󰒗
オーバースイング改善プログラム
クラブを振り上げ過ぎてオーバースイングになっていませんか。このプログラムで、オーバースイングを改善するためのトップオブスイングに関する矯正メニューをこなしていきます。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#トップオブスイング
#オーバースイング
#スエー
#リバースピボット
#軸
#スイング軸
#方向性アップ
#シャフトクロス
󰀎
ターゲット
オーバースイングに悩む人
󰙴
ゴール
オーバースイングの克服
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
矯正メニュー
オーバースイングを克服しましょう
トップでクラブが振り上がり過ぎてしまう「オーバースイング」を、根本から修正していきましょう。
ゴール
オーバースイングの改善
やること
アドレス、トップオブスイングの基本姿勢確認、矯正メニュー
やらないこと
飛ばそうとしてフルスイングすること
目次
アドレス、トップの基本姿勢を確認しよう
オーバースイング矯正メニュー
アドレス、トップの基本姿勢を確認しよう
正しいアドレス、トップの位置や姿勢を確認していきましょう。
1-1.後方から見たアドレスの基本
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.後方から見たアドレスの基本
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-2.正面から見たアドレスの基本
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.正面から見たアドレスの基本
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-3. トップの作り方を確認
ゴール
左肩が右足内側上に来る様なトップを作りましょう。
注意点
クラブシャフトが斜めになる、あるいは左腰が目標反対方向に大きく流れると、この様に肩が回らず正しい捻転が行われません。
\ このドリルをこなそう /
1-3. トップの作り方を確認
手順6コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
1-4.正しいトップの位置を確認
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
左肩が下に下がると、軸が乱れてスイングの安定感を欠いてしまいますので、この動きには注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.正しいトップの位置を確認
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
オーバースイング矯正メニュー
オーバースイングを改善するための矯正メニューをこなしていきましょう。
2-1.下半身を安定させる
ゴール
トップで左脇腹に適度な張りを感じ、左膝の位置は極力変えない様にしましょう。
注意点
左肩が下に下がると、スウェーやリバースピボットなどが誘発され、結果オーバースイングの引き金になってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
2-1.下半身を安定させる
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
2-2.トップで止まってスイング
ゴール
トップから反動を付けずにゆったり振り下ろして、フィニッシュまでバランス良く振り抜きましょう。
注意点
『振りづらい』と感じれば感じる人ほど、オーバースイングが根付いていると言えます。ダウンスイングに入る際、反動をつけがちなので気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.トップで止まってスイング
手順1コマ目で、おおよそのトップの高さを確認し、しっかり止まった状態からスイングしましょう。
2-3.トップの力みを無くす
ゴール
トップでオーバースイングにならず、力まない様にしましょう。
注意点
このドリルでは右手のセット位置が顔の高さ(黄色線)よりも上に来ない様に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-3.トップの力みを無くす
右手(左打の場合、左手)の位置を手順1コマ目と4コマ目を見ながら、鏡や動画撮影で確認を繰り返しましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます