方をチェック
アドレス、バックスイングからトップにおいて、飛距離を出す上で重要な要素をチェックします。まずは飛距離ではなく、体の各部や動かし方などといった所に重点を置きます。
ゴール
正しいアドレス、バックスイング、トップオブスイング での各部のポジション、動作をマスター
やること
アドレスでのスタンスとボールポジションの確認、バックスイング、トップオブスイング時の正しい動作確認
やらないこと
打球練習時の打感、弾道考察
練習目安
週1回以上、60分/50球以上/回
目次
1.【基本編】アドレスをチェック
2.【基本編】バックスイングをチェック
3.【基本編】トップオブスイング をチェック
4.【強化編】 素振り
5.【実践編】一連の動きを反復しよう
1.【基本編】アドレスをチェック
まず基本となるアドレスですが、飛距離アップの為に最低限おさえておきたいボールポジションとスタンス幅をチェックしましょう。
1-1.正しいスタンスをチェック
ゴール
ドライバーのスタンス幅が迷わず決められる
注意点
使用クラブに対して明らかに間違ったスタンスを取らない様、注意する
\ このドリルをこなそう /
スタンス幅の基準を知ろう!
適切なスタンスの考え方
1-2.ボールポジションをチェック
ゴール
どのクラブを持っても、迷いなくボール位置を決めることが出来る
注意点
ボール位置の基準がズレないように注意
\ このドリルをこなそう /
ボールポジションの考え方について
適切なボールポジションの考え方
2.【基本編】バックスイングをチェック
正しい姿勢でバックスイングを行うには、いくつかのポイントを抑える必要があります。体全体が大きく流れる「スウェー」をしてしまっている人は、このドリルで徹底的に直していきましょう。スイング序盤のこの動きはとても大切です。
2-1.理想的なバックスイングを取る練習(屋内練習可)
ゴール
「Vの字」ができる
注意点
左肩を下げない事、左腰を動かさない事
\ このドリルをこなそう /
スウェー防止ドリル
クラブを上げる際、上スウェーしてしまう人向けの、身体の左右動を無くすためのドリル
3.【基本編】トップオブスイング をチェック
トップオブスイング で、上体が反り上がる「リバースピボット」になってしまっている人は、飛距離ロスだけでなくミート率も低下させる、或いはそのリスクを高めてしまっていますので、前項に引き続き、その動きを取り除きましょう。また、日頃から飛距離にこだわっている人も、ここで自身のスイングの癖などがないか注意して練習して下さい。
3-1.理想的なトップオブスイング を作る練習
ゴール
フィニッシュまでバランスよく振り抜ける
注意点
反動をつけないように注意
\ このドリルをこなそう /
オーバースイングとはこれでおさらばしよう!
腰の高さでトップを作り、そこからフルスイングする練習方法。
4.【強化編】 素振り
単に素振りと聞くと「なんだ振るだけか」と疎かにしがちな素振りですが、やりようによってはいくらでも効果を発揮してくれます。ただし、それなりに回数は必要としますので、地道と言えば地道です。ここでは4つの素振りを紹介します。非常に効果的なものばかりですので、練習の前後、合間などに取り入れましょう。
4-1.ノーマル素振り
ゴール
10回中、10回ティーを打つ
注意点
ダウンスイングで上体が突っ込んだり、フィニッシュで右足に体重が残らない様に注意
\ このドリルをこなそう /
素振りをすればするほどスイングは綺麗に!
素振りでティーの空打ちをし、インパクト付近に意識を置き、フィニッシュまで力強く振り抜くイメージで素振りをして、スイングを固める練習。
4-2.逆さ素振り
ゴール
身体の中心よりも左で音がなる
注意点
クラブを手先で上げずにしっかり肩を回す
\ このドリルをこなそう /
ヘッドスピードを速くする簡単な方法!
インパクトの際、ヘッドスピードが出ていない人向けの、素振りでヘッドスピードを出させる為のドリル
4-3.左手一本素振り
ゴール
身体の中心よりも左で音がなる
注意点
腕の力に頼ったスイングではなくしっかりと下半身先行を意識
\ このドリルをこなそう /
左手一本素振りでヘッドスピードアップ!
左手一本でクラブを逆さまに持ち、下半身の動きを主体として素振りを行い、ヘッドスピードを上げていく練習。
4-4.アイアン逆さ素振り
ゴール
右脇が締まり、左腕とクラブシャフトでほぼ90度の角度が作られる
注意点
肩にしっかりシャフトを当ててからダウンスイングに入る
\ このドリルをこなそう /
飛ばしたかったら“タメ”を作ろう!
クラブを振り下ろす際、腕や上体の力みが強く手首の角度が解けてリリースが早い人向けの、腕の力を抜くためのドリル
5.【実践編】一連の動きを反復しよう
前項までの基本編、強化編を身につけたら、一連の動作を繋げてスイングを反復します。反復する際は、素振りで行い、紹介したいくつかのバリエーションを持たせてください。使用するクラブはドライバーです。
5-1.正しいスタンス、ボールポジションで構える
飛距離をアップさせる上で、正しいスタンスとボールポジションをしっかりと確認しましょう。
5-2.絶対にスウェーだけはしない
スウェーしないバックスイング動作を確実に覚えましょう。体のブレは、そのまま軸のブレに繋がります。そして軸のブレはヘッドスピードに悪影響をもたらします。ここも絶対におさえておきたい要素です。
5-3.コンパクトなトップを意識
ついつい飛距離を意識して、オーバースイングになりがちですが、力任せなスイングはトップオブスイング にも現れます。機能的且つ、パワフルなスイングにする為にここで「小さくスイングする事」ではなく「物足りない」と感じられるくらいのトップオブスイング を作る事がとても大切です。
5-4.入念な素振りを行う
練習の前後、或いは打球練習の合間に素振りを入れる事を強くおすすめします。体の動きに集中できるので、無駄な力を入れずに、反復練習ができるのです。こんなに効果的な練習はありません。地道に感じられるかもしれませんが、その地道が飛距離アップへの近道なのです。いくつかのバリエーションを持たせて、素振りを行いましょう。
練習の度に、診断して進捗をチェックしてもらおう!
診断画面へ
2ヶ月目