シャンクを改善するピンポイントプログラム!
せっかくコースや練習場にきているのに、いざボールを打ったらシャンク。しかも数回連続。。。結局その日はワケも分からず治らず帰宅した(泣)という人も多いのではないでしょうか。このプログラムでは、スイングの基本を確認し、シャンクの原因となる部分を改善していけるようにプログラムされています。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#シャンク
#アプローチシャンク
ターゲット
シャンクに困っている人
ゴール
シャンクしないスイングの習得
使用するクラブ
ショートアイアン、ウェッジ
シャンク撲滅PG
メニュー2
通常スイング編
練習場で今すぐできる、シャンクを改善、防止するメニューをこなしてみましょう。
ゴール
シャンクを回避する自己修正能力の習得
やること
シャンクを改善、予防を目的とした練習メニュー
やらないこと
フルスイング、過度なスイング矯正
目次
シャンクを完全シャットアウトしよう
前傾角度をキープしよう
シャンクを完全シャットアウトしよう
シャンクを未然に防ぐ、或いは出てしまった場合に修正できる様に練習メニューをこなしていきましょう。
1-1.右サイドが邪魔な場合の修正法
ゴール
右足を広げた状態で練習後、通常の構えからスイングしても安定して打てる様にしましょう。
注意点
右足つま先を広げる量が少ないと、効果が得られない場合があります。症状に合わせて、大げさに広げて打ってみるといいでしょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.右サイドが邪魔な場合の修正法
手順5〜7コマ目で、ドリルのポイントをおさえましょう。
1-2.軌道修正して直す
ゴール
真ん中のボールのみをクリーンに打てる様になりましょう。
注意点
ボールを置いても、いつも通りフルスイングをしてしまうと、動きの改善には繋がりません。まずは冷静になり、クラブヘッドがどこをどう通ればいいのかを目視して確認しましょう。その上でももしシャンクが出る場合、インサイド側とアウトサイド側、どちらのボールにクラブが先に当たっているのか気にしながらスイングしてみましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.軌道修正して直す
手順2コマ目で、ボールの置き方を確認し、手順5コマ目で、ドリルを実施する上でのポイントを確認しましょう。
1-3.アドレスの上半身チェックで防ぐ
ゴール
ドライバーの場合、左耳の位置が身体の中心、右肘が少し緩んでいる形を取れる様になりましょう。
注意点
アウトサイドイン軌道で振り抜きやすい構えになってしまうので、頭の位置、姿勢に十分注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.アドレスの上半身チェックで防ぐ
手順1コマ目の姿勢を徹底的に頭に入れ、鏡の前で同じ姿勢を確認してからスイングしましょう。
1-4.アドレスで修正「後方編」
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.アドレスで修正「後方編」
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-5.アドレスで修正「正面編」
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.アドレスで修正「正面編」
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
前傾角度をキープしよう
しっかりとキープされた前傾角度では、腕やクラブの通り道がしっかり作られています。姿勢確認、その後ボールを打って確認してみましょう。
2-1.前傾姿勢の基本動作
ゴール
インパクトでは右脇が締まり、右肘は適度に曲がっている姿勢を目標にしましょう。
注意点
インパクトの姿勢を作った際、基点から左腰付近が離れてしまう場合は、自身の左の腰を真後ろに引き、壁や支持部に押し付けてみましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.前傾姿勢の基本動作
手順1〜2コマ目を確認し、バックスイング動作、インパクト動作で支持部から腰、又は臀部が離れない様に注意しましょう。
2-2.椅子を飛ばして前傾キープ
ゴール
インパクトの瞬間、『ポーン』とイスを跳ねましょう。
注意点
画像左の様に、インパクトの姿勢を作ってもイスに膝裏が触れない、或いはイスが勢い良く跳ねない場合は、腰が前に出ている可能性があります。とにかく左膝の裏をイスにおもいきりぶつける様に意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.椅子を飛ばして前傾キープ
手順5コマ目の下半身の使い方をよく確認しましょう。(周辺に人や物などがない状況で行いましょう)
2-3.意識を下へ向けて前傾キープ
ゴール
3球連続打球して、意識を下に向けたスイングを繰り返しましょう。
注意点
リズムが良くなるとは言え、3球打つ事に必死になり過ぎて全体のリズムが速くなってしまうと、画像右の様に前傾角度が崩れ、上手くボールに当たらなくなるので、ゆっくりとしたテンポで3球連続して打てる様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.意識を下へ向けて前傾キープ
手順7コマ目にある様に、打球時の打感に拘らず、スムーズにバランス、リズムよく振り抜く事に意識をおきましょう。決して綺麗にボールを打つ必要はありません。
2-4.ベタ足意識で前傾キープ
ゴール
インパクトの瞬間に右足裏面が地面から離れない様にしましょう。
注意点
体重が左に乗れていないとしっかり振り抜いていけないため、画像左の様な姿勢でしっかりと体重を左サイドにかける様に意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.ベタ足意識で前傾キープ
手順2コマ目と4コマ目を確認し、コンパクトなスイングを心掛けましょう。
メニュー2
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます