󰁍
󰮓
飛距離を伸ばすために効果のあるメニュー
飛距離アップに必要な要素を確認しましょう。このプログラムでは、ボールを飛ばす為に必要なものだけを取り入れていきます。
練習期間:
隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#飛距離アップ
#ダウンスイング
#タメ
󰀏
ターゲット
とにかく飛距離を伸ばしたい人
󰙴
ゴール
実感が持てる強いボール、飛距離アップの体得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー
飛距離アップ①
飛距離アップ②
ヘッドスピードを高めよう
飛距離を出す為には、ヘッドスピードを高めていく必要があります。素振りメニューを中心に素早いスイングを体得しましょう。
ゴール
しっかり振り切ったフィニッシュが取れる
やること
素振り、深いフィニッシュが取れる様な練習
やらないこと
細かなスイング矯正
目次
スイングスピードを高める
素振りを踏まえて振り切る
スイングスピードを高める
素振りメニュー最大の目的は「ヘッドスピードを高める」ことです。いくつかのメニューで自身の最大スイングスピードを高めましょう。
1-1.バランスも強化
ゴール
バランスを崩さずにアームローテーションをしっかり行いましょう。
注意点
足の裏がめくれると、軸が不安定になってスイングバランスが乱れるので注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.バランスも強化
体がブレている事に気付かずそのまま練習してしまうと、軸のブレたスイングになってしまうので、手順7コマ目を確認しながらしっかりと足場を固めて行いましょう。
1-2.タメを強化
ゴール
しっかりタメが作られる様に繰り返し連続素振りをしましょう。
注意点
シャフトを肩にぶつけてスイングするのがどうしても難しい場合は、グリップを緩めて、しっかり肩にシャフトを当ててからダウンスイングに入りましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.タメを強化
手順3〜5コマ目で、素振りのポイントを確認し、とにかく『音』に意識を持ちましょう。
1-3.リズムを作る
ゴール
10回スイングして、10回とも力強くティーを打つ様にしましょう。
注意点
画像左側の様に上体が突っ込んだり、画像右側の様にフィニッシュで右足に体重が残らない様に素振りでしっかり確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.リズムを作る
手順4コマ目のフィニッシュの姿勢をしっかり確認しましょう。
1-4.体をしっかり使う
ゴール
自分の体の中心よりも目標方向(左)側でビューッと空を切る音を鳴らしましょう。
注意点
しっかりと体重も目標方向(左)側に乗れていないと、ただ腕の力に頼ったスイングになってしまいます。しっかり下半身先行を理解しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.体をしっかり使う
手順4〜5コマ目で、スイング時の注意点を確認しましょう。
1-5.逆さ持ちで振り切る
ゴール
身体の中心よりも左サイドでビュツと強い音がなるようにしましょう。
注意点
クラブを逆さに持つと、ついつい手先で上げがちになるのでしっかりと肩を回しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.逆さ持ちで振り切る
クラブを逆さまに持つ際、手順1コマ目をしっかりと確認し、手順5コマ目の様にしっかりフィニッシュまで振り抜いてください。
素振りを踏まえて振り切る
深く大きなフィニッシュを取りましょう。
2-1.深いフィニッシュを作る
ゴール
ダウンで左サイドに体重を乗せ、バランスの取れたフィニッシュを作りましょう。(画像右上下は悪い例)
注意点
振り終えた後で、しっかり左足(左打ちの場合、右足)に体重を乗せるように意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.深いフィニッシュを作る
静止時の姿勢をとる為に、手順4〜5コマ目をよく確認しましょう。
飛距離アップ②
󰁔
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!