アイアンをマスターして華麗に飛ばそう!続・ゴルフ超入門
このプログラムは、『アイアン』でしっかり飛ばせるショットをマスター出来る様に、メニュー構成されています。「ゴルフ超入門」の続きとして行えます。
練習期間:週2回以上の練習を3ヶ月間
#アイアン
#セカンドショット
ターゲット
ゴルフを始めたばかりの初心者、アイアンが苦手な方
ゴール
初心者男性は7番アイアンで120y以上到達、苦手な方でもコースで使えるショットをマスター
使用するクラブ
7番アイアン、8番又は9番アイアン、Sw
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
アイアンに慣れよう
まずはアイアンを振りなれる為に、アドレスの基礎、ボディーターンというスイングの大枠を確認していきましょう。ここでは、まだボールの当たり方や飛距離などは気にせずに練習を行いましょう。ボールを打つ際は、余裕があったらマット上から打っても良いですが、まずはティーアップしたボールを打ち、動作に慣れる事を優先しましょう。
ゴール
ボディーターンスイングの習得
やること
アドレスからスイング全般の基本をチェック
やらないこと
打球練習時の弾道考察、飛距離計測
目次
1.【基本編】アドレスの基本を確認する
2.【基本編】フェースを意識して練習しよう
3.【基本編】ボディーターンでボールを打つ
4.【実践編】一連の動きを反復しよう
1.【基本編】アドレスの基本を確認する
全てのゴルフクラブにおいて、アドレスは超重要項目である事は間違いありません。アドレスの基本事項を確認して、日頃の練習で染み付いてしまっている誤った構え方などをここでしっかりチェックしていきましょう。
1-1.アドレスチェック《正面編》
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.アドレスチェック《正面編》
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-2.アドレスチェック《後方編》
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.アドレスチェック《後方編》
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-3.グリップに慣れておく
ゴール
違和感なくスムーズにスイング、ボールを打つ事が出来るようになるまで繰り返し握り直しましょう。
注意点
グリップに関しては、絶対にこの握り方だ、というものではないですが、まず基本のスクエアグリップを身に着けておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.グリップに慣れておく
手順5コマ目の文章にもある様に、グリップに違和感を感じながら練習しない様、日頃からグリップはマスターしておきましょう。
2.【基本編】フェースを意識して練習しよう
後々、結果が伴わなかった時に、力任せにスイングしない様、クラブ操作についての意識を高めます。特にフェース面を意識して練習します。
2-1.真っ直ぐ引くテイクバックを意識する
ゴール
シャフトと地面が平行になったところで、手元とクラブヘッドが重なるようにしましょう。
注意点
(左上)『アウトサイドテイクバック』=『外側に上がった状態』で(右下)『インサイドテイクバック』=『内側に上がった状態』です。この様な形にならない様、注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.真っ直ぐ引くテイクバックを意識する
ボールを打つと直ぐに癖が出るので、改善するまでは並行してドリルも繰り返しましょう。
2-2.テイクバックでのフェース面を意識する
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で、フェース面を『スクエア』にしましょう。
注意点
クラブを引いていく際には、周囲に気を付けながらスピードはつけずにゆっくり慎重に上げるようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.テイクバックでのフェース面を意識する
手順4コマ目のフェースの向きをしっかり確認しましょう。
2-3.トップでのフェース面に注意する
ゴール
胸の正面に手元を移動させ、フェースがスクエアになっている状態を作りましょう。
注意点
グリップが極端にずれていないかチェックしてみましょう。①フックグリップ=閉じやすい=左に飛びやすい②ウィークグリップ=開きやすい=右に飛びやすい③スクエア=真っ直ぐ(適正)=真っ直ぐ飛びやすい
\ このドリルをこなそう /
2-3.トップでのフェース面に注意する
正しくグリップした上で、手順3〜4コマ目の手順でしっかりフェース面を確認し、自身の特徴を掴んでおきましょう。
3.【基本編】ボディーターンでボールを打つ
スイング動作を行う上で、ボディーターンは欠かせない要素です。まずは土台作りの意味合いを込めて、初歩的な練習でボディーターンをマスターします。ボールを撃つ際、マット上からうまく打てない場合は、10球に1〜5回は、ティーアップされたボールを打つと良いでしょう。
3-1.ダウンスイングでの腕と体の同調性を高める
ゴール
タオルを挟まずにスイングしても、インパクトからフォローにかけて両わきがしまる様にしましょう。
注意点
この様に、脇が空いてしまうと、タオルは落ちてしまいますので、しっかり脇を締めて、タオルが落ちない様に意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-1.ダウンスイングでの腕と体の同調性を高める
手順4〜5コマ目のボールを打つ際の注意点とボールを打った後の注意点をそれぞれ確認し、ドリルの効果を実感しましょう。
3-2.ダウンスイングでの体の動作練習
ゴール
トップ以降の動作で、下半身が先行する感覚を掴みましょう。
注意点
白線矢印方向に左肩は下がり、左腰は真横にスライドしてしまうと、軸が傾き、正しい動作ができなくなります。鏡などを見ながら確実におさえましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-2.ダウンスイングでの体の動作練習
手順3〜4コマ目を確認し、ダウンスイングスイングに入る際の、肩と腰の捻転差を意識しましょう。『胸は右を向いたまま』がポイントです。
3-3.フォローにかけてしっかりフェースを返す
ゴール
フォローで両腕が伸び、右手が左手の上に来るようにターンさせましょう。
注意点
フェース(アーム)を返す事ばかりに意識がいき、画像右の様に体重が左足に乗らず、屁っ放り腰の様な形にならない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-3.フォローにかけてしっかりフェースを返す
特殊なグリップですので、手順4〜5コマ目を確認して、コンパクトなスイングをしましょう。
4.【実践編】一連の動きを反復しよう
アドレスの基本、バックスイングでの体の使い方、クラブ操作について、一連の動きで反復して練習します。
4-1.アドレスの基本をしっかりチェックする
スタンス、ボールポジションについて、しっかりと基本を理解して、グリップにもしっかり慣れましょう。
4-2.クラブの上げ方を気を付ける
真っ直ぐ、スクエアなフェースになる様、意識して練習します。
4-3.ボディーターンの意識
スイングの大まかな動きを理解する上で、ボディーターンをしっかり理解して練習しましょう。
4-4.正しいフェースのターンを理解する
ただ闇雲にスイングするのではなく、フェースターンの動きをしっかり意識してスイングしましょう。
2ヶ月目
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます