ダフリやトップともおさらば!安定したショットを身に付ける為のコツ
スイングを綺麗にし、更に機能的にする為には、単に闇雲にボールを打っていてはいけません。本の少しの意識の違いや、自身の欠点に合わせたスイング強化練習が欠かせません。このプログラムでは、スイングを綺麗に強化するというよりは、打感やミート率を高められる様にメニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を、3ヶ月
ターゲット
ダフリやトップに悩む方
ゴール
コースと練習場でギャップがないスイングの習得
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
ナイスショットの再現性を高めよう『スイング前半編』
良いショット、ナイスショットをコースで打ち続ける事は、レベルを問わず難しいモノです。とある伝説的なプロゴルファーは、4日間のプレー中「納得いくショットはたったの4球しかなかった」と言うほど、毎回再現する事は至難の技と言えます。しかし、ゴルフは結果的にミスにならないミスが存在します。ここでは、アドレスからトップオブスイングまでの動きの中で、少しでも良い動作、良い結果を出せる様なポイントを抽出しましたので、全て確認していきましょう。
ゴール
良いショットを生むための効果的練習法
やること
アドレスからトップオブスイングまでの簡易チェック、再現性を高めるためのポイント練習
やらないこと
過度な弾道考察、スイング改造
目次
1.再現性を高めよう【アドレス編】
2.再現性を高めよう【バックスイング編】
3.再現性を高めよう【トップオブスイング編】
4.【実践編】全てのチェックポイントを確認しよう
1.再現性を高めよう【アドレス編】
まずは、アドレスの中でポイントを見ていきましょう。基本とちょっとした工夫ですので、練習場でも直ぐに試す事ができるでしょう。
1-1.初心に返りフェースの向きをチェック
ゴール
構えた時にフェースが開けば(閉じれば)右へ(左へ)行く事を理解しましょう。(右打の場合)
注意点
フェースの向きで打ち出し方向が変わる事をしっかり意識して、構えた時のフェース面がどうなっていたかを冷静に分析する習慣を付けましょう。中でもゴルフ未経験、初心者の方は、ボールを打つ際、スイングの仕方ばかりに気を取られがちなので、特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.初心に返りフェースの向きをチェック
グリップにも注意しながら、手順2コマ目のフェース向きをしっかりスクエアにする事を意識しましょう。
1-2.ボールの位置を確認
ゴール
ボールの打ち出し方向が安定し、フォローで両腕がストレスなく伸びる様にしましょう。
注意点
ボールの位置はゴルフスイングの中で非常に重要で、真ん中寄りで練習を続けてしまうと、この画像のような腕の動きを体に染み込ませてしまいます。癖として定着する前に、ボール位置の修正を行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.ボールの位置を確認
手順1コマ目で自身のボール位置がどうなっているか確認し、6コマ目でボールポジションの基本をしっかり確認しましょう。
1-3.ソールするかしないか試し打ち
ゴール
右肘を適度にたわませて、リラックスしてスイングしましょう。
注意点
画像右側の様に、右腕が突っ張ってしまうと力が入るだけでなく、構えた時の上半身の向きにまで影響が出てしまいます。画像左側の様に適度に右肘をたわませる様に意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.ソールするかしないか試し打ち
手順2コマ目で、ヘッドの浮かせ具合を確認して構えて、手順4コマ目で、ドリルを実施する上での意識を確認しましょう。
1-4.再現性を高めるアドレスの取り方
ゴール
《右手でフェースセット➡︎スタンス決定➡︎擬似インパクト➡︎アドレス》の流れを確立させましょう。
注意点
擬似インパクトの姿勢を取る際、フェース向きに注意しましょう。ここでズレがあると、スイングが良くても方向に乱れが生じてしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-4.再現性を高めるアドレスの取り方
擬似インパクトの形が重要です。手順2〜3コマ目をよく確認しましょう。
2.再現性を高めよう【バックスイング編】
続いては、クラブをトップへと上げていく動作です。道具を使って矯正する内容もあります。自身に足りないと感じたら、積極的に反復していきましょう。
2-1.フェースをスクエアに真っ直ぐテイクバック
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で、フェース面を『スクエア』にしましょう。
注意点
クラブを引いていく際に、スピードをつけすぎると、フェースをコントロール出来ません。ゆっくり慎重に上げるようにしましょう。後方へボールが転がるので、周囲に気を付けながら行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.フェースをスクエアに真っ直ぐテイクバック
地味な練習ですが、効果は高いのでしっかり反復しましょう。
2-2.体の上下動は抑える
ゴール
アドレスからトップまで、頭の上下動がなくなる様に練習しましょう。
注意点
トップでバスタオルが肩口に到達するまでは身体全体は動かさない様にしましょう。一度止まってから、身体の上下動が無いことを確認して下さい。
\ このドリルをこなそう /
2-2.体の上下動は抑える
正しいバックスイング動作が出来ていないと、通常のスイングの際にイメージが湧きにくくなります。
2-3.脇の締まったバックスイングを取る
ゴール
スイング中、ヘッドカバーを落とさずにボールを打ちましょう。
注意点
画像左下の様に、テイクバックで手元が浮いてしまうと、左脇が空きやすくヘッドカバーが落下してしまいます。常に左脇のヘッドカバーを挟む意識を持って練習しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.脇の締まったバックスイングを取る
大振りになると、スイングを崩すきっかけになりますので、手順4コマ目の様にコンパクトスイングを心がけましょう。
2-4.定番のボール挟みドリル
ゴール
ボールを落とさずに、スムーズなスイングが出来る様にしましょう。
注意点
ボールを落とさない事ばかりに意識がいくと、動きがぎこちなくなってしまいかえって力が入ってしまいます。あくまでも胸の前の三角形を意識し、その形を変えない様に心掛けましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.定番のボール挟みドリル
ボールを綺麗に打つ事が目的ではないので、手順2〜4コマ目を確認しながら、コンパクトにスイングして胸の前の三角形が崩れない様に注意しましょう。
3.再現性を高めよう【トップオブスイング編】
ここでは、トップオブスイングでオススメのチェックポイントを見ていきましょう。
3-1.腕が縮こまっていないか確認
ゴール
トップは大きく上げず、左腕が伸びたトップを作りましょう。
注意点
手だけでテイクバックしてしまうと、この瞬間から左腕は縮み始めてしまいます。『クラブの上げ始め』は、特に注意が必要です。
\ このドリルをこなそう /
3-1.腕が縮こまっていないか確認
手順1〜4コマ目をよく確認しながら、トップで左腕が伸びている状態を入念に確認しましょう。
3-2.フェースの向きを確認する
ゴール
胸の正面に手元を移動させ、フェースがスクエアになっている状態を作りましょう。
注意点
どうしてもスクエアにならない人は、グリップが極端にずれていないかチェックしてみましょう。①フックグリップ=閉じやすい=左に飛びやすい②ウィークグリップ=開きやすい=右に飛びやすい③スクエア=真っ直ぐ(適正)=真っ直ぐ飛びやすい
\ このドリルをこなそう /
3-2.フェースの向きを確認する
正しくグリップした上で、手順3〜4コマ目の手順でしっかりフェース面を確認し、自身の特徴を掴んでおきましょう。
4.【実践編】全てのチェックポイントを確認しよう
ここまでの動きを一連の中で確認していきましょう。
4-1.フェースの向きを確認する
初心に返り、アドレスでのフェース向きを確認しましょう。スイング動作ばかりに気を取られてしまうと疎かになりがちな部分です。また、ここでしっかりと構えた時のフェース向きと打ち出し結果の関連性について確認しておきましょう。
4-2.ボールポジションの確認
通常、番手問わずに左かかと線上付近に置くのが好ましいとされているボールポジションですが、ここが原因で悪い癖が付く前にしっかりとボール位置の修正を行い、打ち出し方向の安定、フォローで両腕が伸びる事を確認・目標としましょう。
4-3.ソールするかしないか
右腕を突っ張らない様にしてアドレスし、適度にたわませ、スイングに力みなくスムーズに振れる範囲で行いましょう。試しに行う程度で構いません。
4-4.再現性を高めるセットアップ
右手でフェースセット➡︎スタンス決定➡︎擬似インパクト➡︎アドレスセットのルーティーンを確立させましょう。擬似インパクトの姿勢を取る際、フェースの向きに注意しましょう。
4-5.真っ直ぐスクエアフェースでテイクバック
シャフトと地面が平行になった所でフェースの向きがスクエアになっている様に細心の注意を払いながら、繰り返しましょう。
4-6.起き上がらない様に注意
バスタオルが肩口に到達するまで体を動かさない様にしながら練習を繰り返し、アドレスからトップで頭の上下動が起きない様にしましょう。
4-7.脇を締めてバックスイング
ヘッドカバーを挟む意識をしっかり持ち、脇を締めた状態でバックスイング取り、ヘッドカバーが落ちずにコンスタントにボールが打てるまで練習しましょう。
4-8.ボールを挟んでスイング
胸の前の三角形の形を変えない様に注意しながら、ボールを落とさずにスムーズにスイングできる様に練習を繰り返しましょう。ボールを打つのが難しい場合、素振りで行いましょう。
4-9.腕の緩みがないか確認
手だけでテイクバックを取ってしまうと、腕が緩み手打ちになりがちです。『クラブの上げ始め』には注意して、左腕が伸びたトップが作れる様にしましょう。腕を伸ばす意識が体の回転をしやすくしてくれます。
4-10.トップでのフェース面をチェック
基本のスクエアフェースになる様に練習しますが、グリップによって変わってきますので、自身のグリップを確認しながら慎重に行いましょう。
2ヶ月目