アプローチとショットを強化させるためのプログラム
アプローチと同時に通常のショットにも共通する効果的なメニューを行っていきましょう。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#スイングの基礎
#基本
#アプローチ
#コントロールショット
ターゲット
ショットもアプローチも満遍なく強化したい人
ゴール
基本スイングの習得
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
強化メニュー
アプローチにもショットにも共通する練習メニュー
ゴルフスイングは、大きくても小さくてもその動きに大きな差はありません。スタンスが狭まりボールとの距離が近くなり、それに従いスイングの規模も小さくなるだけです。
ゴール
アプローチでもフルショットでもスイングを安定させましょう
やること
軸のブレない動き、ミート率を高める練習
やらないこと
フルスイングで飛距離を出そうとする練習
目次
全スイング共通メニュー
全スイング共通メニュー
スイングの大小に関わらず、共通して成果の出やすい練習メニューを実践していきましょう。
1-1.アプローチの基本確認
ゴール
胸の前の三角形が崩れないインパクトと、距離感を掴みましょう。
注意点
インパクト前に、顔や上体が目標方向へ向かってしまうと、トップやダフリなどのミスに繋がってしまうので、インパクトを終えるまでは、ボールから目を離さないように特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.アプローチの基本確認
手順2コマ目で振り幅を確認し、4コマ目でスイング中のポイントを確認しましょう。ボールに上手く当たらなくても良いので、胸の前の三角形を維持する事を優先しましょう。
1-2.コックを入れて飛距離を伸ばす
ゴール
バックスイングもフォローも「L字」が作られるようにしましょう。
注意点
バックスイングとフォローで、おおよその手の形や位置が左右対称となるようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.コックを入れて飛距離を伸ばす
2コマ目のように、手の位置に対してクラブヘッドが上がっている感覚=コックの形を意識してテイクバックしましょう。
1-3.スウェーに注意する
ゴール
トップの形を作った時、アドレス時の左腰位置に引いた垂線と背中でVの字を作りましょう。
注意点
壁から左腰が離れてしまう方は、今一度バックスイングでの肩の動かし方を確認してみましょう。左肩が下に下がったりしていると、実はスウェーしやすい動きとなってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-3.スウェーに注意する
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
1-4.ハンドファーストを意識
ゴール
インパクト直後に静止して、右手首の角度が崩れていない様にしましょう。
注意点
左へ引っ掛ける、トップする、ダフるなど、様々なミスを誘発するので、正しいフォロースルーの形をよく確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.ハンドファーストを意識
手順1コマ目でしっかりこのドリルの構え方を確認し、6〜7コマ目のこのドリルポイントを入念にチェックしましょう。
1-5.左に乗せてミート率を高める
ゴール
インパクトの姿勢が構えた時と同じ姿勢になる様にしましょう。
注意点
構えた時点で、しっかり体重が左に乗っているか必ずチェックしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.左に乗せてミート率を高める
左足体重&ハンドファーストに構え、手順2〜3コマ目をよく確認しながら、コンパクトにスイングする事を心がけましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます