手打ちスイングを改善する為のプログラム!
自分のスイングが『手打ち』や『腕に頼ったスイングになっている』と感じた事はありませんか?このプログラムでは、体全体を使ったスイング動作を覚えられる様に、メニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を、3ヶ月
ターゲット
手打ちを改善したい方
ゴール
体全体を使ったスイング
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
手打ち要素をなくそう
『手打ち』とは、クラブを持っている手を主体として、体が一切動かず、又はほとんど機能せず腕だけで振っている状態を指します。これによる弊害の代表例が『フォロースルーで肘が曲がる、引ける』などがあります。まずは手打ちを誘発してしまう根本の動作を排除していきましょう。
ゴール
腕だけでなく体も動かせる様になる
やること
体を使ったスイング動作の導入メニュー
やらないこと
フルスイング、弾道考察
練習目安
週1回以上、60分/30球/回
目次
1.【基本編】スイングの導入動作
2.【基本編】フルスイングで手打ちを撲滅しよう
3.【実践編】一連の動きを確認しよう
1.【基本編】スイングの導入動作
まずは、体の使い方を確認していきましょう。手打ちにならない為に、導入動作から徐々にスイングへと進めていきましょう。ここで単純にボールを打ち続けても、間違った動作なりに打てる様になっていくので、確実な基本の確認の注意が必要です。
1-1.ボディーターンでスイングする
ゴール
下半身先行の動きがイメージできる
注意点
バランスを崩さない様に注意する
\ このドリルをこなそう /
自宅でできる!スイングの基盤を作るドリル!
何も持たずに、直立から体を回転させ、スイングの基本動作を覚えるための練習法
1-2.体重移動を意識する
ゴール
連続して左右にクラブを振り回す事ができる
注意点
左右に動くのは腕とクラブだけではなく、しっかり体重移動も意識する
\ このドリルをこなそう /
スムーズなスイングをする為の導入練習
このドリルは、スイングの導入を理解する為の初歩的内容です。体重が右に左に移動する感覚を簡単なスイングの初期的動作から学べる練習。
1-3.スピードをつけた平行スイング
ゴール
手元が胸の中心にあり、下半身がしっかりターンしている
注意点
体(特に腰から下)の回転をしっかり入れる
\ このドリルをこなそう /
振り遅れスイングは平行振りで解決!
インパクトの際、身体が先行して振り遅れてしまう人向けの、腕と体を同調させる為のドリル
1-4.腕と体を同調させる
ゴール
グリップエンドがお腹に付いたままスイングして、2、3球に1回当たる
注意点
スイング中、グリップエンドがお腹から離れない様に注意する
\ このドリルをこなそう /
手打ちを防ぐ基本ドリル!
ドライバーを使って、胸の前の三角形を作り、キープしながら打つ事で手打ちを抑制し、ボディーターンを促すドリル
2.【基本編】フルスイングで手打ちを撲滅しよう
前項で、手打ちにならない動作確認を終えたら、今度はフルスイングに反映させていきましょう。ここでは体重移動が重要な要素となります。素振りを中心として、体重移動を行ったボディーターンスイングを習得していきましょう。
2-1.一本足ドリルで下半身を強化
ゴール
アドレス時よりも左に体重が乗っている
注意点
ワイドスタンス、大振りはせず、スイングはコンパクトに
\ このドリルをこなそう /
下半身が嫌でも使える様になる方法!
クラブを振り下ろす際、下半身が使えていない人向けの、しっかりと下(脚)から力を伝えていける様になる練習法
2-2.体重移動を確認
ゴール
左足体重のインパクト、フィニッシュで左足上より右肩が前へ突出る
注意点
胸の前の空間を維持したまま体重移動する
\ このドリルをこなそう /
体重移動を覚える練習ドリル!
トップからインパクトにかけての体重移動動作を行ってからボールを打つ事で、確実に体重移動ができる様になる練習ドリル
2-3.逆さ持ち素振り
ゴール
身体の中心よりも左で音がなる
注意点
クラブを手先で上げずにしっかり肩を回す
\ このドリルをこなそう /
ヘッドスピードを速くする簡単な方法!
インパクトの際、ヘッドスピードが出ていない人向けの、素振りでヘッドスピードを出させる為のドリル
2-4.左手一本素振り
ゴール
自分の体の中心よりも左側で空を切る音が鳴る
注意点
体重をしっかり左へ乗せる
\ このドリルをこなそう /
左手一本素振りでヘッドスピードアップ!
左手一本でクラブを逆さまに持ち、下半身の動きを主体として素振りを行い、ヘッドスピードを上げていく練習。
3.【実践編】一連の動きを確認しよう
ここまでの動作を全て確認していきましょう。
3-1.スイングの根本的な動作を確認
バランスを崩さない様に注意しながら、下半身先行の動きをイメージしましょう。
3-2.スイングの導入練習
左右に動くのは腕とクラブだけではなく、しっかり体重移動も意識して行いましょう。連続して左右にクラブを振りましょう。
3-3.勢い良く平行スイング
手元が胸の中心にあり、下半身の回転をしっかり入れることを念頭に入れて、平行にスイングしましょう。
3-4.グリップをおへそに付けてスイング
スイング中、グリップエンドがお腹から離れない様に注意して、2、3球に1回はボールに当たる様に練習しましょう。
3-5.下半身の踏み込みを意識
下半身を先行させるイメージでスイングし、アドレス時よりも左に体重が乗っている状態を作りましょう。ワイドスタンス、大振りはせず、スイングはコンパクトにしましょう。
3-6.意図的な体重移動の練習
胸の前の空間を維持したまま体重移動をし、インパクトでは左足体重、フィニッシュでは左足上より右肩が前へ突出る様にしましょう。
3-7.クラブを逆さに持って素振り
クラブを逆さに持つ分、軽く感じる為、手先でヒョイッと上げがちなので、しっかり肩を回す様に意識しましょう。スイング時は、身体の中心よりも左側で音がなる様に意識しましょう。
3-8.左手一本素振り
体重をしっかり左へ乗せる事を忘れない様にして、自分の体の中心よりも左側で音を鳴らしましょう。
2ヶ月目