『インパクト』を徹底的に強化する為の練習法!
ボールをより遠くへ飛ばす事や、打ち出し方向のコントロールなどにおいて、ボールにクラブが衝突する瞬間=インパクトはゴルフスイングの中でとても重要な要素です。このプログラムでは、効率の良いインパクトをむかえられる様に重要なポイントをメニュー化し、効果の出やすい順にプログラムされています。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月
#ハンドファースト
#インパクト
#ハンドレイト
#フリップ
#打ち込む
#ダウンブロー
#ライン出し
#アドレスとインパクト
#球が高く上がり過ぎる
#アイアンがダフる
#ダフリ/トップ/チョロ
ターゲット
インパクトに悩む全ゴルファー
ゴール
正しいインパクトの姿勢を習得する
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
1ヶ月
2ヶ月目
3ヶ月目
インパクトの構造を理解しよう
ボールにクラブが当たる際、どの様に当たるのが正しいインパクトなのかを機能的に学んでいきます。いきなりインパクトから?と思う方もいるかもしれませんが、効率良く上達できる方法の一つなので、一つ一つ丁寧にこなしていきましょう。この項では、飛距離は打っても70y前後に留めておきましょう。
ゴール
ハンドファーストインパクトを確立する
やること
インパクトの構造を理解する為のメニュー、アプローチ練習
やらないこと
フルスイング
目次
1.【インパクトの基本】構造を理解しよう
2.【インパクトの基本】大きく振ってみよう
3.【実践編】一通りの練習メニューを確認しよう
1.【インパクトの基本】構造を理解しよう
まずは、インパクトではどの様な姿勢で、どの様にしてクラブがボールにぶつかるのかについて、機械的に動作して習得します。この項では主にアプローチ、又は振り幅を9〜3時のハーフショットで練習し、フルスイング/フルショットは行いません。
1-1.正しいグリップを確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
フェースの向きですが、(左)クローズ、(真ん中)スクエア、(右)オープンとなり、グリップする際は、特殊な状況下でない限り、スクエアな状態で握る様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.正しいグリップを確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-2.フェースを真っ直ぐにする練習
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で、フェース面を『スクエア』にしましょう。
注意点
クラブを引いていく際に、スピードをつけすぎると、フェースをコントロール出来ません。ゆっくり慎重に上げるようにしましょう。後方へボールが転がるので、周囲に気を付けながら行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.フェースを真っ直ぐにする練習
手順4コマ目のフェースの向きをしっかり確認しましょう。
1-3.インパクトの基本をアプローチで確認
ゴール
胸の前の三角形が崩れないインパクトと、距離感を掴みましょう。
注意点
インパクト前に、顔や上体が目標方向へ向かってしまうと、トップやダフリなどのミスに繋がってしまうので、インパクトを終えるまでは、ボールから目を離さないように特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.インパクトの基本をアプローチで確認
手順2コマ目で振り幅を確認し、4コマ目でスイング中のポイントを確認しましょう。ボールに上手く当たらなくても良いので、胸の前の三角形を維持する事を優先しましょう。
1-4.インパクト時の手の形を確認
ゴール
インパクト直後に静止して、右手首の角度が崩れていない様にしましょう。
注意点
左へ引っ掛ける、トップする、ダフるなど、様々なミスを誘発するので、正しいフォロースルーの形をよく確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.インパクト時の手の形を確認
手順1コマ目でしっかりこのドリルの構え方を確認し、6〜7コマ目のこのドリルポイントを入念にチェックしましょう。
1-5.右手で押し込むイメージを持つ
ゴール
打った直後、右手首の角度が変わらない様にしましょう。
注意点
このドリルは、終始右手首の角度に注意しましょう。インパクト前に右手首の角度が画像右の様に真っ直ぐになってしまうと、ボールを打つ頃にはヘッドが先行した、所謂すくい打ちになってしまいます。右手首の角度は一切変えない様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.右手で押し込むイメージを持つ
手順1コマ目で、構え方を確認し、手順5コマ目で、打ち終えた直後の手の形を確認しましょう。
2.【インパクトの基本】大きく振ってみよう
ここでは、更に質の高いインパクトができる様に、スイングを少し大きくして更に具体的な練習を行っていきます。中には、少し難しく感じられるものもあるかもしれませんが、その一つ一つはハンドファーストインパクトが出来るなら可能なものですので、確実にトライしていきましょう。分からなくなれば、直ぐに動画投稿してプロに相談しましょう。
2-1.左足体重でスイング
ゴール
コンパクトなスイングでも力強い当たりが出るまで練習しましょう。
注意点
トップでは、この様に左サイドに体重が乗ったままとなる事で腰と肩の深い捻転が作られますが、画像右の様に動いてしまうと、結果リバースピボットやスウェーなど軸のブレに繋がってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
2-1.左足体重でスイング
左足体重&ハンドファーストに構え、手順2〜3コマ目をよく確認しながら、コンパクトにスイングする事を心がけましょう。
2-2.下半身の粘りを確認
ゴール
フォロースルーでは、左膝がピンと伸び、足裏もめくれない様にしましょう。
注意点
足裏がめくれない様にする事ばかりに意識がいくと、画像右側の様に体重移動が行えず棒立ちのフィニッシュになってしまうので、特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.下半身の粘りを確認
手順2〜3コマ目を確認し、下半身、足裏の体重のかけ方を意識しましょう。
2-3.左足で体重を支える
ゴール
左足の上に体重が乗っている状態でインパクトしましょう。
注意点
構える際、画像左側の様に右足をしっかりと一歩分引いて、つま先立ちになる様に構えましょう。画像右側のようにあまり右足の位置が変わらないと、ドリルの効果が半減してしまいます。
\ このドリルをこなそう /
2-3.左足で体重を支える
手順1コマ目で構えを確認し、手順5コマ目で、スイング後のバランスを確認しましょう。
2-4.ボール2個置きドリル
ゴール
飛球線後方側に置いているボールに当たらず、クリーンにボールを打てる様に練習しましょう。
注意点
力任せにスイングしてしまうと、画像右側の様にヘッドが先に落ち『アーリーリリース』『フリップ』等々、様々な呼ばれ方をしている非効率な形になってしまいます。ここでは、しっかり改善して頂く為に、力が入らないスピード、振り幅で行う事が何よりも大切です。
\ このドリルをこなそう /
2-4.ボール2個置きドリル
手順1〜2コマ目で、ボールの位置とアドレスのポイントを確認し、手順4〜5コマ目で、スイングする上でのポイントを確認しましょう。
2-5.目標側にボールを置いて打つ練習
ゴール
真っ直ぐ、且つクリーンにボールが打てれば正しい動作になります。
注意点
このドリルでは、タメが早く解けている、アーリーリリース気味の方にとても効果のあるドリルですが、ちょっとでもタメが早く解けてしまうと、全く当たりません。しかし力任せに打つ事なく、まずはクリーンに打つ事に集中しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-5.目標側にボールを置いて打つ練習
手順1〜2コマ目で、ボールの位置とアドレスのポイントを確認し、手順4コマ目で、スイングする上でのポイントを確認しましょう。又、手順8コマ目で自身の練習内容に誤りがないかを確認しましょう。
3.【実践編】一通りの練習メニューを確認しよう
全ての練習内容を、一つ一つ丁寧に確認してみましょう。
3-1.グリップを確認
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)にして、違和感なくグリップできる様にしましょう。
3-2.フェースの向きは真っ直ぐにテイクバック
クラブを引くときはゆっくり動かし、シャフトと地面が平行になった所でフェースの向きがスクエアになっている様にしましょう。
3-3.アプローチの基本ショットで数を打とう
インパクトを終えるまで、ボールから目を離さないように注意して、胸の前の三角形が崩れずインパクトしましょう。ある程度自分で打ちたい距離をコントロール出来ると良いでしょう。
3-4.インパクトからフォローで『y』
インパクトからフォロースルーにかけて、右手首の角度が崩れずにキープ出来ている様にしましょう。
3-5.インパクトは右手で押す
終始右手首の形に気を付けながら、『上から下へ』力を伝えていき、インパクト直後に右手首の角度が崩れずにキープ出来ている様にしましょう。
3-6.左足体重のまましっかり捻転
左サイドに体重が乗ったままスイングしましょう。コンパクトなスイングでも力強いインパクトができてきたと感じたら、成果が出ている証拠です。
3-7.インパクトでしっかり踏ん張る
体重移動が行えないと、画像右側の様な棒立ちフィニッシュになるので注意しましょう。フォロースルーでは、左膝がピンと伸び、足裏もめくれずに振り抜ける様にしましょう。
3-8.インパクトの体重配分を理解する
右足をしっかり一歩引いて、つま先立ちになる様に構えて打ちます。このドリルを繰り返す事で、通常のスイング時にフォロースルーで左足の上に体重が乗っている状態が作れるようになります。
3-9.ボールを2個置きドリル
力任せにスイングしないよう注意しながら、目標方向側のボールをクリーンに打ちましょう。
3-10.通常より更に目標側にボールをセット
こちらも前項同様に、力任せには打たず、ボールをクリーンに打ちましょう。
2ヶ月目
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます