󰁍
󰃃
󰮓
上半身の突っ込みを抑えるためのプログラム
トップオブスイングから、ダウンスイングにかけて、頭や上半身の姿勢はある程度保つ必要があります。ここでブレてしまうと、上手くミート出来なかったり、しっかり打てても軸のブレによってあらぬ方向へ曲がってしまう事があります。このプログラムでしっかりと頭を残し、上半身の姿勢をキープできる様にしていきましょう。
練習期間:
隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#ダウンスイング
#トップオブスイング
#ビハインドザボール
󰀏
ターゲット
飛距離アップしたい人、スイングやフォームを綺麗にしたい人
󰙴
ゴール
ビハインドザボールの完全マスター
󰠣
使用するクラブ
ドライバー
メニュー1
トップオブスイングからダウンスイング動作の基本
トップからダウンスイングに入る一瞬に、頭が突っ込んだり、上半身が動いてしまうと、そのわずかな動きでインパクトが崩れてしまい、ショットの精度が落ちてしまいます。この部分の正しい動作をしっかり確認しておきましょう。
ゴール
正しい上半身の形の理解
やること
トップからダウンスイング動作の確認
やらないこと
フルスイング、飛距離を出そうとスイングを大きくする事
目次
ビハインドザボールを実現する為の動作確認
ビハインドザボールを実現する為の動作確認
トップからスイング軸を保つために大切な動きを確認していきましょう。
1-1.目線で意識する
ゴール
アドレスとインパクトで頭の位置が変わらない様にしましょう。
注意点
頭(上体)が目標方向に突っ込むと、ボールを真上から見る形となります。このドリルではとにかく目線を意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.目線で意識する
手順2〜4コマ目を確認しながら、素振り中心て行いましょう。
1-2.顔を背けて頭を残す
ゴール
上体の突っ込みが収まり、頭がしっかり残る様に意識して練習しましょう。
注意点
あくまでも下半身は目標方向側へ体重が移動する事をしっかり確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.顔を背けて頭を残す
手順4コマ目の様にフォロースルーからフィニッシュでバランス良く顔を残せる様に意識して行いましょう。逆に顔を傾げる意識ばかりに気が行くと、フィニッシュが取れなくなり、スイング全体が萎縮してしまいますので注意しましょう。
1-3.胸を右に向けて意識
ゴール
ダウンで、体重が左に乗り、胸は右を向いたまま体の正面でボールを打つイメージを持ちましょう。
注意点
画像右側の様に、胸が目標方向側に向いてしまう事で《アウトサイドイン軌道》を誘発してしまいますので、胸の向きに注意して練習しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.胸を右に向けて意識
左足を踏み込んだ際、手順4コマ目の様な上体(胸)は右を向いている様な姿勢を意識しましょう。
1-4.振り幅を抑えて意識を強める
ゴール
アドレス、インパクト、フォロースルーの頭の位置が変わらない様にしましょう。
注意点
このドリルではトップはコンパクトに作る様にしましょう。画像右の様に大振りしてしまうと、スイングの規模が大きくなりスピードを制御できなくなってしまうので注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.振り幅を抑えて意識を強める
何気なく振ってしまいがちですが、手順4コマ目にある様に、フォロースルーでもしっかりボールを見たままにしましょう。
1-5.肩と腰の捻転差を作って意識
ゴール
インパクトの体勢で、しっかり腰と肩の捻転差を意識しましょう。
注意点
フォロースルーの体勢ギリギリまで、頭を残す様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.肩と腰の捻転差を作って意識
手順6コマ目が特に重要な捻転差のイメージですので、しっかり確認して行いましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!