ドライバーの飛距離と方向性を高める練習プログラム
このプログラムで、ドライバーでの飛距離と方向性を高める練習をしていきましょう。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#ドライバー
#コントロールショット
#飛距離アップ
ターゲット
ドライバーの安定して真っ直ぐ飛ばしたい人
ゴール
ドライバーのフェアウェイキープ率の向上
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
飛距離アップメニュー
方向性アップメニュー
飛ばすための絶対条件をおさえよう
飛距離を出すために、必要な練習メニューをこなしていきましょう。
ゴール
ヘッドスピードを今より向上させましょう
やること
素振りを中心としたタメ強化メニュー
やらないこと
ボールを打ちながら飛距離を出そうとスイングすること
目次
飛距離を出すために必要な練習メニュー
飛距離を出すために必要な練習メニュー
素振りを中心とした、飛距離アップメニューをこなしていきましょう。
1-1.ドライバーと他のクラブの確認
ゴール
ドライバーとアイアンの、アドレスとスイングプレーンの違いを確認しましょう。
注意点
画像の様に、グリップエンドがボールを指さない場合、その根本の原因はアドレスなのか、はたまたトップオブスイングなのか、人によって様々です。どこに原因があるのかしっかり確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.ドライバーと他のクラブの確認
アイアンとドライバーの違いについて、手順2コマ目でアドレスのボールとの距離、4コマ目でスイング軌道の違いを確認しましょう。
1-2.タメを意識した素振り
ゴール
連続素振りで、スムーズにスイングしましょう。
注意点
グリップを持つ位置が短過ぎたり、画像右側の様に手首の角度が早く解けてしまうと、脇にグリップが当たってしまう為、この素振りは行えません。しっかりとグリップが脇の下をくぐり抜けるようにスイングしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.タメを意識した素振り
タメを作りやすくするポイントとしては、手順4コマ目の様に、グリップエンドがボールを指す様におろしてくる事です。
1-3.素振り
ゴール
バランスを崩さずにアームローテーションをしっかり行いましょう。
注意点
足の裏がめくれてしまったり、上半身が左右に大きく動くと、軸もばらつき、スイングに支障をきたすので、「足裏はめくれない様に」「頭の位置を大きく動かさない様に」注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.素振り
体がブレている事に気付かずそのまま練習してしまうと、軸のブレたスイングになってしまうので、手順7コマ目を確認しながらしっかりと足場を固めて行いましょう。
1-4.タメを意識した動作を確認
ゴール
ハンドファーストの形がキープできる速さで行いましょう。
注意点
画像右の様に、右の脇が空いてしまうと、効率良くヘッドスピードが出ません。トップ→ダウンの動作確認の際、画像左の様にしっかりと右脇を締められているか確認しながら行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.タメを意識した動作を確認
スイング自体はコンパクトなスイングを心掛け、手順4コマ目でその動作を確認し、と7コマ目の誤った姿勢だけは絶対に取らない様に特に注意しましょう。
1-5.しっかりと振り切る
ゴール
ダウンで左サイドに体重を乗せ、バランスの取れたフィニッシュを作りましょう。(画像右上下は悪い例)
注意点
振り終えた後で、画像右側の様に右足つま先にも体重がかかってしまっていると、正しいフィニッシュが取れません。実際にこの様なフィニッシュになってしまう場合、その前段階に原因があります。まずはしっかり左足(左打ちの場合、右足)に体重を乗せるように意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.しっかりと振り切る
静止時の姿勢をとる為に、手順4〜5コマ目をよく確認しましょう。
方向性アップメニュー
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます