手打ちスイングを改善する為のプログラム!
自分のスイングが『手打ち』や『腕に頼ったスイングになっている』と感じた事はありませんか?このプログラムでは、体全体を使ったスイング動作を覚えられる様に、メニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を、3ヶ月
ターゲット
手打ちを改善したい方
ゴール
体全体を使ったスイング
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
手打ち要素をなくそう
『手打ち』とは、クラブを持っている手を主体として、体が一切動かず、又はほとんど機能せず腕だけで振っている状態を指します。これによる弊害の代表例が『フォロースルーで肘が曲がる、引ける』などがあります。まずは手打ちを誘発してしまう根本の動作を排除していきましょう。
ゴール
腕だけでなく体も動かせる様になる
やること
体を使ったスイング動作の導入メニュー
やらないこと
フルスイング、弾道考察
目次
1.【基本編】スイングの導入動作
2.【基本編】フルスイングで手打ちを撲滅しよう
3.【実践編】一連の動きを確認しよう
1.【基本編】スイングの導入動作
まずは、体の使い方を確認していきましょう。手打ちにならない為に、導入動作から徐々にスイングへと進めていきましょう。ここで単純にボールを打ち続けても、間違った動作なりに打てる様になっていくので、確実な基本の確認の注意が必要です。
1-1.ボディーターンでスイングする
ゴール
下半身(腰から下)が先行する様な動作を意識しましょう。
注意点
上半身だけが動いて体重移動がなかったり、バランスを崩したりしない様に注意して、自身のバランスが取れる位置を探しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.ボディーターンでスイングする
手順5コマ目の体のバランスは、スイングの動きそのままですので、しっかり確認しましょう。
1-2.体重移動を意識する
ゴール
連続して左右にクラブを振り回せる様にしましょう。
注意点
このドリルでは、終始体重の移動が行われます。画像右下の様に両足が地面に着いたまま腕とクラブだけが行き来したりしない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.体重移動を意識する
スイングする要素は少なく、体重移動がメインのドリルなので、手順2〜3コマ目の動きをよく確認しましょう。
1-3.スピードをつけた平行スイング
ゴール
手元が胸の中心にあり、下半身もしっかりターンさせましょう。
注意点
振り遅れない様に意識が強く、クラブを返す動作がメインになってしまうと、身体の回転が全く入らなくなってしまうので注意が必要です。
\ このドリルをこなそう /
1-3.スピードをつけた平行スイング
手順2コマ目と4コマ目の手の形をしっかり確認し、それぞれの形をしっかり出来る様にしましょう。
1-4.腕と体を同調させる
ゴール
終始、グリップエンドがお腹に付いたまま、スイングが出来る様になり、ボールにも2、3球に1回当たる様になってきたら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。
注意点
スイング中、グリップエンドがお腹から離れない様に注意しましょう。仮にボールをキレイに打てたとしても、手打ちスイングが定着してしまい、後に矯正する事が困難になってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-4.腕と体を同調させる
手順3〜4コマ目で、振り幅とフィニッシュの姿勢を確認しましょう。
2.【基本編】フルスイングで手打ちを撲滅しよう
前項で、手打ちにならない動作確認を終えたら、今度はフルスイングに反映させていきましょう。ここでは体重移動が重要な要素となります。素振りを中心として、体重移動を行ったボディーターンスイングを習得していきましょう。
2-1.一本足ドリルで下半身を強化
ゴール
アドレス時より、下半身の体重が左に乗る様に意識しましょう。
注意点
飛距離を出そうとスタンスが広過ぎたり、大振りし過ぎると、身体が大きく開いてしまったり、振り遅れたりして、ドリルの効果が半減してしまいますので、スタンスは肩幅程に取る様にし、コンパクトスイングを心掛けましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.一本足ドリルで下半身を強化
ステップしてスイングする為、極力コンパクトなスイングを心掛けましょう。特に手順3〜6コマ目を確認しながら行いましょう。
2-2.体重移動を確認
ゴール
左足荷重のインパクト、左足上よりも右肩が前方へ突き出るフィニッシュを作りましょう。
注意点
体重を移動させる際に、画像右側の様に胸の前の空間が潰れてしまうと、単に体重だけが移動して、腕やクラブがついて来ず、振り遅れの原因となってしまうので、しっかりと胸の前の空間を維持したまま体の正面に手を置いておきましょう。難しい場合は、ゴムボールなどを挟んで練習するのも良いでしょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.体重移動を確認
手順2〜3コマ目において、頭(上体)が突っ込んでしまい、クラブがアウトサイドから下りてしまうと、カット打ちを誘発してしまうので、特に注意しましょう。
2-3.逆さ持ち素振り
ゴール
身体の中心よりも左サイドでビュツと強い音がなるようにしましょう。
注意点
クラブを逆さに持つと、ついつい手先で上げがちになるのでしっかりと肩を回しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.逆さ持ち素振り
クラブを逆さまに持つ際、手順1コマ目をしっかりと確認し、手順5コマ目の様にしっかりフィニッシュまで振り抜いてください。
2-4.左手一本素振り
ゴール
自分の体の中心よりも目標方向(左)側でビューッと空を切る音を鳴らしましょう。
注意点
ただ左手でクラブを早く振るのではなく、しっかりと体重も目標方向(左)側に乗れていないと、ただ腕の力に頼ったスイングになってしまいます。しっかり下半身先行を理解しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.左手一本素振り
手順4〜5コマ目で、スイング時の注意点を確認しましょう。
3.【実践編】一連の動きを確認しよう
ここまでの動作を全て確認していきましょう。
3-1.スイングの根本的な動作を確認
バランスを崩さない様に注意しながら、下半身先行の動きをイメージしましょう。
3-2.スイングの導入練習
左右に動くのは腕とクラブだけではなく、しっかり体重移動も意識して行いましょう。連続して左右にクラブを振りましょう。
3-3.勢い良く平行スイング
手元が胸の中心にあり、下半身の回転をしっかり入れることを念頭に入れて、平行にスイングしましょう。
3-4.グリップをおへそに付けてスイング
スイング中、グリップエンドがお腹から離れない様に注意して、2、3球に1回はボールに当たる様に練習しましょう。
3-5.下半身の踏み込みを意識
下半身を先行させるイメージでスイングし、アドレス時よりも左に体重が乗っている状態を作りましょう。ワイドスタンス、大振りはせず、スイングはコンパクトにしましょう。
3-6.意図的な体重移動の練習
胸の前の空間を維持したまま体重移動をし、インパクトでは左足体重、フィニッシュでは左足上より右肩が前へ突出る様にしましょう。
3-7.クラブを逆さに持って素振り
クラブを逆さに持つ分、軽く感じる為、手先でヒョイッと上げがちなので、しっかり肩を回す様に意識しましょう。スイング時は、身体の中心よりも左側で音がなる様に意識しましょう。
3-8.左手一本素振り
体重をしっかり左へ乗せる事を忘れない様にして、自分の体の中心よりも左側で音を鳴らしましょう。
2ヶ月目