ダウンスイングを徹底的に極める為の強化プログラム
プロの様なタメの効いたスイングを目指しているけれど、イメージだけが先行してなかなか思う様に成果が出ない…。このプログラムは、そんなダウンスイングに悩みを抱えている人たちに役立つポイントのみをまとめた『ダウンスイングを強化』する為に、メニュー構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を、3ヶ月
ターゲット
『タメ』を効かせたい方、飛距離アップしたい方
ゴール
タメの効いたダウンスイング、飛距離アップ
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
正しいスイングプレーンを理解しよう
ボールを真っ直ぐ飛ばす為には、クラブヘッドの軌道が重要となります。当然それだけが全てではありませんが大枠として、クラブがどの様に振られなければならないかを、ドリルをこなしながら確認していきましょう。
ゴール
スイングプレーンという概念を理解する
やること
ダウンスイングにおけるクラブの振り下ろし方の確認
やらないこと
過度なフォーム矯正
目次
1.【基本編】ボールの打ち出し方向を確認しよう
2.【基本編】フック/スライスボールを打ってみよう
3.【応用編】自分のスイングプレーンを知ろう
4.【実践編】一通りのメニューを全て確認しよう
1.【基本編】ボールの打ち出し方向を確認しよう
まずは、基本概念として、打ったボールが右に行く要素や、左に行く要素を敢えて作り、セオリー通りにボールが打ち出されるか確認してみましょう。又、自身のクラブヘッド軌道がどの様にして振られているのかも、客観的にみられる様にしていきましょう。
1-1.基本的なグリップの確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
フェースの向きですが、(左)クローズ、(真ん中)スクエア、(右)オープンとなり、グリップする際は、特殊な状況下でない限り、スクエアな状態で握る様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.基本的なグリップの確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-2.フェースの向きで打ち出し方向を確認
ゴール
構えた時にフェースが開けば(閉じれば)右へ(左へ)行く事を理解しましょう。(右打の場合)
注意点
フェースの向きで打ち出し方向が変わる事をしっかり意識して、構えた時のフェース面がどうなっていたかを冷静に分析する習慣を付けましょう。中でもゴルフ未経験、初心者の方は、ボールを打つ際、スイングの仕方ばかりに気を取られがちなので、特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.フェースの向きで打ち出し方向を確認
グリップにも注意しながら、手順2コマ目のフェース向きをしっかりスクエアにする事を意識しましょう。
1-3.打つ前にフェース面をチェック
ゴール
このドリルを行うことで、打ったショットの方向性が徐々に安定してくるので、繰り返し行いましょう。
注意点
インパクトのポジションで、フェース面をチェックする際、画像真ん中のスクエアなフェース向きになる様にしましょう。ここでフェースが閉じたり(画像左)、開いたり(画像右)していると、ボールを正確に真っ直ぐ飛ばす事が困難になってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-3.打つ前にフェース面をチェック
ゆっくりと、丁寧にフェースをチェックしましょう。手順6コマ目で、フェースがどの様な向きをしていなければならないか、しっかり確認しましょう。
1-4.ヘッド軌道を確認
ゴール
インアウト軌道を修正した人は『赤矢印方向』、アウトイン軌道を修正した人は『青矢印方向』に、打出し方向が変わるか確認しましょう。
注意点
画像上は『上体が目標方向に突っ込みアウトサイドイン軌道』、画像下は『右肩が下がり過ぎインサイドアウト軌道』それぞれの軌道のズレが起きる代表的な動きとなっています。もちろんこれが間違った軌道の原因全てではありませんが、どうしても正しい軌道に沿わない場合、自身の動きがこの画像の様な形になっていないか、一度確認してみましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.ヘッド軌道を確認
練習中打ちながら、打球結果、イメージが出づらい場合は、手順1〜2コマ目を見て、タオルの置き方を確認して必要であれば微調整しましょう。
1-5.インパクト後のフェースコントロールを確認
ゴール
ボールを目標方向に真っ直ぐ飛ばせる様にしましょう。
注意点
セットアップの時点で、画像下部に示した様に、フェースが開いたり閉じたりしない様に真っ直ぐ向いているか必ずチェックしてからドリルを行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.インパクト後のフェースコントロールを確認
ボールを運ぶ様に動かし、手順4コマ目の様にしっかり両腕を伸ばし、手順6コマ目の画像にある様にボールが飛ぶ方向を確認しましょう。
2.【基本編】フック/スライスボールを打ってみよう
前項で、ボールの打ち出し方向について確認したら、今度は意図的な方向にボールを曲げる練習をしてみましょう。インテンショナルショットが打てると、コースを攻略する為の引き出しが増えるので、日頃から真っ直ぐ飛ばす事ばかりに囚われている方は、積極的に練習しましょう。
2-1.インテンショナルフックを打つ
ゴール
意図した方向にボールが曲がるようになるまで繰り返しましょう。
注意点
スタンスや、ボール位置が決まってもフェースが閉じていたり開いていると、思った通りのボールが出ません。フェースはしっかり「ターゲット方向」に向けて構えましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.インテンショナルフックを打つ
手順1〜2コマ目で、アドレスを確認し、手順8コマ目で、フィニッシュにおけるイメージを確認しましょう。
2-2.インテンショナルスライスを打つ
ゴール
意図した方向にボールが曲がるようになるまで繰り返しましょう。
注意点
スタンスや、ボール位置が決まってもフェースが閉じていたり開いていると、思った通りのボールが出ません。フェースはしっかり「ターゲット方向」に向けて構えましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.インテンショナルスライスを打つ
手順1〜2コマ目で、アドレスを確認し、手順9コマ目で、フィニッシュにおけるイメージを確認しましょう。
3.【応用編】自分のスイングプレーンを知ろう
ここまでの練習をこなす中で、自身のクラブヘッド軌道がどの様になっているのかが明確化された方もそうでない方も、ここで行うメニューによってどの様なボールが出るか、自身のスイング状況に合わせて練習していきましょう。
3-1.アウトサイドにテイクバック
ゴール
まずはテイクバックで極端にアウトサイドに引きつつ、クローズドフェースでクラブを上げてみましょう。
注意点
このドリルでは、日頃のスイングイメージとは真逆の事を行うので、少しでも効果が見られたら、直ぐにプロに診断してもらいましょう。画像の青色線矢印方向の様に、左方向にボールが飛ぶ、スライスするといった結果が増えてきた場合、ここで数をこなすと今度はアウトサイドイン軌道が定着してしまうので、あくまでも矯正法として取り入れ、長期に取り組む前に必ず診断を挟みましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-1.アウトサイドにテイクバック
手順2コマ目でクラブを引き上げる位置を確認し、手順5コマ目で、スイング全体の軌道を確認しましょう。
3-2.インサイドにテイクバック
ゴール
まずはテイクバックで極端にインサイドに引きつつ、オープンフェースでクラブを上げてみましょう。
注意点
このドリルでは、日頃のスイングイメージとは真逆の事を行うので、少しでも効果が見られたら、直ぐにプロに診断してもらいましょう。画像の青色線矢印方向の様に、右方向にボールが飛ぶ、フックするといった結果が増えてきた場合、ここで数をこなすと今度はインサイドアウト軌道が定着してしまうので、あくまでも矯正法として取り入れ、長期に取り組む前に必ず診断を挟みましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-2.インサイドにテイクバック
手順2コマ目でクラブを引き上げる位置を確認し、手順5コマ目で、スイング全体の軌道を確認しましょう。
3-3.アップライトなトップを作る
ゴール
今までと比べてトップの位置が高くなるまで繰り返し行いましょう。
注意点
画像真ん中緑線枠内は、本来基本となるスクエアなテイクバックですが、ここではアウトサイドに上げます。その際『大げさに』行う事が大切です。少しの変化では効果が半減しますので、思い切り良く極端にアウトサイドに上げていきましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-3.アップライトなトップを作る
手順2〜3コマ目を確認し、ダウンスイングの軌道に注意しながら、素振りのみで行いましょう。
3-4.フラットにトップを作る
ゴール
今までと比べてトップの位置が低くなるまで繰り返し行いましょう。
注意点
画像内の黄色線枠内は、本来基本となるスクエアなテイクバックですが、ここではインサイドに上げます。その際『大げさに』行う事が大切です。少しの変化では効果が半減しますので、思い切り良く極端にインサイドに上げていきましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-4.フラットにトップを作る
手順2〜3コマ目を確認し、ダウンスイングの軌道に注意しながら、素振りのみで行いましょう。
4.【実践編】一通りのメニューを全て確認しよう
ここまでの練習メニューを一連の流れで確認しながら、自身のスイングに合ったものを重点的にこなしていきましょう。スイングプレーンが分からず結果も悪く、そのまま自主練習をしていくのは、返って非効率な悪い癖を付けてしまいかねないので、途中で行き詰まった場合は、必ずプロからアドバイスをもらう様にしましょう。
4-1.正しいグリップ&フェース面のセットアップを確認
一般的に基本とされているスクエアグリップを確認し、構えた時のフェース面にも意識を置いて、それが打ち出し結果と深く関係している事を確認しましょう。
4-2.打つ前にもフェース面をチェック
トップからインパクトまでゆっくりスイング動作して、インパクトでフェース面がスクエアになっている事をしっかり確認し、一方方向へショットがまとまる様にしましょう。
4-3.ヘッド軌道の確認
自身のヘッド軌道がどの様になっているのか、画像の様にタオルを置いて確認しておきましょう。
4-4.圧をかける方向の確認
このドリルに関しては、構えの時点でフェースが開閉しない様に注意して、ボールが目標方向に対して真っ直ぐ飛ぶ様に練習を繰り返しましょう。
4-5.インテンショナルフック
フェースはターゲット方向に向けて構え、スタンスはクローズにし、ボールが左に曲がるかどうか確認していきましょう。
4-6.インテンショナルスライス
フェースはターゲット方向に向けて構え、スタンスはオープンにし、ボールが右に曲がるかどうか確認していきましょう。
4-7.アウトサイドにテイクバック
フックが減少し、打ち出し方向に変化が起きたら、数をこなす前に一度プロに診てもらいましょう。
4-8.インサイドにテイクバック
スライスが減少し、打ち出し方向に変化が起きたら、数をこなす前に一度プロに診てもらいましょう。
4-9.アップライトなトップを作る
大げさに『アウトサイドテイクバック』を行って、トップの位置が今までよりも高い位置に来る様にして、ショットの状態を確認しましょう。
4-10.フラットなトップを作る
大げさに『インサイドテイクバック』を行って、トップの位置が今までよりも低い位置に来る様にして、ショットの状態を確認しましょう。
2ヶ月目