󰒗
アウトサイドインを改善するプログラム
ダウンスイングではボールを真っ直ぐ飛ばす為に「スイングプレーン」でクラブヘッドの軌道を評価します。このプログラムでは、アウトサイドイン軌道になっている人がオンプレーンに改善できる様なメニューを組んでいます。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#ダウンスイング
#スライス
#アウトサイドイン
#スイングプレーン
#オンプレーン
󰀏
ターゲット
アウトサイドイン軌道でスイングしている人、スライスを打つ人
󰙴
ゴール
オンプレーンスイングの習得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
アドレスの確認
矯正メニュー
アドレスのクイックチェック
スイングの前に基本のアドレスチェックを行いましょう。正面からのチェックと、後方からのチェックで確認しましょう。
ゴール
アドレスの基本を覚える
やること
アドレス全般のチェック
やらないこと
フルスイング、飛距離考察、弾道チェック
目次
スムーズにアドレスを作ろう
アウトサイドインに直結する要素の確認
スムーズにアドレスを作ろう
アドレスをスムーズに作れる様にしましょう。
1-1.正面からのアドレスチェック
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.正面からのアドレスチェック
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-2.後方からのアドレスチェック
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.後方からのアドレスチェック
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-3.ルーティンを確立する
ゴール
《目標設定、セットアップ、アドレス完成の流れ》が、13〜15秒程度でスムーズに構えられる様にしましょう。
注意点
黄色斜線部に左足が完全に入って構えてしまうと、目線の位置関係から右を向きやすく自然と右を向いてしまうので注意して構えましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.ルーティンを確立する
手順1コマ目で、目標設定の仕方を確認し、手順3コマ目で、セットアップ時における、目標方向側の適正な足場の位置を確認しましょう。
アウトサイドインに直結する要素の確認
アドレスの中でも、アウトサイドイン軌道でスイングしやすい構えとなってしまう部分を確認・修正していきましょう。
2-1.右肘は突っ張らない
ゴール
右肘は曲がるシーンが多い事、左肘は伸びるシーンが多い事をしっかり理解しましょう。
注意点
右肘は突っ張らない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.右肘は突っ張らない
未経験・初心者にとっては、基本を確認する上でちょうど良いドリルです。まずは鏡を見ながら手順2コマ目の姿勢を確認しましょう。
2-2.アドレスとインパクト姿勢の違いを確認
ゴール
アドレスとインパクトの姿勢の違いを理解しましょう。
注意点
上半身が先行すると、姿勢が崩れてクラブもコントロールしづらくなりショットが安定しません。注意して姿勢を作りましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.アドレスとインパクト姿勢の違いを確認
手順4コマ目を見ながら、アドレスとインパクトの姿勢の違いをよく確認しましょう。
2-3.グリップチェック
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
左:クローズ、真ん中:スクエア、右:オープンとなり、特殊な状況下でない限りスクエアを基本にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.グリップチェック
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
矯正メニュー
󰁔