󰒗
ロングホールの2打目で活躍!フェアウェイウッド上達法!
ロングホールのセカンドショットで最も活躍するクラブ、それがフェアウェイウッドです。まだ残り距離がたくさんある時、このクラブが打てるとゴルフが非常に楽になります。ですが、それ故に力が入ってしまい、ミスショットを打つ事が多いクラブでもあります。このプログラムでは、フェアウェイウッド克服に重点を置いてメニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を、1ヶ月
#フェアウェイウッド
#ロングホール
#セカンドショット
󰀎
ターゲット
フェアウェイウッドが苦手な方
󰙴
ゴール
コースで自身を持ってフェアウェイウッドが打てる様になる
󰠣
使用するクラブ
フェアウェイウッド
1〜10日目
11〜20日目
21〜30日目
スイングの基本を確認しよう
フェアウェイウッドでもそれ以外のクラブでも、スイングの基本動作に変わりありません。フェアウェイウッドの練習に入る前に、まずは基本スイングの確認をしていきましょう。
ゴール
スイングの基本動作を理解できる
やること
体の一つ一つのポジションの確認
やらないこと
打球練習時の弾道考察、飛距離計測
目次
1.【基本編】アドレス〜テイクバックの基本を確認
2.【基本編】バックスイング〜トップオブスイングの基本
3.【基本編】ダウンスイングの基本
4.【実践編】一連の動作を確認しながら練習しよう
1.【基本編】アドレス〜テイクバックの基本を確認
アドレスから、テイクバック時の基本動作の確認を行いましょう。
1-1.ボール位置の確認
ゴール
毎回どのクラブを持っても、迷いなくボール位置を左かかと内側線上に決めることが出来るようにしましょう。
注意点
スタンスを取る際、左足を動かしてしまうと、ボール位置の基準がズレてしまうので注意が必要です。
\ このドリルをこなそう /
1-1.ボール位置の確認
ボール位置は、スイングに大きな影響を与えます。ルーティン化してしまえば、比較的優しいですが、毎回気にしなければ定着しないでしょう。
1-2.正しくグリップできているか確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
左:クローズ、真ん中:スクエア、右:オープンとなり、特殊な状況下でない限りスクエアを基本にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.正しくグリップできているか確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-3.アライメントチェック
ゴール
自分の感覚だけを頼りに、打ちたい方向に構えられるようになりましょう。
注意点
右肘が伸びていると、自然と右肩が前に出やすく肩のラインが左を向いてしまうので、注意が必要です。
\ このドリルをこなそう /
1-3.アライメントチェック
毎回確認する事が面倒になりがちな部分ですが、疎かにすると後々修正が困難になって調子を崩す可能性があります。
1-4.テイクバックでは脱力する
ゴール
通常の打球スイングでもズリズリ引きずる様にテイクバックしましょう。
注意点
実際にボールを打つ時に、テイクバックで直ぐにヘッドが地面から浮かないように注意しましょう。スイングが早くならない様に特に意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.テイクバックでは脱力する
打球結果や当たり方は一切気にせず、手順3〜4コマ目のテイクバック時におけるポイントをしっかりおさえて練習しましょう。
2.【基本編】バックスイング〜トップオブスイングの基本
クラブを上げる動作、トップでの位置、姿勢や、クラブ操作など、外すことのできない要素を盛り込みましたので、一つ一つ丁寧に確認してみましょう。
2-1.姿勢に注意しながらクラブを上げていく
ゴール
トップで左脇腹に適度な張りを感じ、左膝の位置は極力変えない様にしましょう。
注意点
左肩が下に下がると、リバースピボットを誘発してしまいます。注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.姿勢に注意しながらクラブを上げていく
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
2-2.体が回り過ぎない様に注意
ゴール
シャフトと地面が平行になった時点で、ヘッドが手元と重なる位置に上げましょう。
注意点
大振りにならない様にスイングしましょう。足裏で踏んでいるボールが外れない様、ゆっくりとクラブを上げましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.体が回り過ぎない様に注意
4割りくらいの力でスイングしましょう。打感が乱れると、通常スイングにも影響が出る場合があります。
2-3.正しいトップオブスイング
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
左肩が下に下がると、軸が乱れてスイングの安定感を欠いてしまいますので、この動きには注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.正しいトップオブスイング
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
2-5.トップでのフェース面チェック
ゴール
胸の正面に手元を移動させ、フェースがスクエアになっている状態を作りましょう。
注意点
グリップが極端にずれていないかチェックしてみましょう。①フックグリップ=閉じやすい=左に飛びやすい②ウィークグリップ=開きやすい=右に飛びやすい③スクエア=真っ直ぐ(適正)=真っ直ぐ飛びやすい
\ このドリルをこなそう /
2-5.トップでのフェース面チェック
正しくグリップした上で、手順3〜4コマ目の手順でしっかりフェース面を確認し、自身の特徴を掴んでおきましょう。
3.【基本編】ダウンスイングの基本
ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュ全てにおいて、スイング動作では、下半身が先行、先導しなければなりません。ここでは下半身を意識しつつ、クラブをどこに下ろすべきなのか、詳細について確認しましょう。
3-1.ボディーターンの動作確認
ゴール
トップ以降の動作で、下半身が先行する感覚を掴みましょう。
注意点
白線矢印方向に左肩は下がり、左腰は真横にスライドしてしまうと、軸が傾き、正しい動作ができなくなります。鏡などを見ながら確実におさえましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-1.ボディーターンの動作確認
手順3〜4コマ目を確認し、ダウンスイングスイングに入る際の、肩と腰の捻転差を意識しましょう。『胸は右を向いたまま』がポイントです。
3-2.下半身の安定感を体感
ゴール
ダウンスイング以降、ボールを挟んだままスムーズにフォロースルーの姿勢まで取りましょう。
注意点
ボールを挟む事ばかりに集中し、下半身の体重移動などの動きが止まらない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-2.下半身の安定感を体感
手順3コマ目の動きが肝となりますので、反復して体に覚え込ませましょう。
3-3.スイングの軌道を確認しておく
ゴール
インアウト軌道を修正した人は『赤矢印方向』、アウトイン軌道を修正した人は『青矢印方向』に、打出し方向が変わるか確認しましょう。
注意点
どうしても正しい軌道に沿わない場合、画像上『上体が目標方向に突っ込み』や、画像下『右肩が下がり過ぎ』の様に、自身の動きがこの画像の形になっていないか、一度確認してみましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-3.スイングの軌道を確認しておく
練習中打ちながら、打球結果、イメージが出づらい場合は、手順1〜2コマ目を見て、タオルの置き方を確認して必要であれば微調整しましょう。
3-4.オンプレーンで下ろす
ゴール
ダウンスイングで、手元(クラブ)を下方へ下げて素振りをしてみましょう。
注意点
トップで止まらずに力が入ると、クラブがアウトサイドから下りてスイングプレーンが安定しないので、必ずトップで静止しましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-4.オンプレーンで下ろす
打球練習はイメージや打感が崩れる可能性があるので、基本的に素振りのみで行いましょう。それでも、長期的にスイングを矯正したい人は、まず手順3〜4コマ目の動作でボールを打てる様になりましょう。
4.【実践編】一連の動作を確認しながら練習しよう
ここまでの動作を繋げて練習していきます。一つ一つの動作を抜かりなくチェックしていきながら行いましょう。
󰁌
4-1.ボール位置の確認
基準がズレない様に注意しながら、ボールの位置を確認しましょう。当たりが悪い場合には、ドライバーより、ボール半個分くらい内側に入れてもいいでしょう。
󰁌
4-2.正しいグリップを確認
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)で、違和感なくグリップできる様にしておきましょう。
󰁌
4-3.真っ直ぐ構えられる様にしておく
右肘は適度に緩ませ、肩から腰など目標方向に向けて真っ直ぐ向けるように、できるまで確認しておきましょう。
󰁌
4-4.マットに触れたままテイクバック
手の余分な力は抜いて、ヘッドがマットに触れたままクラブを引いていきましょう。
󰁌
4-5.正しいトップの位置を確認
グリップエンドがボールを差すあたりを目安にトップを作ると、より効果的です。
󰁌
4-6.トップでのフェース面にも注意する
トップでフェースがどの様になっているのか、しっかり把握しておきましょう。基本はスクエアにする事を目標としています。
󰁌
4-7.ボディーターン動作を入念に行う
ダウンスイングでの体の回転動作、ボディーターンをしっかり確認しましょう。下半身先行のイメージをしっかり持ちましょう。
󰁌
4-9.ボールを挟んで下半身を安定させよう
ボールがなければ、内転筋(腿の内側の筋肉)にグッと力を込め、動作するようにしましょう。
󰁌
4-9.視覚的にスイングプレーンを矯正
タオルなりにスイングして、正しいヘッド軌道のイメージを作りましょう。
󰁌
4-10.トップで力を入れない
ダウンスイングに入る前、一瞬確実に静止してからスイングしましょう。その際、腕の力は十分抜き、手元を真下へ下げる様に意識しましょう。
11〜20日目
󰁔
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます