ローテーションスイングでカッコよくスイングしよう!
このカリキュラムは主にリストワークをおさえて、ボディーターンでスイングする為のプログラムとなっています。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月
ターゲット
シャローにスイングしたい方
ゴール
ボディーターンでシャローにクラブを下ろす
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
スイングの基本を確認しよう
この項では、スイング動作の基礎、基本を確認していきます。
ゴール
スイングの基本をマスター
やること
アドレス、グリップ、スイング動作の基本を確認
やらないこと
弾道考察全般(どう飛んだか、飛距離は出たかなどはNG)
目次
1.【基本編】アドレスの基本を身に付けよう
2.【基本編】クラブを上げる動作を確認
3.【基本編】フィニッシュまで振り抜こう
1.【基本編】アドレスの基本を身に付けよう
アドレスの基本的なポイントを確認していきます。
1-1.正面からのアドレスチェック
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.正面からのアドレスチェック
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-2.後方からのアドレスチェック
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合が崩れてしまうと、構えた際右肩が前方に出て、肩のラインが左方向を向きやすく、スイングそのものが安定しなくなってしまうので、特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.後方からのアドレスチェック
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-3.スクエアグリップでチェック
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
フェースの向きですが、(左)クローズ、(真ん中)スクエア、(右)オープンとなり、グリップする際は、特殊な状況下でない限り、スクエアな状態で握る様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.スクエアグリップでチェック
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-4.フックグリップをチェック
ゴール
違和感なくスムーズにスイング、ボールを打つ事が出来るようになるまで繰り返し握りましょう。
注意点
フェースの向きですが、(左)クローズ、(真ん中)スクエア、(右)オープンとなり、グリップする際は、特殊な状況下でない限り、スクエアな状態で握る様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.フックグリップをチェック
必ず左手から握り、手順2コマ目の左手でグリップを握る位置、手順6コマ目で正面からの形を確認しましょう。正面からグリップしている動画を取るとセルフチェックが容易です
1-5.擬似インパクトを作って構える
ゴール
《右手でフェースセット➡︎スタンス決定➡︎擬似インパクト➡︎アドレス》の流れを確立させましょう。
注意点
擬似インパクトの姿勢を取る際、フェース向きに注意しましょう。ここでズレがあると、スイングが良くても方向に乱れが生じてしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-5.擬似インパクトを作って構える
擬似インパクトの形が重要です。手順2〜3コマ目をよく確認しましょう。
2.【基本編】クラブを上げる動作を確認
クラブを上げていく動作の仕方を確認し、実際にトップの位置まで確認していきましょう。
2-1.バックスイング動作を確認
ゴール
体の姿勢が逆向きの「く」の字になる様にしましょう。
注意点
アドレス時から、左の腰が動いてしまうとスウェーしてしまいます。最初の動き始めが肝心ですので、しっかり右腰を引く動作を覚えましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.バックスイング動作を確認
イメージが湧かない、動きがよく掴めないという方は、手順6コマ目の画像をよく見ながら、自身の下半身の格好を見比べてみましょう。
2-2.右手を伸ばしてバックスイング
ゴール
トップは大きく上げず、左腕が伸びたトップを作りましょう。
注意点
手だけでテイクバックしてしまうと、この瞬間から左腕は縮み始めてしまいます。『クラブの上げ始め』は、特に注意が必要です。
\ このドリルをこなそう /
2-2.右手を伸ばしてバックスイング
手順1〜4コマ目をよく確認しながら、トップで左腕が伸びている状態を入念に確認しましょう。
2-3.トップの位置を確認
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
上半身を回転させる際、画像右の様に左肩が下に下がると、軸が乱れ、スイングの安定感を欠いてしまいます。画像左の様に左肩はしっかりと横移動を意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.トップの位置を確認
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
3.【基本編】フィニッシュまで振り抜こう
クラブを上げる動作を確認したら、今度はバランスを保ちつつフィニッシュまで振り抜いていきます。ここではあまり細かいことは行いません。
3-1.シャドウスイングでイメージを作る
ゴール
切り返しの際、左腰(黄色の点)から始動し、しっかり腰のターンを入れましょう。
注意点
テイクバックの際、画像右側の様に、右膝が外側に折れてしまわない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-1.シャドウスイングでイメージを作る
手順3コマ目の様に頭の位置を注意しながら、極端に右肩が下がらない様にして切り返しましょう。
3-2.素振りでスイングをイメージ
ゴール
連続素振りで、スムーズにスイングしましょう。
注意点
グリップを持つ位置が短過ぎたり、画像右側の様に手首の角度が早く解けてしまうと、脇にグリップが当たってしまう為、この素振りは行えません。しっかりとグリップが脇の下をくぐり抜けるようにスイングしましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-2.素振りでスイングをイメージ
タメを作りやすくするポイントとしては、手順4コマ目の様に、グリップエンドがボールを指す様におろしてくる事です。
3-3.フィニッシュのバランスを確認
ゴール
素振り、又は打球の際に、目標方向側に体重の乗った姿勢になる様に意識しましょう。
注意点
右足を目標方向へ踏み出す際、この画像青色線の様に右側へ体重が乗っていると、スムーズに踏み出せません。どうしても右足を踏み出す事が出来ない場合、別項目のダウンスイング、又はインパクトで体重を左へ乗せる為の練習ドリルを織り交ぜながら行うと、より効果が高まるでしょう。
\ このドリルをこなそう /
3-3.フィニッシュのバランスを確認
手順3〜4コマ目を確認し、足を目標方向へ踏み出せるくらいに体重をしっかり移動させましょう。
2ヶ月目