󰁍
󰃃
󰮓
捻転差を覚えるプログラム
スイング中、上半身と下半身の捻れがうまく作れないと、効率良くヘッドスピードが出せません。このプログラムで、上半身と下半身、肩と腰の「捻転差」を身に付けていきます。
練習期間:
隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#捻転差
#捻れ
#上体の捻り
#バックスイング
#ダウンスイング
#シャドウスイング
#体重移動
󰀏
ターゲット
体かうまく使えていない人、飛距離アップしたい人
󰙴
ゴール
捻転差を効かせたスイングの習得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
メニュー1
上半身と下半身の捻転差を作ろう
クラブが一番高く上がったトップオブスイングで上半身の胸が、目標反対方向を向いているのに対し、おへそも同じ様になっていては捻転差が生まれません。しっかり下半身と捻れる感覚を身に付けていきましょう。
ゴール
捻転差の習得
やること
上半身と下半身(肩と腰)の捻転動作を入れたスイング練習
やらないこと
スイングしながらのフォーム矯正、打球結果で良し悪しを判断すること
目次
バックスイングでの捻転
ダウンスイングでの捻転
バックスイングでの捻転
上半身を捻って、クラブを振り上げる動作を確認していきましょう。
1-1.肩の動きを確認
ゴール
トップの形を作った時、アドレス時の左腰位置に引いた垂線と背中でVの字を作りましょう。
注意点
左肩が下に下がると、スウェーしやすい動きとなってしまうので、注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.肩の動きを確認
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
1-2.トップまでの動作チェック
ゴール
左肩が右足内側上に来る様なトップを作りましょう。
注意点
クラブシャフトが斜めになる、あるいは左腰が目標反対方向に大きく流れると、この様に肩が回らず正しい捻転が行われません。
\ このドリルをこなそう /
1-2.トップまでの動作チェック
手順6コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
1-3.下半身との捻れを意識
ゴール
トップ時とアドレス時とを比べて、左膝の位置があまり変わらない様にしましょう。
注意点
画像右側の様に、左肩が青色矢印方向に下がり、白色矢印方向に下半身が流れると、簡単にスウェーしてしまいます。画像左側の様に、左肩は目標反対方向に、左腰から膝にかけてはしっかり踏ん張り、上と下で突っ張り合う様なイメージでバックスイングを取りましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.下半身との捻れを意識
手順2〜3コマ目でドリルのポイントをしっかり確認しましょう。
1-4.全体の動きをシャドウスイングで行う
ゴール
トップ以降の動作で、下半身が先行する感覚を掴みましょう。
注意点
白線矢印方向に左肩は下がり、左腰は真横にスライドしてしまうと、軸が傾き、正しい動作ができなくなります。鏡などを見ながら確実におさえましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.全体の動きをシャドウスイングで行う
手順3〜4コマ目を確認し、ダウンスイングスイングに入る際の、肩と腰の捻転差を意識しましょう。『胸は右を向いたまま』がポイントです。
1-5.捻転を意識しながらバックスイング
ゴール
コンパクトなスイングでも力強い当たりが出るまで練習しましょう。
注意点
深い捻転を感じられるように、左サイドに体重が乗ったままトップが作れるようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.捻転を意識しながらバックスイング
左足体重&ハンドファーストに構え、手順2〜3コマ目をよく確認しながら、コンパクトにスイングする事を心がけましょう。
ダウンスイングでの捻転
トップからダウンスイングに入る際に意識するのは下半身です。その時、腰が先に回転し始め上半身は後からついてくる感覚を養いましょう。
2-1.腰から先に動かす
ゴール
『左腰が動けばグリップエンドも引っ張られる』といった感覚を体感しましょう。
注意点
腰を回すといっても、画像右側の様に、目標反対方向に引けてしまうと、体重が右足に残ってしまうので、バランスを崩しやすくなってしまいます。画像左の様に、しっかりと左足の上に左腰がくる様に体重を乗せていきましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.腰から先に動かす
手順2〜3コマ目でドリルのポイントをしっかり確認しましょう。しっかり止めた所から打つ事、その振り幅に十分注意しましょう。
2-2.胸は右を向ける
ゴール
ダウンで、体重が左に乗り、胸は右を向いたまま体の正面でボールを打つイメージを持ちましょう。
注意点
画像右側の様に、胸が目標方向側に向いてしまう事で《アウトサイドイン軌道》を誘発してしまいますので、胸の向きに注意して練習しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.胸は右を向ける
左足を踏み込んだ際、手順4コマ目の様な上体(胸)は右を向いている様な姿勢を意識しましょう。
2-3.終始捻転差を意識する
ゴール
インパクトの体勢で、しっかり腰と肩の捻転差を意識しましょう。
注意点
フォロースルーの体勢ギリギリまで、頭を残す様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.終始捻転差を意識する
手順6コマ目が特に重要な捻転差のイメージですので、しっかり確認して行いましょう。
2-4.体重移動を活用
ゴール
左足荷重のインパクト、左足上よりも右肩が前方へ突き出るフィニッシュを作りましょう。
注意点
体重を移動させる際に、画像右側の様に胸の前の空間が潰れてしまうと、単に体重だけが移動して、腕やクラブがついて来ず、振り遅れの原因となってしまうので、しっかりと胸の前の空間を維持したまま体の正面に手を置いておきましょう。難しい場合は、ゴムボールなどを挟んで練習するのも良いでしょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.体重移動を活用
手順2〜3コマ目において、頭(上体)が突っ込んでしまい、クラブがアウトサイドから下りてしまうと、カット打ちを誘発してしまうので、特に注意しましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!