正しいテイクバックが身に付くプログラム!
スイングの初期動作、アドレスの次段階でとても大切な『テイクバック』は、一つ動作がズレてしまうとその後の動作に影響が出てしまい、一度癖付くと修正するのに時間を要してしまいます。このプログラムでは、正しいテイクバック動作を身に付けていきます。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#テイクバック
#スライス
#フック
#方向性アップ
ターゲット
手元の浮いたテイクバック動作を行っている人、スライスやフックする人
ゴール
真っすぐ安定したテイクバック動作の習得
使用するクラブ
何番でも可能
基本動作
応用編
真っ直ぐテイクバックを覚えよう
クラブを真っすぐ引く為に重要な基本練習を行い、テイクバックを完全マスターしていきましょう。
ゴール
真っすぐテイクバックを引けるようになる
やること
テイクバック強化練習
やらないこと
テイクバック動作に慣れる前にフルスイングをすること
目次
テイクバックの基本を完全習得
テイクバックの基本を完全習得
今現在の自身のテイクバックは真っすぐ引けていますか。スイング初期の動作であるテイクバックの基本をしっかりマスターしておきましょう。
1-1.真っすぐ引く練習
ゴール
シャフトと地面が平行になったところで、手元とクラブヘッドが重なるようにしましょう。
注意点
設置したアライメントスティック、又はクラブよりも奥側に上がってしまった場合(左上)は、『アウトサイドテイクバック』となり、所謂『外側に上がった状態』です。対照的に、手前側に上がってしまった場合(右下)は、『インサイドテイクバック』となり『内側に上がった状態』です。後の動きに影響が出てくるので、『真っ直ぐ引く』ことが基本となります。
\ このドリルをこなそう /
1-1.真っすぐ引く練習
ボールを打つと直ぐに癖が出るので、改善するまでは並行してドリルも繰り返しましょう。
1-2.フェースも真っすぐに
ゴール
シャフトと地面が平行になった所で、フェース面を『スクエア』にしましょう。
注意点
クラブを引いていく際に、スピードをつけすぎると、フェースをコントロール出来ません。ゆっくり慎重に上げるようにしましょう。後方へボールが転がるので、周囲に気を付けながら行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.フェースも真っすぐに
手順4コマ目のフェースの向きをしっかり確認しましょう。
1-3.コックを使う
ゴール
ハンドファーストにインパクトできると飛距離アップしたり、ボールの勢いが明らかに変わってきます。
注意点
コックを取る際、クラブを引く方向がインサイドに引きやすいので、注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.コックを使う
手順2〜3コマ目を確認して、コックを取る位置を確認した上でコンパクトなトップを意識しましょう。
1-4.左脇を締めて引く
ゴール
スイング中、ヘッドカバーを落とさずにボールを打ちましょう。
注意点
画像左下の様に、テイクバックで手元が浮いてしまうと、左脇が空きやすくヘッドカバーが落下してしまいます。常に左脇のヘッドカバーを挟む意識を持って練習しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.左脇を締めて引く
大振りになると、スイングを崩すきっかけになりますので、手順4コマ目の様にコンパクトスイングを心がけましょう。
1-5.胸の前のスペースを崩さない
ゴール
右肩付近に手元が上がったトップを作りましょう。
注意点
バックスイングを取った際、飛球線後方から見た時に、この画像左の様な位置に手があると、大体のケースで画像右側の様にクラブシャフトがクロスしてしまいます。こうなると、よっぽどの熟練者や上級者でない限り、クラブ操作が困難になり、上手くボールに当たらなくなるので、特に画像左のポジションに手元が上がっていないか注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.胸の前のスペースを崩さない
正しいポジションがわからない場合は、手順2コマ目の主観画像で、目の前に腕とクラブで出来た三角形が出来ているかどうか確認しましょう。
応用編
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます