新・優しいゴルフスイングの覚え方
綺麗なゴルフスイングを身に付けたいけど、練習しても上手くいかなかったり、成果が出ないと諦めてしまったり、なかなか思い通りに行かないのがゴルフの難しい所でもあります。このプログラムでは、そんな悩めるゴルファー向けに、比較的難易度の低い練習方法や、今更聞けない様な基本的なメニューなど、効果的な内容で構成されています。
練習期間:週1回以上の練習を、3ヶ月
ターゲット
とにかく簡単な練習方法を実践したい方
ゴール
自身のスイングに関してセルフチェックが出来る
使用するクラブ
クラブ全般
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
アドレスをマスターしよう
どんな練習においても欠かせないのがアドレスを覚える事です。スイング中、多少なりとも妥協点があったとしても、アドレスでは妥協が許されません。何故なら、構え=静止した状態ですので、姿勢など最初は覚える事が大変でも、確実に基本をマスター出来るからです。ここでは、アドレス時のポイントについて、細部まで確認していきましょう。
ゴール
アドレスを徹底的にマスターする
やること
アドレスの姿勢、ボールポジション、スタンス等、基本事項の確認
やらないこと
弾道考察全般(どう飛んだか、飛距離は出たかなどはNG)
目次
1.【基本編①】アドレスのポイントを確認しよう
2.【基本編②】アドレスのポイントを確認しよう
3.【実践編】アドレスの基本を確認しよう。
1.【基本編①】アドレスのポイントを確認しよう
アドレスのスタンスやボールポジション、姿勢など、基本的な要素を確認していきましょう。
1-1.グリップの基本を確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
フェースの向きですが、(左)クローズ、(真ん中)スクエア、(右)オープンとなり、グリップする際は、特殊な状況下でない限り、スクエアな状態で握る様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.グリップの基本を確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-2.スタンス幅の基準を知る
ゴール
クラブ毎による、スタンスの違いを認識し、違いを覚えましょう。
注意点
(左)ドライバーなのに狭いスタンス(右)ピッチングウェッジなのに広いスタンスこの様に、明らかに使用クラブに対して狭かったり、広かったりしてしまうとスイングのバランスを不必要な所で失ってしまうので、この様な極端なスタンスを取る事だけは避けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.スタンス幅の基準を知る
自分の中で目安が持てないと、スイングの度にスタンスがバラバラになってしまうでしょう。
1-3.ボールポジションの確認
ゴール
毎回どのクラブを持っても、迷いなくボール位置を左かかと内側線上に決めることが出来るようにしましょう。
注意点
スタンスを取る際、左足を動かしてしまうと、ボール位置の基準がズレてしまうので注意が必要です。
\ このドリルをこなそう /
1-3.ボールポジションの確認
ボール位置は、スイングに大きな影響を与えます。ルーティン化してしまえば、比較的優しいですが、毎回気にしなければ定着しないでしょう。
1-4.前傾角度の作り方
ゴール
自分の感覚だけを頼りに、前傾角度、ボール距離ともに違和感なく構えられるようにしましょう。
注意点
この様に前傾する際、膝の曲げすぎ防止の為、最初は膝を伸ばしたままクラブを右脇から垂らして、後から曲げる様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.前傾角度の作り方
手順通り行っても、いざクラブを持つと、普段の癖が出てしまうので、鏡で何度も確認が必要です。
1-5.体重配分を確認
ゴール
自分の感覚だけを頼りに、前後左右の体重配分に気を付けて構えられるようにしましょう。
注意点
足裏の真ん中からやや踵側に体重をかけるとは言っても、(左)極端に膝が伸びていたり、(右)曲がり過ぎている場合などは注意が必要です。全体のスイング動作に影響が出てしまいますので、特に最初はたくさん練習をして、構えに悩むことのない様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.体重配分を確認
必ずかかとに体重をかけなかればならないわけではないですが、基本から確認していかなければ、バランスを崩してしまう可能性があります。
2.【基本編②】アドレスのポイントを確認しよう
引き続き、アドレスに関わる細部を確認していきましょう。
2-1.上半身の姿勢を確認
ゴール
ドライバーの場合、左耳の位置が身体の中心、右肘が少し緩んでいる形を取れる様になりましょう。
注意点
画像左の様に、頭の位置を身体の中心にしがちなのですが、そうするとクラブが長くなればなるほど、アウトサイドイン軌道で振り抜きやすい構えになってしまうので、注意が必要です。同時に、画像右の様に右肘をピンッと伸ばしてしまうと、これもまた肩の向きが左を向きやすくなってしまうので、この二つの要素は特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.上半身の姿勢を確認
手順1コマ目の姿勢を徹底的に頭に入れ、鏡の前で同じ姿勢を確認してからスイングしましょう。
2-2.両腕位置のバランス確認
ゴール
右肘は曲がるシーンが多い事、左肘は伸びるシーンが多い事をしっかり理解しましょう。
注意点
右肘は突っ張らない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.両腕位置のバランス確認
未経験・初心者にとっては、基本を確認する上でちょうど良いドリルです。まずは鏡を見ながら手順2コマ目の姿勢を確認しましょう。
2-3.つま先の向きを確認
ゴール
アドレスを作る際に微調整し、スイングの特徴に合ったつま先の向きが理解しましょう。
注意点
この画像は、一見すると「つま先をオープン」にしている様ですが、「スタンスがオープン」になっている状態です。つま先を開くのと、スタンスをオープンにするのは全く異なる概念です。誤ったままスイングすると、打球結果に影響が出ますので、特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.つま先の向きを確認
アドレス時の微調整についてのドリルです。オープンスタンスと混在しない様に手順5コマ目を見ながらしっかり確認しましょう。
2-4.目標に真っ直ぐ向く
ゴール
自分の感覚だけを頼りに、打ちたい方向に構えられるようになりましょう。
注意点
右肘はやや曲げておき、十分にゆとりを持たせましょう。右肘が伸びていると、自然と右肩が前に出やすく肩のラインが左を向いてしまうので、注意が必要です。
\ このドリルをこなそう /
2-4.目標に真っ直ぐ向く
毎回確認する事が面倒になりがちな部分ですが、疎かにすると後々修正が困難になって調子を崩す可能性があります。
2-5.グリップに慣れる
ゴール
違和感なくスムーズにスイング、ボールを打つ事が出来るようになるまで繰り返し握り直しましょう。
注意点
グリップに関しては、様々な言われがありますので、絶対にこの握り方だ、というものではないですが、基本は存在します。画像内の黄色線円内のスクエアグリップは、昔から基本とされています。グリップがしっくりこない方は、そのままボールを打ち続けてしまうと、結局はズレたままボールを打ち続け、誤った形が定着してしまいます。その前にまずは自身の中で違和感なく握れる様に何度も繰り返し握りましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-5.グリップに慣れる
手順5コマ目の文章にもある様に、グリップに違和感を感じながら練習しない様、日頃からグリップはマスターしておきましょう。
3.【実践編】アドレスの基本を確認しよう。
ここまでのポイントを一通り確認していきましょう。
3-1.グリップを覚える
フェースの向きは真っ直ぐ(スクエア)にして、違和感なくグリップできる様にしましょう。
3-2.スタンスを確認する
使用クラブに対して明らかに間違ったスタンスを取らない様に注意し、まずはドライバーのスタンスをしっかり覚えましょう。
3-3.ボールポジションを確認する
ボール位置の基準がズレない様に注意して、迷わずボール位置が決められる様にしましょう。
3-4.適した前傾角度を取る
膝は最初から曲げないよう注意して、違和感なく構えられる様になりましょう。
3-5.体重配分に注意して構える
極端な膝の曲げ伸ばし状態にならない様に注意して、前後左右の体重配分を自分の感覚だけを頼りに決められる様になりましょう。
3-6.上半身の姿勢に注意
左耳は中央にくる様にして、右肘は適度に緩ませましょう。
3-7.両腕のバランスを確認する
右肘は突っ張らない様に注意して、左腕は肘を曲げずに伸ばしましょう。右肘は左肘に比べて、スイング中に曲がる事が多い事を覚えましょう。
3-8.つま先の向きを確認する
スタンスそのものがオープンにならない様に注意して、自身のスイングの特徴に合ったつま先の向きを覚えましょう。
3-9.アライメントをしっかり確認
クラブを肩のラインに沿わせて、目標方向に対して真っ直ぐ構えられる様にしましょう。
3-10.グリップに慣れる
グリップを握って離して、握って離してを繰り返して、違和感なくスイング出来る様になりましょう。
2ヶ月目