スコア100切りを目指す人のための練習プログラム
ゴルフを始めて間も無い人や、数年間練習に通う人でも、大きく立ちはだかるスコア100の壁。このプログラムでは、スコア100を切る為に最も効果的な練習メニューを、取り組むべき優先順位順にメニュー構成されています。
練習期間:週2回以上の練習を、3ヶ月
#100切り
ターゲット
スコア100切りを目指す方
ゴール
スコア100切りできる技術の習得
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン、パター
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
スコアに直結!『パター』『アプローチ』を強化しよう
スコアに直結する要素の中で、最も手っ取り早く、且つ重要なものとして、パターとアプローチがあります。これらはコースですぐに結果として現れやすい為、100切りを目指す方にとっては、スイング練習に時間を割くより遥かに効果的です。人によっては、この項目を強化するだけで100切りができてしまうかもしれません。
ゴール
1mパターで10/10球成功、アプローチの方向性安定
やること
パターの方向性と距離感を養う練習、アプローチの基本ショット
やらないこと
フルスイング
目次
1.【パター編】構え方、打ち方の基本を覚えよう
2.【パター編】方向性と距離感をつかもう
5.【実践編】パターとアプローチの練習をまとめて確認しよう
1.【パター編】構え方、打ち方の基本を覚えよう
パターのグリップの仕方、スタンス幅、ボール位置、打ち方など、通常のスイングとは異なる部分をしっかり確認しましょう。
1-1.パターのグリップを覚えよう
ゴール
違和感なくグリップ、ストロークが出来るようにしましょう。
注意点
パター以外のクラブと同じ様に、構える際にフェースの向きに注意しましょう。画像の様にフェース面は目標方向を向いている状態で構える様に徹底しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.パターのグリップを覚えよう
手順2コマ目の右手のグリップを特に注意してグリップしましょう。
1-2.パターのアドレスを確認
ゴール
繰り返し構える練習をして、適正なアドレスを作りましょう。
注意点
右手前腕は、シャフトと一直線だが、ボール位置が不適正な状態(画像左)、ボール位置は目の真下だが、右手前腕とシャフト角度が不適正な状態(画像右)。誤った構え方のほんの一部ですが、この様な構えにならない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.パターのアドレスを確認
手順3コマ目で、目線真下にボールの位置がくる、右手の前腕とクラブシャフトが一直線になることを確認しましょう。
1-3.正しくセットアップする
ゴール
基本通りに構える事ができ、打ち出し方向も、目標に対して真っ直ぐになるまで繰り返しましょう。
注意点
肩のラインが目標方向から外れてしまうと、ストロークそのものが全くズレてしまいますので、慎重に向きを合わせ、構えの段階でミスを起こさないようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.正しくセットアップする
手順1〜3コマ目で、構え方の手順を確認しましょう。
1-4.パターの打ち方を覚える
ゴール
胸の前の五角形が崩れない様にストロークしましょう。
注意点
アドレスした際に、画像左の様に両肘がピンッと伸びない様に注意して構えましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.パターの打ち方を覚える
手順1コマ目で、目線、肩のライン、膝のライン、つま先のライン全てが平行になっている事を今一度確認してから行いましょう。
2.【パター編】方向性と距離感をつかもう
パターの基本を理解できたら『方向性』と『距離感』を養います。どちらも絶対に外せない要素ですので、しっかり反復しましょう。
2-1.目標に対して正しく構える
ゴール
打ち出しの瞬間、狙ったところにボールが打ち出せる様にしましょう。
注意点
ゴルフコースでは、遠くの景色や、様々な起伏などに視線が散らばり、錯覚を起こします。そんな中でもしっかりと狙いを定める事が大切です。
\ このドリルをこなそう /
2-1.目標に対して正しく構える
手順2〜3コマ目のスパッと決めとそこへフェース面を真っ直ぐ向けるセットアップが本ドリルで重要となります。本番を想定し、アドレスまでの流れを意識しながら行いましょう。
2-2.真っ直ぐ打ち出せているか確認
ゴール
3回打って3回ともスクエアに当たり、箱が左右に回転しない様に練習しましょう。
注意点
インパクトの一瞬、フェースが閉じている場合は箱が左回転、フェースが開いている場合は右回転してしまうので、スクエアフェースを常に心掛けましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.真っ直ぐ打ち出せているか確認
真っ直ぐ打てない場合、手順1〜2コマ目の構えとテイクバックを特によく確認しましょう。
2-3.距離感をつかむ
ゴール
5回中5回、壁スレスレでボールをストップさせましょう。
注意点
距離を合わせようと、テイクバックが遅く、インパクトが早まったり、逆にインパクトが緩み、合わせる様なストロークにならない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.距離感をつかむ
最初は3〜5mくらいの距離でこなしましょう。慣れてきたら最大10mくらい距離をとってみましょう。
2-4.ストロークの安定感を強化
ゴール
先に置いたボールに5回中5回当てましょう。
注意点
テイクバックの際、前後に置いてあるアイアンのシャフトにヘッドが当たらない様に注意しましょう。パターのヘッド形状によっては、多少アークを描くタイプの物や、大き目のモデルなどがあるので、状況によりやりづらい場合は、2本のアイアンの距離感を広げて調節しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.ストロークの安定感を強化
手順2コマ目の時点で、フェースが真っ直ぐ目標に向いているか確認しましょう。
5.【実践編】パターとアプローチの練習をまとめて確認しよう
ここまでの練習を一つ一つ丁寧に確認していきましょう。パターに関しては、練習グリーンが併設されている練習場で行い、難しい場合は自宅でも行えるので積極的に数をこなす事をおすすめします。
5-1.パターの正しいアドレスをマスター
グリップ、スタンス、前傾姿勢、ボール位置、目標に対してのセットの仕方など一つ一つを確実に覚えて、構えをマスターしましょう。
5-2.五角形を崩さず正しくボールを打つ
両肘を伸ばして構えない様に注意して、胸の前の五角形が崩れない様にストロークしましょう。
5-3.方向性を向上させる
お菓子箱が大きく回転しない様に、フェース面に注意しながら、3回打ったら3回とも箱が左右に回転せずスクエアに当たる様に繰り返し練習しましょう。
5-4.目標ギリギリに止めて距離感を養う
テイクバックやインパクトでスピードを調節しない様に注意して、5回打ったら5回とも目標ギリギリでストップさせられる様に繰り返し練習しましょう。
5-5.ストロークの強化練習
シャフトにヘッドが当たらない様に注意しながら、先に置いたボールに向けて真っ直ぐストロークして、打ったボールが5回中5回当たるまで練習しましょう。
5-6.正しいアプローチの構えを覚える
手元だけハンドファーストにせず、体重もしっかり左(左打ちの場合、右)に乗せて構えられる様にしましょう。
5-7.インパクトのバランスを確認
単なる片手の手打ちにならない様、しっかり左足に体重が乗り、右手首の角度が崩れていないフォロースルーを取れる様に意識しましょう。(左打ちの場合、右足体重で左手首を注意)
5-8.右手首の角度に注意して方向性向上
練習の際、毎回インパクト直後に右手首の角度が崩れずにキープできているか確認しながら取り組みましょう。ただ打つだけのこなす練習にならない様、注意が必要です。
5-9.『1mアプローチ』で繊細な距離感を身に付ける
振り幅、スイングスピードには十分注意しながら、3球中3球、5球中5球、10球中10球、100%ターゲットに当てられる様になるまで練習しましょう。
5-10.アプローチに適したフィニッシュを作る
フルスイングのフィニッシュにならない様に注意して、50y〜70y位のアプローチショットに適したフィニッシュが取れる様に反復練習しましょう。
2ヶ月目
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます